日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木孝之特集

社長に復帰した亀井氏(左)とイトーヨーカ堂

【イトーヨーカ堂】元社長の復帰で露呈した人材不足


ここが最大の問題でしょう」(流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏) ヨーカ堂の業績は低迷から抜け切れていない。今期(16年2月期)の第3四半期(15年3~11月)は営業利益ベースで144億円の赤字だった。前年同期(約25億円の赤字)より悪化した。通期では、10億円の黒字予想だが、前期比では約46%減となる。 「GMS事業は時代遅れのビジネスモデルになってしまった。ヨーカ堂のライ…

課題が山積

トップ人事は決着も…セブン&アイ井阪新体制が抱える難題


経営陣が代わっても、売る側に立った考え方は変わっていません」(流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏) 鈴木前会長が強力に進めたオムニチャネル。そごう・西武やイトーヨーカ堂などグループ各社の扱う商品をネットで注文でき、自宅近くのセブン―イレブンで受け取ることもできるサービスだが、現状は軌道に乗っているとは言い難い。 井阪社長は総会後の会見でオムニチャネルについて、「絶対にやり遂げ…

ファーストリテイリングの柳井社長

「オールドネイビー」日本撤退 “漁夫の利”でGUに追い風か


ユニクロより低価格で、現在は勢いもあります」(流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏) ■オールドネイビーの顧客獲得に本腰か ジーユーは日本国内に314店舗(15年8月末)ある。15年8月期(通期)のジーユー事業の営業利益は164億円で前期比2・7倍に膨れ上がった。ファーストリテイリングの“優等生”といえそうなブランドに育っている。 「主力事業のユニクロの低迷が伝わるだけに、ジー…

ヘッドの可動域が左右にも広がった「ジレット プログライド フレックスボール」

業界地図を変えてきた“史上初”の機能 次なる注目は「髭剃り」


髭剃りに対するユーザーの志向がガラリと変わる可能性を秘めています」(流通アナリスト・鈴木孝之氏) 髭剃り選びの新たな選択肢にもなりそうだ。…

ただ「100円」では新鮮味がない時代に/(C)日刊ゲンダイ

「100円ローソン」260店閉鎖 競合他社の“特色”に押され


流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表・鈴木孝之氏が言う。 「イオングループの小型スーパー『まいばすけっと』は、100円より安い商品を置いていますが、グループ全体で共同仕入れ、商品開発を行っているため、仕入れ価格を抑えられ、利幅が取れる。店長ひとりで複数店舗を束ねることで、人件費も抑えています。他店よりアイテム数が多いのも特徴です。『マルエツプチ』は、都市生活者のニーズをくんで、輸入品など上…

高給取りが過去最高/(C)日刊ゲンダイ

キヤノンにユニクロは? 本当の「高額役員報酬」トップ30


自動車電装品で知られるユーシンの田邊耕二社長や、ドラッグストアを展開するウエルシアHDの鈴木孝之元会長もトップ30入りしている。 ファーストリテイリングの柳井正社長や、ベネッセHDのトップに転身した原田泳幸日本マクドナルド元会長など有名経営者も高額報酬組だ(別表参照)。 ■孫社長は株配当で92億円 「ローソンからサントリーHD社長になる新浪剛史氏は1億9500万円の報酬でしたが、ローソンは2月決…

ドコモは6月に新料金プランがスタート/(C)日刊ゲンダイ

増税後価格下落もさらに安くなる? GWの「買い」と「待ち」


「増税後の販売落ち込みをGWで埋めたい量販店が、旧モデルを激安にする可能性があります」(流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表・鈴木孝之氏) ■新車は思わぬ値引きがあるかも 販売落ち込みが深刻なのが自動車だ。「ディーラーは、客足が戻るのは国産メーカーから注目の新モデルが続々出るボーナス時期の6、7月だろうと諦めムードです。逆にいえば、今なら思わぬ値引きの可能性もあります」(自動車ライター・…

(C)日刊ゲンダイ

消費税8%でも…これから「値下がり」「値崩れ」商品リスト


期間限定のプロモーションで安くしたり、こだわりの商品も出てくるでしょう」(流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表・鈴木孝之氏) 国際価格や為替の影響を受ける輸入製品にも注目したい。例えば小麦は世界的に豊作の見通しで、先物価格が下落している。小麦粉やパスタは昨年、値が上がり過ぎたこともあり、早ければ夏にも値下げがある。 住宅や車もこれから。住宅ローン減税は、4月からこれまでの倍の最大400万円…

(C)日刊ゲンダイ

消費税増税まで3週間 「買っていいもの」「ダメなもの」


流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之氏は「下着やワイシャツも2~3セットはあるといい。値崩れや型落ちが少ない家電も、3月中の方がいいですね。洗濯機や冷蔵庫の買い替えを考えているのなら、今月中に済ませるべきです」。 高級ブランド品や時計も値崩れがない。アウトレットで売らないブランドであれば今のうちだ。バーゲンがない墓石も同じである。 テレビやパソコン、エアコンなど春と秋にモデルチ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事