日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

菊川怜特集

今こそ、その専門知識を

豊洲地下の水問題 東大卒“コンクリ通”菊川怜に高まる期待


専門家の意見を紹介するなどして特集を組んでいるが、一部の視聴者の間では、「とくダネ!」司会の菊川怜(38)の考えも聞いてみたい、という声が強まっている。 東大出身の菊川は2012年7月から同番組の司会を担当。同じく番組司会の小倉智昭(69)との軽妙なやりとりが人気を博している。その菊川が大学時代に在籍していたのは、工学部建築学科。コンクリートに関する卒論を書いたことで知られ、芸能界デビュー後も“…

涼しげな浴衣姿を披露

独身38歳の菊川怜“迷答” 現在の恋愛事情「分かりません」


4日、菊川怜(38)が「ファーウェイ・ジャパン」パソコン新製品発表会に出席した。 ブルーの浴衣姿で登場した菊川は、七夕が近いことにちなみ、パソコンで描かれた短冊のイラストにつづった願い事は「楽しい毎日を過ごせますように」。今年も上半期が終わったことに関して「(短冊に)“時の流れがゆっくりになりますように”と書きたかったけど、場違いかなと思ってやめました。年々、(時の流れが)ウルトラ早くなっていま…

菊川怜(左)と松下奈緒

菊川怜「辞退」で囁かれる 松下奈緒の“参院選出馬”情報


民主党は元TBSキャスターの杉尾秀哉(58)の擁立を決め、自民党はタレントの菊川怜(37)を東京選挙区から出馬させようとしているという。 「菊川が出ればトップ当選確実といわれていますが、肝心の菊川本人に政治家になる意思がない。正式に辞退したそうです」(芸能関係者) そこで急浮上しているのが松下奈緒(30)の出馬情報だ。昨年のNHK紅白歌合戦では、漫画家水木しげるさんの追悼コーナーが設けられ、朝ド…

菊川怜(左)と桂由美氏

小倉智昭との不仲ネタも尽き…菊川怜「独身キャラ」手詰まり


20日、「恋人の聖地/未来応援プロジェクト」授賞式に登場した菊川怜(37)。結婚について聞かれると「そんな短期間のスパンで聞かれても、何もコトは起きていません」と苦笑い。 同じくゲスト審査員として登場したブライダル・ファッションデザイナーの桂由美氏(82)に「もったいない。この仕事だと(出会いが)少ないので、少しミステリアスな違う世界の人に会わせるように(紹介)します」と言われると、「(桂)先生…

途中退席にも「イジメ説」飛び交う

小倉智昭&菊川怜 “不仲説”が飛ぶから面白い「とくダネ!」


一見、こちらもぶっきらぼうな父、小倉智昭、その父になにかと反抗的な娘の菊川怜、それを温かく見守る姉、梅津弥英子アナ、いつまでも父を超えられない兄、笠井信輔アナといった疑似ファミリーとして捉えることもできる。しかし、この番組、決して仲良しファミリーには見えないところがミソだ。小倉と菊川の不仲説が定期的に飛び出すほどだから。 19日の放送でも、菊川が番組を途中退席。原因は急性胃腸炎だそうだが、「小…

2度目の途中退席(C)日刊ゲンダイ

菊川怜「とくダネ!」復帰も…心配される“急性胃腸炎”の理由


「本当に大丈夫なんだろうか」――そう心配されているのは女優・菊川怜(36)。19日、「とくダネ!」の生放送中、体調不良のため途中退席した。 所属事務所は「そのまま病院に向かい、『急性胃腸炎』と診断されたので一日安静にして過ごします」とコメント。一夜明けた20日は、番組冒頭で「ご心配をおかけしました」と一礼した。菊川は1年前にも「とくダネ!」を途中退席しているだけに、翌日復帰したとはいえ心配だ。 …

「独身イジリ」もなくなり…/(C)日刊ゲンダイ

男っ気なし…周囲も気を使い始めた菊川怜“売れ残り”一直線


そうコボしたのは8日に行われた「アキタ×noma記者発表会」に出席した菊川怜(36)。 昨年12月末に結婚を発表した同じ事務所の米倉涼子(39)について「おめでとうございます。まったく知らなかったのでビックリしました。自分にとってもいい刺激になれば」と祝福したが、12年には事務所の後輩、上戸彩(29)も結婚。「事務所のみんなはどんどんおめでたい話が出てくる。あまり新聞を見たくない日々が続きました…

実はマイペースな不思議ちゃん/(C)日刊ゲンダイ

小保方さん効果でブーム到来 “リケジョ”菊川怜の業界評


「インドア派でマイペースな不思議ちゃん」という小保方さんのイメージに近いのは、東大工学部建築学科卒の菊川怜(35)あたりか。 最近は女優というより、フジテレビ系の朝の情報番組「とくダネ!」の司会でおなじみだ。天然ボケは相変わらずだが、スタッフの間では意外と“高評価”らしい。 「夫の海外勤務に同行するためフジテレビを退社した中野美奈子に代わって、12年7月から司会を務めていますが、当初は『半年と…

日々の鍛錬/(C)日刊ゲンダイ

小倉智昭のおかげ? 菊川怜が会得した「セクハラ受け流し術」


菊川怜(35)が日本毛皮協会主催「第9回ファー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、28日に行われた授賞式に出席。プレゼントされたパールミンクのコートは何と300万円相当。値段を聞いた菊川は「ホントですか。(着たままでは)飲み物とか飲めないし、金庫にしまっておかないとダメですね」と笑った。 最近は、みのもんたの次男逮捕と「朝ズバッ!」(TBS)でのセクハラ騒動が派生して「とくダネ!」(フジテレビ)の小倉…

厳しい選抜試験があるケースも

大手vs寺子屋 予備校別「東大合格」最新ランキング


いまだに大教室の醍醐味(だいごみ)のイメージが残る代ゼミはこの点で後れを取ったと言えるでしょう」 ■菊川怜も膳場貴子も通った 東進は「今でしょ」でおなじみ、林修氏など実力講師を抱えることで有名。80年代後半、他校のカリスマ講師を次々にスカウトして現在の地位に上り詰めた。東進のHPによると東大の現役合格生は1988人。このうち東進の現役合格者は668人で、東大現役合格者における東進生の占有率は33…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事