日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小池百合子特集

都知事選は小池百合子のペース

「さらば自民党」と言わない小池百合子のシタタカさ


「退路を断つのが私の生きざま」「崖の下にパラシュートなしで落ちる覚悟」と都知事選(14日告示、31日投開票)への出馬を表明した小池百合子(63)。自民党の推薦なしでも出馬するという。参院選の真っ最中だというのに、メディアの話題は小池一色だ。本人は、してやったりだろう。 しかも、記者会見で「東京の都連はブラックボックスのようだ」「都民と都議会が分裂している」「都議会を解散する」と、自民党都連を“…

ドンは戦々恐々か

小池百合子知事が狙う 都議会ドン内田茂議員の“公開処刑”


小池百合子都知事は1日、「都政改革本部」を設置し、都議会の“利権”と“闇”を徹底的に調査、解明する方針。築地市場の豊洲移転問題のほか、「2020年東京五輪」の予算や支出についても取り上げるという。どうやら小池知事は、この「都政改革本部」を使って、天敵である内田茂都議を“公開処刑”するつもりらしい。 ■9.1スタート「都政改革本部」が舞台 「都政改革本部」は、小池知事が外部から招いた有識者が中心と…

江川紹子氏の質問に表情が…

小池百合子氏が表情こわばらせた “在特会との蜜月”問う声


都知事選挙に向け暴走が止まらない小池百合子氏。8日は外国人特派員協会で“流暢な英語”をアピールだ。 会場は160人もの大入りで、約30人の外国人記者が参加。冒頭の20分は小池氏がすべて英語でスピーチした。 「Two policy platform of Tokyo are Diver-City and Smart City」(東京をダイバーシティーとスマートシティーという2つの軸でつくっていきた…

None

小池百合子氏 “厚塗り”の裏にある本当の人相


小池百合子の時代錯誤な厚化粧顔と、元兵庫県議の野々村竜太郎の絶望した顏が並んで載っていたからだ。 小池百合子は「党推薦がなくても立候補」という見出し。「パラシュートなしで立候補」「崖から飛び降りる覚悟」だと。いったい、崖って何のこっちゃねん。コソ泥の舛添がトンズラした後の都政が断崖絶壁に迫っているとでもいうのか。そんなに都の財政は窮迫していない。税収入は豊潤だ。使い方をごまかして贅沢してきた役人…

余裕のほほ笑み

混迷の都知事選 小池百合子氏“先出しジャンケン”で高笑い


5日、小池百合子元防衛相は自民党都連会長の石原伸晃経再相と20分ほど会談し、正式に推薦願を提出。石原氏は受理したものの、結論を参院選後に先送りした。都議団が岩手県知事も務めた増田寛也元総務相の擁立にこだわっているからだ。 「“小池嫌い”の都議団は、扱いやすい増田さんに白羽の矢を立てたのですが、増田さんは知名度も人気も小池百合子と勝負にならない。この週末の世論調査で最も支持された人を“恨みっこなし…

小泉元首相が仕掛けたのか

小池百合子氏の電撃出馬に見え隠れする“小泉元首相の影”


7月31日投開票の東京都知事選に、29日、突如出馬表明した小池百合子元防衛相(63)。寝耳に水だった自民党は大混乱。萩生田光一官房副長官(52)は「これはテロだ」と語気を強め、安倍首相も激怒しているという。突然の“小池氏出馬”の背後には、小泉純一郎元首相(74)の影が見え隠れする。 ■櫻井翔パパ潰しを狙った 「小池さんは、2012年9月の総裁選で石破茂さんを支持してから、安倍政権では冷遇されっぱ…

汚れた魂胆

有権者は唖然だ 小池百合子都知事と自民党の呉越同舟選挙


東京・池袋駅西口で第一声を上げた若狭勝候補(59)の応援に駆け付けた小池百合子都知事の隣にいかつい顔が並んでいた。 小池とは都知事選で激突した自民党から二階俊博幹事長、下村博文都連会長らが応援演説に立ったのである。 自民党都連が都知事選で小池を応援した区議7人に離党勧告を出すなど、小池サイドと自民党側には火種がくすぶっていたはず。ところが、下村は「都知事選のしがらみは早く払拭する必要がある」と演…

上昇志向の塊

築地移転は権力闘争 政界風見鶏・小池百合子のしたたかさ


小池百合子東京都知事が築地市場の豊洲への移転を延期したことについて、世論の評価は上々のようだ。JNNが2、3日に行った世論調査では、移転延期を「評価する」と答えた人が63%、「評価しない」はわずか18%だった。小池の都政運営についても「評価する」が62%で、都民に限れば「評価する」が71%に達した。 冷静に考えれば、ただ「延期」しただけで、中止を決めたわけではないし、最終的に豊洲移転を認めるのな…

大阪都構想もマヤカシだった

劇場型ケンカ政治の末路は? 小池百合子と橋下徹の共通項


東京都の小池百合子知事が立ち上げる「都政改革本部」のことだ。小池は12日の定例会見で、改革本部の顧問に就任予定のメンバーを発表。橋下徹前大阪市長の政策ブレーンを務めてきた慶大教授の上山信一氏や、政府調達に詳しい弁護士の加毛修氏ら5人で、9月から“改革”に着手するという。 小池は「都政改革本部が扱う問題は、都の業務や予算など都政に関わる全て」と言い、情報公開のあり方や東京五輪・パラリンピックの予算…

None

あの健坊がお金を貸すことがある!? いや、2月の東京新聞杯で取り損なった分を返してもらうだけだそうだが……


留公が小池百合子で4万円。 大西が増田寛也に4万円。 単騎の留公か大西が勝てば8万円の儲け。 健坊たちが勝つと2万6000円ずつで2000円余る計算だ。 「蓮舫が3連休の間に鳥越の応援に駆けつけたらしいが……民進党や共産党の女性議員の応援じゃ“華”がねえ……」 ムード的に小池百合子が1馬身ほど先行してるって感じているのか、小さな賭けだがヤキモキしてる健坊。 「しかも、鳥越は週刊文春に女性がらみ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事