日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坂口安吾特集

文豪の意外な素顔に触れる本


(朝日新聞出版 1800円+税) 「桜の森の満開の下」などの小説や、「堕落論」などのエッセーで知られる坂口安吾の作品群を、新たな切り口で読み直す論考。 安吾の全作品に通底する概念は「ファルス」であり、彼は一度たりともそこを離れたことがないファルス作家であると定義。ファルスとは、笑劇や道化などと訳されるが、安吾にとっては「戯作」こそがファルスと同義だったという。安吾は当初、「ファルス」と「ファルス…

None

【特別再録】 記憶の中のカヤカベ教


かつて〈転〉を拒絶して各地を転々とした男のことを坂口安吾が書いていたことなども思い出さずにはいられません。 しかしこの〈胸替〉という言葉が特に深くぼくの胸に突き刺さってくるのは、ひとつのイデオロギーを捨てるということではなく、胸を捨てる、つまり心を捨てるというニュアンスを感じるからではないかという気がする。この言葉は、〈転向〉というどこかイデオロギーの臭いのする、自分の主義主張を転換するという感…

「鬼降る森」髙山文彦著


かつて日向を旅した坂口安吾が高千穂について記した一文には、往復36里もの山道を歩き隣村の女のもとに通う男の話が出てくるという。 中学生の自分に夜這いの手順を語って聞かせた祖母や、猪や鹿、山鳩や野兎などを届けてくれた猟師のトクさんなど、そこに生きる人々を描きながら混とんと矛盾の里・高千穂を描いた風土記。(小学館 620円+税)…

「愛のコリーダ」DVD発売中  発売元:紀伊國屋書店

愛のコリーダ(1976年 大島渚監督)


坂口安吾は随筆「阿部定さんの印象」でこう書いている。 「あのころは、ちやうど軍部が戦争熱をかりたて、クーデタは続出し、世相アンタンたる時であつたから、反動的に新聞はデカデカかきたてる。(略)それは世相に対するジャーナリストの皮肉でもあり、また読者たちもアンタンたる世相に一抹の涼気、ハケ口を喜んだ傾向のもので、内心お定さんの罪を憎んだものなど殆どなかつたらう」 ちなみに吉蔵の妻役の中島葵が性交する…

ヒットメーカーの手腕にかかる/(C)日刊ゲンダイ

三谷幸喜は低迷する大河を救えるか…16年「真田丸」を脚本


坂口安吾に「二流の人」と侮られた黒田官兵衛は、謀略をめぐらす腹黒い武将として描かれることが多かった。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は、そんな負のイメージが強い戦国時代の脇役に、ジャニーズアイドルの岡田准一(33)を起用。新しい官兵衛像で歴史好きをうならそうともくろんだ。 ビデオリサーチ調べの視聴率(関東地区)は平均15%台。「八重の桜」「平清盛」の前2作は上回っているものの、舞台は人気の高い戦国…

「国家の主は国民」と指摘/(C)日刊ゲンダイ

改憲反対なかにし礼氏 「安倍首相は岸信介教の熱狂的信徒」


本の冒頭に出てくる坂口安吾の言葉も強烈ですね。<人に無理強いされた憲法だと云うが、拙者は戦争はいたしません、というのはこの一条に限って全く世界一の憲法さ。戦争はキ印かバカがするものにきまっているのだ>という文章です。 昭和27年に書かれた「もう軍備はいらない」の一節です。無頼派作家の坂口は戦争中、文壇中央から距離を置き、ほとんど沈黙していた。戦場に派遣されて、積極的に書いていた林芙美子とは対照的…

(C)日刊ゲンダイ

「らんる曳く」佐々木中氏


坂口安吾『堕落論』の通り、人間はそもそもぐうたらでだらしない。それを認めて肯定することが健康なんですよ。肉体は汚いものだし、汗も糞尿も垂れ流し、服も垢じみてボロになっていく。でもそういう時間の経過の中でしか未来をつくり出すことができない。それこそが堕落であると。ならば、堕落せよ、堕落を認めようと思うわけです。食べたり恋愛したりセックスしたり、生の営みそのものを肯定していこうと。死んだ妻もずっと操…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事