日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中均特集

暴露本も出版した蓮池透氏

「戦略見えない」 安倍政権の拉致交渉に蓮池透氏怒り爆発


そういう“禁じ手”を考えてもいいと思う」 ■信頼できるのは小泉元首相と田中均氏の2人のみ 透氏の怒りはホンモノだ。今月18日には「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」を出版。拉致問題で安倍自身がよく語っている“武勇伝エピソード”がウソだらけだったことを暴露している。 「透氏は小泉純一郎元首相、田中均元外務審議官の2人以外、信頼できる政府関係者は皆無だったと言っています。安倍首相とは…

デマまき散らし (C)日刊ゲンダイ

日教組ヤジは氷山の一角…安倍首相こそ「息吐く様に嘘つく」


拉致交渉にあたった元外務省審議官の田中均氏が13年に毎日新聞紙上で「外国での国際会議などで、日本が極端な右傾化をしているという声が聞こえる」と指摘すると、安倍首相は<田中均局長を通し伝えられた北朝鮮の主張の多くがデタラメ><彼に外交を語る資格はない>とフェイスブックで切り捨てた。 野党時代の11年5月には自身のメルマガで、福島原発事故の対応をめぐり<海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったの…

蓮池透氏

蓮池透氏 「安倍首相は拉致問題を政治利用しているだけ」


それを受けて、中山さんや安倍さんが福田さんや田中均アジア大洋州局長(同)と侃々諤々やった。最終的に戻らないことになったのです。 ■「時間稼ぎしていたら終わってしまうんです」 ――だとすると、ますます、安倍首相は本気で拉致問題の解決に取り組む気があるのかと疑わしく思えてくる。拉致担当相はクルクル代わるし。 加藤拉致担当大臣は3つの大臣の兼務です。片手間でやってもらっても困ります。そもそも拉致担当大…

質問は至極まっとうだ(フェイスブックから)

「解散批判」学生にマジ切れ 深刻さ増す安倍首相の精神状態


■専門家は「自己愛型の人格」 安倍首相は昨年6月も、毎日新聞で外交政策に否定的な見解を示した田中均・元外務審議官に激怒。今回と同様、フェイスブックで名指しし、「彼は外交を語る資格はありません」と執拗な個人“口撃”を繰り広げている。心理学者の矢幡洋氏は、感情の抑制ができない安倍を「自己愛型の人格」と分析しているが、ここまでオカシイと単なる性格の問題ではない。こんな男が「最高責任者は私だ」と大威張…

(C)日刊ゲンダイ

北朝鮮の専門家・朴斗鎮氏 「安倍首相は足元を見られている」


――それにしても、北朝鮮がそういう国であることは安倍首相だって、先刻承知だったんじゃないですか? 小泉訪朝のお膳立てをし、対北朝鮮で融和派だった田中均氏(元外務審議官)をエキセントリックに誹謗中傷したのは安倍さんです。安倍さんこそが、対北強硬姿勢の急先鋒だったんじゃないですか? あの頃の安倍さんと今の安倍さんは別人です。権力を握ると欲が出るのでしょうかね。判断に甘さがあります。成果を手に入れた…

金正恩第1書記の直轄部隊/(C)AP

安倍政権が評価 拉致調査に絡む「国家安全保衛部」の怪しさ


指揮命令系統や組織の数なども不明です」 田中均元外務審議官と秘密交渉を行い、2002年9月の第1回日朝首脳会談を実現させた「ミスターX」は、国家安全保衛部の柳敬副部長だったとされる。ところが、その後、張成沢との権力闘争に敗れた「ミスターX」は11年に処刑されたという。それが事実なら、昨年の張成沢の粛清は国家安全保衛部が討ったカタキだったということになる。今回、日本との交渉窓口を担うのも「2代目ミ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事