日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大江香織特集

大江香織

大江香織(26歳・ツアー2勝)


タレパンダのようなタレ目がチャームポイントの大江香織プロが初登場です。 さて、ファッションセンスは……。ちょっと待ってよ、コンセプトがまったくわかんない。なんだぁコレ。 上半身はレースの襟に小花柄のミニスカートで女性らしくコーディネート。レース使いと小花柄は今年のトレンドなんでGood。小柄な彼女にはよく似合っているわよ。 リュックサックはまあ、許してあげる。サラリーマンもOLもリュック族が増…

韓国人女子プロは日本ツアーで勝ちまくる

実は空前のブーム 韓国女子ゴルフ界の恐るべき“世界戦略”


日本ではほとんど報道されなかったが、韓国で先週開催された女子大会「ハンファ・ファイナンスクラシック」(忠清南道=ゴールデンベイゴルフ&リゾート)に、藤本麻子(26)と大江香織(26)の2選手が推薦枠で出場した。 日本ツアーに韓国人プロが大挙して押し寄せているのは、今では当然のことだが、韓国ツアーに日本人選手が出場するのは珍しい。主催者のハンファがこう説明する。 「日本ツアーでは韓国人選手が大活躍…

無類の勝負強さを発揮

イ・ボミが今季4勝目 国内専念の“内弁慶”いつまで続く?


大江香織(26)、全美貞(33)とのプレーオフを制し、2週前の「meijiカップ」に続く出場2戦連続優勝で、今季4勝目を挙げた。 これでプレーオフは4連勝。自身が持つ国内女子のプレーオフ連勝記録に並び、通算では8勝1敗となった。 15試合目で4勝は、昨年の22試合目を上回るハイペース。今季は開幕からの9試合連続トップ10入り記録をつくるなど、2年連続獲得賞金2億円超えも夢ではない。技術は間違いな…

イラスト・ゲーリー久永

長尺パターの使用はルール違反ではない


実際、今年のTポイントレディスで優勝した大江香織プロは、中尺パターをアンカーリングしないで使っていました。 では、アンカーリングしなくても長尺、中尺パターには、どんなメリットがあるのか? どちらもクラブが長いだけでなく、ヘッドとグリップが重くなっています。これにより普通のパターよりもクラブ全体の慣性モーメントも大きくなります。 このため、ヘッドを小さく動かしてパチンと打つのには適しませんが、ゆ…

熱心な練習からスイング理論を確立したベン・ホーガン

ゴルフに適するか否か


やっと日本人の大江香織が勝ったが、その前は日本人プロは勝てなかった。もっとも昨年の賞金ランクの上位は外国人によって独占されていた。男女ともプロゴルフの賞金は企業によって支えられているが、わたしがスポンサーならば、日本のプロたちに、外国のプロを喜ばせるために賞金を出しているわけではないぞ、というだろう。 かなり昔の話になるが、わたしがゴルフをはじめたころ、秋になると外国人の出場する高額賞金の試合が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事