日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

霜田正浩特集

霜田氏は現役時代はブラジルでもプレー

霜田正浩技術委員長が今語る「ハリル日本」誕生の舞台裏(1)


ハリルホジッチ日本代表の生みの親であり、ザッケローニ元監督、アギーレ前監督の招聘にも深くかかわった霜田正浩サッカー協会技術委員長に「ハリル日本誕生の舞台裏」「新生・日本代表の行く末」などについて聞いた。 ■日本のサッカーは踊り場で停滞している ――ハリルホジッチ新監督の初対面での印象は? 「パリ市内で午前10時に会い、ランチタイムになったので、レストランに行くことになりました。しかし、彼はパリで…

ランニングでも先頭に立って走るハリルホジッチ監督

霜田正浩技術委員長が今語る「ハリル日本」誕生の舞台裏(3)


合宿にも帯同した霜田氏

霜田正浩技術委員長が今語る「ハリル日本」誕生の舞台裏(2)


指揮官の要望でベンチ入りしていた事もあった霧田委員(左)

霜田ND退任で窮地に ハリル監督解任の“秒読み”が始まった


チームを統括するダイレクターとして、ハリル体制を支えてきた霜田正浩技術委員(49)が18日、今年限りで退任することを自ら明らかにしたのだ。 霜田氏は09年に協会入りし、14年に強化担当の技術委員長に就任。ザッケローニ元監督、アギーレ前監督の招聘では中心的な役割を担った。ハリル体制をつくったのも霜田氏で、“背広組”でありながら指揮官の要望で国際Aマッチでもベンチ入りするなど、ハリル監督の側近であり…

手倉森監督の胸中やいかに?

新技術委員長は“不要論者” リオ五輪サッカーOA枠どうなる


もちろんOA枠を使わない選択肢もあるが、リオ五輪出場を決めた直後、日本サッカー協会・技術委員会の霜田正浩委員長(当時)が「(OA枠を使わずに)若手に経験を積ませるという意見もあるが、まずは勝負にこだわりたいと思う。OA枠を使う」と断言。手倉森監督にしても「霜田さんとの関係性は良好だし、OA枠を使ってリオ五輪で結果を残したい気持ちも人一倍ある。OA枠を誰にするのか、既に霜田さんと話し合いをスタート…

希代の戦略家として知られる

J監督就任目前だったビエルサを激怒させた協会幹部の無礼


ザッケローニ元監督、アギーレ前監督、そしてハリルホジッチ現監督招聘の責任者の原博実JFA専務理事、霜田正浩JFA技術委員長だ。マスコミ関係者が解説する。 「10年南アW杯後、ザッケローニが日本代表監督に就任したが、原・霜田コンビの第1候補はビエルサだった。彼らは元アルゼンチン代表MFで清水や横浜M、町田で監督を務めたアルディレスのルートを使ってビエルサとアポをとったが、ザッケローニとの交渉がまと…

08年キリンカップでコートジボワール監督としてパラグアイと対戦

経歴は断トツ 「ハリルホジッチ監督は掘り出し物」は本当か


日本サッカー協会技術委員会の霜田正浩委員長が4日、次期日本代表監督に内定しているハリルホジッチ(62)と交渉したフランスから帰国した。 待ち構えたメディア陣に「まだ何もしゃべれません」と対応した霜田委員長。それでも「いつ話せるのか?」には「そろそろ」とコメント。近日中に発表され、12日のサッカー協会理事会で正式承認される運びである。 ブラジルW杯でアルジェリア代表を率いたハリルホジッチは、かの地…

18年ロシアW杯までに八百長疑惑に決着つくか

ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する「アギーレ再登板」


協会周辺では、『いまだに大仁会長と原専務理事、技術委員会の霜田正浩委員長の3人はアギーレ氏の指揮官としての能力、人柄を高く評価している』ともっぱらで、『3人はアッと驚く腹案を持っている』という人もいます。それが、1年半から2年後をメドにアギーレ氏の八百長問題が無実で決着した場合、彼を再登板させるというものです」 と、あるサッカー関係者がこう続ける。 「大仁会長は、解任会見でも『手腕を高く評価して…

アーセナルでは長くタイトルから遠ざかっているベンゲル氏 (C)日刊ゲンダイ

ハリル氏が新監督最有力も…依然根強い「ベンゲル待望論」


25日、日本サッカー協会の大仁邦弥会長が、技術委員会の霜田正浩委員長から現状報告を受けた上で「大体のところは分かった。その方向(技術委員会案)で進めていくことになっている」とコメント。近日中に霜田委員長が渡欧。第1候補の前アルジェリア代表監督ハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)と契約交渉を行い、3月初旬までに正式契約を結びたい意向ともっぱらだ。 「ハリルホジッチ氏と決裂した場合、…

後任監督選びの鍵を握りそうなオシム氏 (C)日刊ゲンダイ

ハリルホジッチ氏有力 “オシム人脈”が日本代表にお得な理由


後任監督の選定を任された霜田正浩技術委員長(48)は2週間、欧州に滞在して21日に帰国。同日夜に技術委員の6人、前技術委員長の原博実専務理事(56)の計7人が極秘ミーティングを開催。「後任候補は5、6人といわれていたが、どうやら3人に絞られたみたいで、そのうち2人はイビチャ・オシム元監督(73)の人脈」と、あるマスコミ関係者がさらにこう続ける。 「霜田委員長は欧州歴訪中に複数の代理人やサッカー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事