日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大地真央特集

ピーター(左)と2人合わせて123歳!

還暦ホヤホヤの大地真央 「ベストプラチナエイジスト」に

プラチナのように輝いて生きている60歳オーバーを対象とした「第2回プラチナエイジ授賞式」が5日、開催され、ベストプラチナエイジスト(女性部門)に女優の大地真央(60)が選ばれた。 今年2月に還暦を迎えたばかり、プラチナエイジ成り立てホヤホヤでの受賞である。「今年はプラチナ950を使ったジュエリーのデザインをやらせていただいたり、プラチナとご縁があるようです。これから…

6年君臨した「トップオブトップ」柚希礼音

元星組トップ柚希礼音は大地真央&天海祐希を超えられるか

今後の動向に注目しています」 先輩の大地真央(59)は舞台、天海祐希(47)は職業系ドラマで、独自の生きる道を確立した。「海外で活躍できるアーティストを目指す」と公言する「トップオブトップ」の視線は、日本を飛び越えて太平洋の向こう側なのかもしれない。…

年下妻にメロメロ…

32歳差婚のラサール石井 「家のローン80歳まで払わないと…」

10日、新橋演舞場6月公演「プリティウーマンの勝手にボディガード」の製作発表会が都内で行われ、座長・三宅裕司(63)のほか、小倉久寛(60)、渡辺正行(59)、ラサール石井(59)、東貴博(45)、大地真央(59)ら豪華出演陣が出席した。 舞台となるキャバレーの社長を演じるラサール石井は、2012年に32歳差の当時女子大生だった一般女性と結婚し、3年目になる。 「…

「頼もしい女」のイメージを武器にブレーク

芸能界を生きる女のサバイバル術

宝塚退団後に低迷も 天海祐希を救った唐沢寿明からの誘い

宝塚男役出身の著名な女優といえば、大地真央、涼風真世、一路真輝、真矢ミキを挙げられる。「白熱ライブビビット」(TBS系)でMCを務める真矢以外は、全員がミュージカルスターだ。ところが退団後の天海は、素の自分と舞台の自分をかたくななまでに切り離そうとした。もがいていた頃の心境を03年の某女性誌で次のように激白する。 「天海祐希が、とてつもなく大きな存在になってしまっ…

None

洲崎パラダイス 赤信号(1956年 川島雄三監督)

世間がこうした男に寛大になったのは、大地真央が12歳年下の男性と結婚した2007年以降か。そのあたりから年上女性に甘える男が市民権を得た感がある。そもそも本作の封切りの頃は草食系男子という概念も存在しなかった。 作品に流れるのは人間の「相互依存」だ。駄目男の義治は勝ち気な性格の蔦枝を諦めきれない。彼が蔦枝をパンパン呼ばわりされて逆上したのはわが身の不甲斐なさを噛みし…

大地真央(左)と秋野暢子は幼馴染みの設定

「とと姉ちゃん」秋野暢子“老けすぎメーク”の疑問と同情

「奇麗すぎる祖母!」「凄みがカッコいい」――朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の大地真央(60)の評判がこのところうなぎ上りだ。 23日の放送では常子(高畑充希)に難癖をつけに来た借金取りに対して「深川とケンカする覚悟があるなら受けて立つよ」と迫力あるタンカを披露。見事、借金取りをスゴスゴと追い返したから「カッコいい!」との声が上がるのも当然だが、「それに引き換え気の毒…

舞台で共演した大地真央

宝塚スターの楽屋にはフランスから届いたお菓子が

昨年の熱海五郎一座、新橋演舞場公演のゲスト女優は大地真央だった。大地を初めて間近で見た昇太はその美しさに驚いたという。 「だって、世間で言ったらオバサンじゃないですか。首筋あたりに年齢を感じさせる皺があるはずなのに、顔と同じでツルツルしてる。奇麗なんてもんじゃない。からみの芝居が多かったんですが、そのたびにドキドキしました。僕の肩を抱き寄せる場面なんか、『どうにでも…

充実ぶりが光る黒木瞳

仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判

たとえば、今月4日の連載では、宝塚の先輩女優・大地真央と銀座でランチ中、同じビル内で火災が起きたものの、大地が悠然とハマグリを食べ続けていたことなども面白おかしくつづられている。 「電通マンの夫は順調に出世。娘は学校内でのトラブルが報じられたことはありましたが、家庭は円満です。連載は特に同年代の主婦層から高い支持を得ている。これまでプライベートを切り売りしてこなか…

無口で無愛想な女性刑事を好演

「ヒガンバナ」で好演 “特殊能力刑事”は堀北真希の真骨頂

また、このドラマでは大地真央、檀れい、YOUら、“濃いめ”の女優たちの競演も見ることができる。中でも堀北に振り回される、正義感いっぱいの相棒が、発泡酒のCMで世の男たちを振り回しているはずの檀れいというのが苦笑いだ。 だが、それ以上に興味深いのは、動画での犯罪予告、スマートフォンを使ったいじめ、そしてカリスマ主婦ブロガーの実相など、“ネット社会の裏面”をストーリー…

番宣で出まくった堀北真希

高市&甘利大臣、堀北真希…正月番組で見たくなかった3人

「ヒガンバナ」は大地真央、檀れい、YOUら女子だらけのドラマ。女子会苦手って、喧嘩売ってるのか? その「ヒガンバナ」の会見では新年の目標を聞かれ、「ペットを飼いたいと思っています。本当はイグアナとかカメレオンが好きなんですけど」と爬虫類好きを告白。相当の変わり者とみた。 もっとも、そんなモロモロの気分も、北朝鮮の水爆実験で吹っ飛んだけど。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事