日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上村愛子特集

倉科カナ(左)と上村愛子

【上村愛子】関東甲信越では「かみむら」だが…


上村愛子 昨年現役を引退したフリースタイルスキーの上村愛子は、皆川賢太郎と結婚したため現在の名字は皆川だが、上村愛子として今シーズンからは解説者を務めている。 「上村」という名字をみてどう読むだろうか。実は「上村」は新潟県と熊本県に集中しているが、新潟県を中心に関東甲信越では「かみむら」が圧倒的に多く、熊本県を中心に九州や関西では「うえむら」が主流と、読み方が地域によって分かれている。 新潟…

テレ東スポーツの顔になれるか/(C)日刊ゲンダイ

覇気がなくしゃべりも…“ナビゲーター”上村愛子は前途多難


11日夕方に放送された「上村愛子のイタダキ旅」は、故郷白馬などを巡る“帰郷ロケ”にかこつけて、17日からテレビ東京が放送する「スノボ&フリースタイルスキー世界選手権」の番宣バラエティー。90分間ずっと上村愛子を大事に扱っていた。 上村は「世界選手権」で初ナビゲーターを務めるという。ただ、メーンではなく、はっきりいえば現地リポーターなのに、「イタダキ旅」では「19年間の現役を終え、新たな挑戦をする…

コースの選択が失敗だった/(C)JMPA

上村愛子の敗因もロクに説明せず…五輪実況と解説に疑問符


フリースタイルスキー女子モーグルで4位に終わった上村愛子(34)。最後のひとりだったハナ・カーニー(米国)が滑り終わるまで3位につけていたが、逆転されて悲願のメダルを逃してしまった。 バンクーバー金のカーニーは「モーグルの女王」といわれる実力者だが、ターンは乱れていたし、エアの後でバランスを崩し片足を大きく開くなど、ミスが多かった。走破タイムも31秒04で、上村の30秒46より遅かった。それな…

結婚は09年6月だった(上村愛子&皆川賢太郎夫妻)/(C)日刊ゲンダイ

引退のモーグル上村愛子 もう遠慮はいらない「夜の大技」


フリースタイルスキーモーグル女子の上村愛子(34)が1日、長野市内で引退会見を行った。 98年長野大会から5大会連続で五輪に出場。7位、6位、5位、4位ときて、2月のソチも4位。最後の試合となった3月27日の全日本選手権(白馬)は優勝で締めた。 競技生活を終えた上村は「モーグルに出合って20年、たくさんのみなさんに応援し、支えていただいて、幸せな競技人生でした」と笑顔で挨拶。 今後は「(競技を…

ソチでもメダルには届かず 真野慎也/JMPA

五輪5大会連続出場のモーグル上村愛子が引退


女子モーグルで5大会連続五輪出場の上村愛子(34)が引退すると、所属先の北野建設が発表した。26日から行われる長野県白馬での全日本選手権が、現役最後の競技。 上村は18歳で、98年の長野五輪に出場し、7位入賞を果たした。その後、五輪出場を重ねるたび6位、5位、4位と順位を上げたが、先月のソチ五輪では4位に終わっていた。 2007年~08年シーズンにはワールドカップ種目別優勝を果たし、09年世界選…

準備は整った/(C)日刊ゲンダイ

上村愛子の肉体を“劇的改造” スゴ腕トレーナーの荒療治


自分の滑りをした先にメダルがあれば、全員で喜べる」 5大会連続で五輪出場を果たした女子モーグルの上村愛子(34)が笑顔で躍進を誓った。 31日、ソチ五輪に出場する日本選手団本隊37人(役員含む)が現地に向けて出発。モーグル選手を代表して取材に応じた上村は「(出場は)5度目なので落ち着いて(出発の日を)迎えられた。全力の滑りをしたい」と話した。 18歳で初めて出場した長野五輪(7位入賞)から16年…

星野(左)と上村/(C)日刊ゲンダイ

女子モーグルの期待は上村愛子より強運の新星・星野純子


いい挑戦と調整ができた」 女子モーグルの上村愛子(34)が納得した表情で話した。21日、ソチ五輪代表に選ばれた上村、伊藤みき(26)ら4人の選手がW杯の北米大会から帰国。5大会連続5度目の出場を決めた上村は「体調をしっかりと整え、当日は思い切って気持ちよく滑りたい」とベテランらしく話した。 2月上旬の出発までは地元の長野で調整し、今季から再び取り入れた3Dエアの大技「コークスクリュー720」の特…

射程圏内/(C)日刊ゲンダイ

ソチのメダル左右 モーグル上村愛子の「地味なイメチェン」


フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(34)が9日(日本時間10日)、W杯第3戦米国(ディアバレー)大会に出場。予選5位で通過したが、上位16人による決勝は1回目で6位以内を逃し、2回目に進めなかった。 8日の公式練習では今季から取り組んでいるエアの大技コークスクリューを試さず、W杯では封印。今季5季ぶりに取り入れたエアの大技の完成度が低いため、出場が確実視されるソチ五輪でも使わない可能…

渡米する上村愛子/(C)日刊ゲンダイ

日本女子モーグル界の浮沈は上村愛子の成績次第


5度目の五輪出場を目指す、女子フリースタイルスキー・モーグルの上村愛子(34)のことだ。 26日、モーグルの日本代表チームが1月のW杯(カナダ、米国)に向けて渡米した。 今季開幕戦のフィンランド・ルカ大会で3位に入った上村は「(W杯では)ソチに向けて調整するほど余裕はない。試合の中でしかレベルは上げられないので、試合の中で向上させたい」と話した。 この遠征の結果次第ではソチ五輪代表が内定する可能…

(C)日刊ゲンダイ

ベテラン上村愛子 命懸けの大技挑戦に「心配」の声


ソチ五輪フリースタイルスキー女子モーグルで5大会連続の五輪出場を目指す上村愛子(33)が11日、合宿地のスイスから帰国。現地では1カ月以上にもわたって滑り込んだそうで、「コースが良かったので、たっぷりと練習できた。ターンの感覚がつかめた」と手応えを口にした。 今季から取り組んでいるエアの大技であるコークスクリュー720(斜め2回転)については「まだ、納得いくデキではない」としながらも「五輪まで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事