日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

錦織圭 特集

錦織 圭(にしこり けい)1989年12月29日島根県生まれ。男子プロテニス選手。日清食品所属。2008年、デルレイビーチ国際テニス選手権で優勝。松岡修造に続き日本人男子史上2人目のATPツアーシングルス優勝者となる。09年5月には右ひじの疲労骨折が判明し、6月開幕のウィンブルドン選手権、8月開幕の全米オープンを相次いで欠場。同8月には右肘の内視鏡手術を受け、残りのツアーも欠場した。10年に復帰し、全米オープンに2年ぶりに本戦出場を果たす。11年10月には日本人男子歴代最高ランクとなる世界ランキング30位になるなど、活躍を続けている。
日本人としては96年ぶりの快挙/(C)AP

全米OPテニス 錦織圭4時間超の死闘を制し「4強」進出

錦織圭(24)が96年ぶりの快挙だ。全米オープンテニス(3日、ニューヨーク)男子単準々決勝で錦織圭はS・ワウリンカ(スイス)をフルセットの末に破り、日本選手として1918年の熊谷一弥以来の4強進出を決めた。 2日前、4時間19分の試合終了が夜中の2時26分の激闘の後だけに、第1セットの錦織の動きはさすがに重かった。「少し疲れていた」と認めるように、ワウリンカに押し込…

トータルコーディネートなら約10万円なり/(C)AP

全豪4強逃すもブーム過熱 “なりきり”錦織はいくらかかる?

テニスの全豪オープンでスタン・ワウリンカ(29)と対戦し、惜しくも全豪4強入りを逃したプロテニス選手の錦織圭(25)だが、昨年からの好成績と世界ランキングの躍進も相まって、グッズの売り上げは絶好調。「ひさびさにテニスでも」「子供にテニスをやらせてみたい」と思いテニスショップに足を運ぶ人も増えている。 錦織は今シーズン、ラケットを新調した。同じモデルの日本入荷は2月下…

3回戦でツォンガを破った錦織圭/(C)AP

錦織圭がツォンガ下しパリ大会8強 「ツアー最終戦」出場に王手

男子テニスツアーのマスターズ・パリ大会4日目(現地30日、日本時間31日未明)、錦織圭は3回戦でツォンガ(フランス)を6-1、4-6、6-4で破り、8強進出を決めた。この大会で錦織の準々決勝入りは初で、フェレール戦に勝てばポイントランク上位8人による最終戦「ツアーファイナル」(11月9~16日、ロンドン)に、アジア勢男子として初めての出場が決まる。 「どっちに転ぶか…

/(C)AP

有象無象が群がる中…錦織圭の快挙を間違いなくあの男が利用する

狂騒は次から次へと、宿便のように出てくるだろう、錦織圭全米準優勝の余波。 「子どもの頃、圭ちゃんと遊んだ」「圭ちゃんの通っていた、たこやき屋の隣に住んでいた」「誕生日に圭ちゃんがメールをくれた」 それへ群がるテレビカメラと身の程知らずにも「報道陣」などと自称するデバガメども。 「卒業文集で圭ちゃんと同じだった」という同級生がたくさんいるのは当然としてもだ。圭ちゃんが…

今季初のグランドスラムなるか

母国開催のデ杯欠場…錦織圭今季に懸ける“27歳の焦り”

テニスの全豪オープン男子シングルスで初戦突破の錦織圭(27・第5シード)は16日の会見で、2月3日開幕(東京)の国別対抗戦デビスカップ(デ杯)1回戦(対フランス)の欠場について改めて説明。「(デ杯の後は)すぐに南米(13日~アルゼンチンOP、20日~リオOP)に行く。体のことも考えながら、デ杯は出ないことにしました。(デ杯で)ケガをしても意味がないので、今回は辞退…

全豪初Vに意欲を燃やす錦織

スポーツ時々放談

錦織圭 今季前半にメジャータイトル欲しいもう一つの理由

錦織圭は前哨戦の決勝で3勝0敗だったグリゴール・ディミトロフに敗退、左臀部の故障再発など不安はあるが、それでも、初のメジャータイトルを狙える第5シード。シーズン前半に念願を果たしたい理由がある。 今年のテニス界は、10年余り続いたロジャー・フェデラーの時代が幕を下ろし、新時代の初年と位置付けられる。メジャー優勝17回のカリスマは、テニス人気を世界に広げてツアー価値を…

楽天OPでは臀部に痛みが走り、途中でリタイア

マスターズとGS初制覇へ 錦織圭が迫られる“2つの決断”

世界ランク5位で今シーズンを終えた錦織圭(26)が、公式アプリで来季前半の出場日程を発表。1月1日開幕のブリスベン国際を皮切りに7月の全英まで12大会(その他2月にデビス杯)を戦う。 今年はリオ五輪で、日本選手としては96年ぶりのメダル(銅)を獲得。自身はそれ以外にも、3年連続でツアーファイナルに出場し、マリー78勝、ジョコビッチ65勝に次ぐ、自己最多の58勝(21…

ツアーファイナル準決勝ではジョコビッチに完敗

スポーツ時々放談

錦織圭 体力の課題は“マイペース日程”で克服するしかない

男子テニス最終戦、ツアー・ファイナルで錦織圭はベスト4に入った。ただ、トータル1勝3敗は評価が割れるところだ。全米覇者のスタン・ワウリンカを下し、アンディ・マリーに惜敗しながらも予備戦(ラウンドロビン=RR)は突破。そこからマリン・チリッチに敗れたあたりに、現時点での限界が見えた。 今年のファイナルは、この10年を席巻してきたロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル…

臀部を痛めて楽天OPは棄権

何をしたいのかが見えない…これが錦織圭の弱点だ

錦織圭にまた故障が発生した。先週の楽天ジャパンオープンは臀部の肉離れのため途中棄権し、今週の上海マスターズ出場は取りやめた。再来週のバーゼル500から復帰予定だが、上位8選手によるツアーファイナル出場も確定しただけに、無理はしないだろう。 ■才能と体力のアンバランス それにしても故障が多い。この夏も左脇腹を痛め、ウィンブルドンなどを途中棄権。さかのぼれば、肘、膝、太…

無念のリタイア

過密日程と重圧で臀部悲鳴…錦織圭に今季“閉幕”の恐れ

そのジャパンオープンに第1シードで臨んだ同5位の錦織圭(26)が5日の2回戦で、同34位のソウザ(27=ポルトガル)との試合中にダウンした。 第1セットの第3ゲーム終了後、腰から脇腹にかけてマッサージ治療を受けたものの、その後はほとんど動けない。臀部の故障で、第8ゲーム途中に棄権した。試合後の本人はこう言った。 「どこかのショットで痛めてしまった。ジャパンオープン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事