日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宇野昌特集

今季絶好のスタート

4回転3本決めた 宇野昌磨が自己ベストでGP2度目の制覇


フィギュアスケートのGPシリーズ「スケートアメリカ」(シカゴ)最終日は23日(日本時間24日)、男子フリーを行い、SP1位の宇野昌磨(18=中京大)が全体トップの190.19点をマークし、合計279.34点で優勝。宇野は昨季のフランス杯を制したが、テロの影響でSPのみの実施だったため、両種目を行う通常の大会では初勝利を挙げた。 宇野は今季初戦ながら、相次いで大技を披露した。今年4月に世界で初め…

大島アナは会社に骨をうずめるしかない

崖っぷち小塚崇彦と結婚 フジ大島由香里アナに“妻の試練”


近年では高橋大輔や町田樹、織田信成などが引退していきましたが、今は絶対王者の羽生結弦をはじめ、無良崇人や小塚より下の世代である宇野昌磨も頭角を現している。小塚はいつも“そこそこ”で、メダル圏内には届かないレベル。若手有望株が控えている現状で、もう枠は残されていないのです」(フィギュア関係者) しかも中国杯欠場発表の直前、小塚の父で68年グルノーブル五輪で代表だった嗣彦氏が強制わいせつ罪で500万…

「平昌で引退」は予定通り?

フィギュア羽生結弦 平昌五輪後に「プロ転向」宣言の“思惑”


「男子フィギュアは今でこそ羽生の1強ですが、次世代は3月の世界ジュニア選手権で優勝した宇野昌磨(17)や同3位の山本草太(15)ら逸材が揃っている。彼らが今後数年で順調に成長すれば、フィギュアの適齢期から外れる羽生が押し出される可能性もある。現役にこだわることが、マイナスになるかもしれないのです」とはフィギュア関係者。 羽生は「ベストな状態の時にプロスケーターでありたい」とも言った。しっかりと…

「氷上の哲学者」の異名どおりマジメな性格/(C)日刊ゲンダイ

“電撃引退”の男子フィギュア町田樹 決断に「2つの事情」


羽生の方が年齢が若い分、今後の伸びしろも見込めるし、全日本選手権で羽生に次いで2位に食い込んだ宇野昌磨(17)を筆頭に10代の若手も台頭しつつある。今年3月で25歳になる町田が年下の選手に差をつけられていくのは時間の問題だった。 引退を決めたのは、こんな理由もあるという。 「女性ファンから圧倒的な支持を得ていた高橋(大輔)の引退で、男子フィギュアの人気は昨年から陰りが見え始めています。樹(町田)…

好スタートを切った羽生/(C)AP

GPファイナル男子SP 羽生結弦が今季最高点で首位発進


なお男子のジュニアでは宇野昌磨(16)が合計238.27点で優勝。山本草太(14)が2位となり、日本勢初のワンツーフィニッシュとなった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事