日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

安倍晋三特集

「バカじゃねえのか、安倍晋三は」と言いたくなる

さすがにここでは過激な表現は抑えられているというが、この本の巻頭に安倍晋三が「推薦のことば」を寄せているのである。 安倍は宮司の経歴をなぞり、この本を「魂の日記」だと持ち上げて、「戦後失われた『日本人の誇り』をテーマとして、自分の国は自分たちが守らなければならないという強い意思を感じます。世界一の日本人、世界一の国家をめざして進むための道標となることと思います」と結…

保阪正康氏

「田中角栄と安倍晋三」保阪正康氏

そうした中、田中と安倍晋三を対比させたのがこの本だ。著者は執筆の動機を「政治の劣化」と説明する。 「戦後の首相で昭和時代と平成時代は大きな違いがあると思うのです。この二十数年で政治家のレベルが少しずつ低下し、政治そのものが劣化した。その原因が昭和という時代に起因しているのではないかと思い、歴史を整理してみようと考えました」 劣化の極致にあるのが安倍首相。保阪氏は彼の…

大橋巨泉(左)と安倍首相

「安倍晋三の野望は恐ろしい」 大橋巨泉さん“遺言”の壮絶

安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです〉 参院選の真っただ中に迎えた最終回のコラム。安倍の恐ろしい野望とは、自公とおおさか維新、こころを合わせて3分の2の議席を獲得し、憲法改正を発議をすること。そしてその先に9条を改正し、日本を戦争のできる国につくり変えることを指してい…

著者の佐高信氏

「自民党と創価学会」佐高信氏

参院選で安倍晋三首相らが声を張り上げているのが「民共」批判だ。選挙区で民進党など野党は統一候補を立てた。共産党は多くの選挙区で、立候補を断念した。それを安倍らは「野合」と批判。自分たちの「正当性」を主張しているのだが、安倍首相に突きつけたいのが、この本である。自民、公明の連立こそが野合そのものではないか。その証拠がつづられている。 「自民党は『自由新報』という機関誌…

開会式で選手宣誓をした作新学院の中村幸一郎主将/(C)日刊ゲンダイ

コピペ総理大臣・安倍晋三に告ぐ「原爆忌の挨拶文は自分の言葉で喋れ!」

しかしな安倍晋三、せめて広島、長崎の原爆忌の挨拶は、自分の言葉で喋ったらどうだったい? おまえはオリンピック招致のIOCにおけるスピーチは何も読まなかったと思っていたぞ。 実際は演台両脇に据えられた透明なアクリル板に映し込んだカンニングペーパーを読んでいただけだったと分かって以来、どうせおまえは自分の言葉を持たぬコピペ野郎なんだと知れた。だが、せめて原爆忌の挨拶文は…

ニッポンを読み解く読書スクランブル

安倍首相の“問題発言”で解く民主主義とは

この本のタイトルにある“安倍”とは、現職の安倍晋三内閣総理大臣のことである。 書店販売では、どこで撮ったものなのか、お花畑でにこやかに立つ安倍晋三の写真の帯が付いているのですぐにそれとわかるのだが、要は、その図柄のとおり“お花畑”にいるとしか思えない現職の首相のとんちんかんな発言を取り上げて、痛烈な批判を加える著作である。 例えば、今年5月16日の国会答弁。 「議会…

著者が「忘れられない」という安倍首相の冷たい言葉

「拉致問題を追い風にして総理大臣にまで上り詰めた」安倍晋三に対して、「北朝鮮による拉致被害者家族会」の事務局長だった蓮池透が挑戦状を叩きつけた。 安倍が拉致問題でがんばったというのは神話であり、被害者のことなど考えていなかったというのである。「忘れえぬ安倍晋三の冷たい言葉」と題して蓮池は書く。 安倍らが中心となって国会に提出された「拉致被害者支援法」では被害者1人当…

盟友だった若松孝二監督(左)と

映画「断食芸人」足立正生監督が語る日本赤軍との日々

この事件が遠因で安倍の次期総理の目がつぶれたってウワサもあり、息子の安倍晋三首相にとってオレは恨み骨髄の相手ってわけで、渡航許可なんてもってのほかなんだろうな、ハハハ」 北九州市出身の足立監督は1959年に上京し、日大芸術学部に入学。在学中に手がけた「椀」が学生映画大賞を受賞。「鎖陰」も話題になった。 「60年安保の時代だから、連日、街頭デモに繰り出した。そんなある…

「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」蓮池透著

(講談社 1600円+税)…

日トルコ首脳会談でのエルドアン大統領(左)と安倍首相

東映お正月映画不発…難破寸前の「海難1890」敗因は?

安倍晋三首相とトルコのエルドアン大統領がそろい踏みでワールドプレミアに出席、東映期待のお正月映画として鼻息荒く日本公開に挑んだ歴史映画「海難1890」に、早くも期待外れの声が出ている。 「同じ300館オーバーで全国公開され、昔の日本人の美談を描くコンセプトが似通っているライバル東宝の『杉原千畝 スギハラチウネ』はもちろん、わずか120館公開のアニメ『映画 ハイ☆スピ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事