日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

井上真央特集

低視聴率は「私の力不足」と井上

「花燃ゆ」井上真央は謝罪も “ヒロインやりにくそう”と同情論


主役の久坂文を演じる井上真央(28)は低視聴率の要因を聞かれると、はぐらかすことなく責任の弁を述べた。記者から振られた質問とはいえ、女優自ら視聴率に言及するのは異例中の異例。しかも数字が収入を左右する民放ではなく、受信料で成り立つNHKで、である。 たしかに、大河「花燃ゆ」は12日放送の第15話で視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1ケタ台を記録。19日の第16話では10…

松嶋菜々子(左)と井上真央

発端は井上真央? 松嶋菜々子3年ぶり連ドラ主演の舞台裏


松嶋さんの所属事務所『セブンス・アヴェニュー』は井上真央さんの独立が噂され、松嶋さんと並ぶ2枚看板のひとつを失うピンチです。同社は年俸制で、かならずしも仕事量と合っているというわけでもないらしく、井上さんは『私ばっかり(働かされて)』と不満をため、母親ともども年俸アップを望んでいたのですが、この母親と事務所社長がけんかして交渉決裂、それで独立という流れになったようなんです。真央さんの不満の裏には…

事務所の“稼ぎ頭”として多忙を極めた

松本潤との結婚にあらず? 井上真央「事務所独立」の真相


女優の井上真央(29)が、近日中に所属事務所「セブンス・アヴェニュー」を退社することをサンケイスポーツが報じた。 同紙によると、井上がこのほど会社に退社の意向を報告し、事務所も了承。嵐の松本潤(32)との交際が報じられているが、退社は結婚が理由ではないという。 「今月初めまで野田秀樹作・演出の舞台『逆鱗』に出演。地方を含む約2カ月のロングラン公演だったが、昨年のNHK・大河ドラマ『花燃ゆ』から続…

井上真央(上)と左下から綾瀬はるか、松たか子、深田恭子

井上真央どうなる? “低視聴率”大河俳優の気になるその後


NHK大河「花燃ゆ」の視聴率が歴代最低タイになったことで、主役の井上真央(28)の今後に注目が集まっている。 本人も気に病んでいる様子で、クランクアップ取材会では報道陣の前で悔し涙を見せてしまい、「泣き顔は撮らないで」と懇願するシーンもあったといわれる。しかし真央チャン、安心してください。過去、低視聴率だったといわれる大河ドラマに出ていた俳優・女優はその後もみんなちゃんと活躍しています。 「今回…

会見で涙を見せた井上真央

視聴率最低タイ「花燃ゆ」井上真央を“傷モノ”にしたNHKの罪


主演の井上真央(28)が演じたのは、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の末妹だった文(後の楫取美和)。歴史的にほぼ無名の主人公の生涯を描くとあって、放送前から“バクチ大河”と危ぶまれたのは記憶に新しい。不安を抱えたままスタートし、2人態勢で始まった脚本家も途中からひとり、さらにもうひとり加わり……総勢4人が筆を執る異例の事態に。 視聴率が示すように“途中下車”してしまった視聴者は少なくなかったが…

最後に感想を求められ思わず涙

結婚に影響も? 井上真央が避けたい「最低視聴率女優」の烙印


14日、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主演を務めた井上真央(28)がクランクアップ。 冒頭のように挨拶してスタジオに用意されたくす玉を割ると、現場に花束を持った共演者が集結。原田泰造(45)や東出昌大(27)、伊勢谷友介(39)から祝福の言葉を終始笑顔で聞いていた井上だったが、最後に感想を求められると「いろんな厳しい意見も耳にしましたが、自分が主演として……何ができるか毎日考えていた」と涙。 多く…

江戸東京博物館「花燃ゆ」特別展の開会式に出席

低迷大河に「命懸けで」 井上真央の尋常ならざる覚悟と悲壮感


井上真央(28)が日に日にたくましくなっていく――。3日は江戸東京博物館(墨田区)で開催されるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」特別展(4日~7月20日)の開会式に出席。4月の会見で「私の力不足であるとしか言えない」と主演自ら低視聴率の責任の弁を述べて話題になったが、この日はさらに悲壮感漂う発言が飛び出した。 「命懸けで国を守ろうとした人々を描くならば、命懸けでこの作品に挑まなければならないと改めて感じ…

1月9日で28歳になる井上真央/(C)日刊ゲンダイ

女優・井上真央が語るNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の見どころ


出演したドラマでは高視聴率を記録し、演技力も高く評価されている井上真央(27)。同世代では頭ひとつ抜けている存在だ。激動の幕末に活躍し、日本を動かした長州藩士、吉田松陰の妹・文を描いたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で主役の座を射止め、1年間、大役を務める。見どころを聞いた。 大河ドラマの主役は、一度は経験したいと思っていたので聞いたときはもちろんうれしかったです。 ただ、予想していた以上に早くお話を…

新旧交代の大黒柱/(C)日刊ゲンダイ

井上真央 シャカリキに働く裏に松嶋菜々子の“開店休業”


井上真央(27)が、12日放送の教養番組「池上彰のJAPANプロジェクト~50年前のニッポン、未来のニッポン~」(テレビ東京系)でジャーナリストの池上彰氏と初共演することになった。 どんどん仕事の幅を広げている井上だが、本業の女優業も絶好調。 公開中の主演映画「白ゆき姫殺人事件」はヒット中で、今年の夏ごろからは主役を演じる来年放送のNHK大河「花燃ゆ」の撮影も本格化する。 スケジュールはパンパン…

ヒロインの芳根京子

初々しさ残る芳根京子 生鮮食品と朝ドラはフレッシュに限る


この子役の女の子は、4歳の時、「八日目の蝉」で井上真央の幼少期を演じ、天才子役と言われたのだが、おいしいものを食べすぎて太っちゃったかな。けなげさがないのが不満。もっとも、子役の出番はわずか5日間だけ。第1週の終わりにはお役御免となり、ヒロインも女学生になった。 そのヒロインのすみれを演じるのは芳根京子。朝ドラ「花子とアン」に仲間由紀恵の娘役として出演。昨年は「表参道高校合唱部!」(TBS系)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事