日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平野史特集

オーストラリア戦でジャッジに猛抗議のハリル

ハリル氏もやり玉 サッカー代表監督が集中砲火浴びるワケ


スポーツライターの平野史氏はこう分析する。 「サッカーは野球と比べて世界的なスポーツですから、サッカーで食べているメディアも多い。厳しい見方のメディアが2割でも、100人中の2割と1万人中の2割では数がまったく違う。たとえ少数派でも、厳しい意見を言う人数が多ければ目立つ。加えて、フリーのサッカーライターはサッカーが大好きという人が多い。サッカーに対する熱や愛情が批判につながっているというのも厳し…

今季セリエA3戦目で初プレー

伊メディア提案 「本田ボランチ」は日本代表でこそ生きる


スポーツライターの平野史氏が言う。 「日本代表にはW杯最終予選メンバーに選ばれたFW原口元気(25)、FW武藤嘉紀(24)、FW宇佐美貴史(24)、FW小林悠(28)などチャンスメークし、シュートに絡める選手が多い。だからといって本田をベンチに下げるのは得策ではない。本田のメンタルの強さ、勝負強さ、試合の流れを読む力などはまだまだ必要です。ボランチでテストしてみる価値は十分にあると思います」 ハ…

ゴールには絡めなかった長友

平愛梨と熱愛の長友 中国企業インテル買収で来季に暗雲


長友は5月、19年までの契約延長を結んだばかりだが、契約解除となって放出されるようなことはないのか? 「タレントとアモーレだのナンだのと熱愛に浮かれている場合ではありません」とスポーツライター・平野史氏が言う。 「02年に中国の科建という企業が英プレミアの中堅エバートンの胸スポンサーになり、ついに中国系企業が欧州サッカーに参入と話題になりましたが、科建はスポンサー料の見返りに当時の中国代表MF李…

見切りをつける時期かもしれない

周囲は“5戦連発”と大騒ぎ それでも消えない「本田不要論」


後半17分に途中出場して終盤にヘディングで2点目を決め、スポーツメディアは「本田が日本人初となるW杯予選5連発」と大騒ぎだが、予選5組でシリア、シンガポール、アフガニスタンといった弱小国相手の連続ゴールに一体、どれだけの価値があるというのか? ■「ミランの10番」の現在の価値は… スポーツライターの平野史氏が「本田が背負っているミランの背番号10の幻影にだまされてはいけません」とこう続ける。 「…

ベッケンバウアー元ドイツ監督も調査か

W杯招致活動でドイツ連盟会長らが強制捜査 日本は大丈夫か


日本サッカー協会や招致委員会などが直接手を下さないまでも、“意をくんだ団体”が非合法なカネを動かした可能性もありますからね」(スポーツライター・平野史氏) 決して対岸の火事ではない。ドイツの火の粉が日本に飛んできそうな雲行きなのである──。…

本田に指示を送るハリルホジッチ監督

シリアに完勝で首位浮上も 疑問ぬぐえないハリルの「監督力」


さらに言うならば、代表監督の選定に関わったサッカー協会の原専務理事、霜田強化委員長に対する風当たりも、かなり厳しいものがあります」(スポーツライター平野史氏) 3月に来日したハリルホジッチ監督は、5月12日から1泊2日の日程で国内組だけのミニ合宿を千葉県内で行った。「代表候補選手たちを目の前で見てみたい」と言い張る指揮官の要望をJ各クラブが聞き入れた格好だが、ゴールデンウイークを挟んで連戦続きの…

カンボジア戦で悔しがるハリルホジッチ監督

アジア勢に苦戦は「選手の問題」 鬼ハリル“戦犯”扱いに異論


カンボジア戦はシュート34本で3得点にとどまり、6月のW杯予選シンガポール戦がシュート23本で無得点に終わったのも、すべて選手の技術とメンタルの問題です」とスポーツライターの平野史氏が続ける。 「試合中のミスを叱責されると選手は萎縮してしまい、なかなか実力を発揮できない――といった報道もありますが、そんな選手は代表に呼んで欲しくないし、そもそも代表の一員でいること自体が間違いです。結果が出ないと…

「相手GKよりも自分たちの精度が低かった」と岡崎も猛省

ハリル監督もお手上げ 誰も治せない日本代表の“致命的欠陥”


非常に情けない気持ちにさせられてしまいました」 のっけから、こう悲憤慷慨するのはスポーツライターの平野史氏だ。 ロシアW杯アジア2次予選E組の日本代表は昨16日、初戦の相手シンガポールを埼玉スタジアムに迎え撃った。世界ランキング52位の日本に対してシンガポールは154位で、通算成績は日本の20勝1分け3敗。日本が「何点差で勝つか?」という試合だった。ところが、前半を0─0で折り返すと日本選手の表…

None

ブラッター5選に激怒 “W杯ボイコット”言い出すUEFAの思惑


6月6日に行われる欧州連盟の会合(ベルリン)で、FIFA脱退やW杯ボイコットを決めるのか? スポーツライターの平野史氏がいう。 「そのような提案はあるかもしれませんが、実際に決めることは難しいと思います。そもそも欧州連盟が現体制を批判しているのは、正義の主張ではない。要するにFIFA内部の利権争いです。ブラッター会長は、アベランジェ前会長(ブラジル)の方針を引き継ぎ、南米以外に、アフリカ、アジア…

エースFWのはずの武蔵はノーゴール

U-22はリオ五輪1次予選突破も 代表“底上げ”の役目果たせず


「リオ五輪出場に悲観的観測が出ること自体、いかにU―22代表の選手たちが小粒かということです」とはスポーツライターの平野史氏。 「欧州組のFW久保と南野(20=ザルツブルク)も1次予選で際立った活躍を見せられず、ベトナム戦2ゴールの背番号10MF中島(20=東京)、強烈シュートがウリのMF野津田(20=広島)ら主軸は所属クラブで出番に恵まれず、身長185センチの大型FW鈴木(21=新潟)、U―2…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事