日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

横田慎太郎特集

高卒3年目外野手・横田を大抜擢した阪神・金本監督

金本監督が絶賛 阪神キャンプ見どころは横田慎太郎の覚醒


「糸井(オリックス)や柳田(ソフトバンク)のような選手になってほしい」 阪神の金本監督がこう言って期待するのは、高卒3年目の外野手・横田慎太郎(20)。22日にキャンプの一、二軍メンバーを発表し、横田のプロ初の一軍帯同が決まった。 阪神のキャンプは、この横田の育成が最大の見どころになる。過去2年間は一軍出場がなく、二軍でも2年間で通算15本塁打。それでもチーム内では走攻守で潜在能力を高く評価され…

広島・新井の219併殺打は歴代17位(現役最多)

最多敗戦投手は? 2016年「裏タイトルホルダー」徹底予想


それも外野の新戦力仲間の横田慎太郎と最後まで競っての受賞である。パはロッテの高卒3年目右腕、二木康太と見る。…

None

課題の打撃克服 虎・横田“OP戦首位打者”で開幕スタメンへ


阪神の横田慎太郎(20)が18日の中日戦で3安打を放ち、オープン戦の打率を4割3分2厘まで上げて、12球団のトップに立った。 186センチ・92キロの大柄外野手は、50メートルを6秒1で走る俊足と強肩が武器だ。「パワーはあるがミートが下手」(OB)な打撃が課題だったが、ここにきて急成長している。 阪神の外野は、右翼の福留以外は未定だった。残り2枠は、中堅に横田、左翼はやはりオープン戦で3割を打…

高山をめぐり複雑な関係?

“超変革”求めるがゆえ…金本阪神に燻ぶる「3つの火種」


高卒3年目の横田慎太郎(20)、大卒2年目の江越大賀(22)、大卒3年目の陽川尚将(24)らがアピールを続け、ドラフト1位の高山俊(22=明大)もキャンプ終盤に一軍昇格して結果を残した。 育成に尽力したのは誰より金本監督だった。連日、選手をつかまえては手取り足取りの密着指導。12日には、陽川に対する下半身の使い方やバットの出し方についての教えが、実に1時間半に及んだ。 こうして「金本チルドレン」…

今季に復帰かける阪神・藤川

直球手元で伸びた 阪神・藤川4年ぶり復帰登板は上々の出来


若手成長株で3年目の横田慎太郎(20)を高め速球で空振り三振に打ち取ったかと思えば、他の打者を内野フライに仕留めるシーンも。他球団のスコアラーもこう言った。 「空振りやポップフライが目立ったのは、それだけ回転のいいストレートを投げているから。決め球がフォークだけに、なおさら逆の変化、手元で伸びるように見えるストレートは効果的です。トミー・ジョン手術から2年半が経過し、右肘の不安もなくなったのでし…

熱血指導で選手を鼓舞する金本監督

横田にはダメ出し…指揮官の熱血指導に虎ナインの迷走心配


阪神の金本知憲監督(47)が、初日の江越大賀(22)に続き、この日はプロ3年目の横田慎太郎(20)を直接指導した。フリー打撃だけでなく、全体練習後の個別練習でも、身ぶり手ぶりを交えながら約1時間。「弓を引く感じがまったくできていない」とダメ出しされた横田は、一心不乱にバットを振った。 「言われたからには、真剣に取り組んでいかないと打てない」(横田) 横田は昨季二軍で103試合に出場し、打率.2…

「褒めてのせる」指導で育成できるか

期待の即戦力を初視察の掛布二軍監督 ドラ1高山に熱視線


阪神には新人だけでなく、高卒3年目を迎える横田慎太郎をはじめ、飛躍が期待される若手がいるにはいる。 しかし、近年は生え抜きの若手がなかなかモノにならない。昨年の新人を見ても、1位・横山、2位・石崎が揃って0勝。3位・江越も56試合で打率.214、5本塁打、16打点に終わった。 このオフは、FA補強を封印しており、育成は急務となっている。二軍からどれだけの選手を一軍に押し上げることができるか。掛布…

「直接指導」の効果はいかに

横田と植田を熱血指導 虎金本監督“大化け”育成計画の本気度


7日には二軍を視察するため鳴尾浜へ飛び、来季3年目を迎える高卒外野手の横田慎太郎(20)を直接指導すると、「振る力と飛距離を持っている。5、6年かけて3割40本の選手にするつもりで育てたい」と育成プランを語った。 186センチ、85キロの横田は今季、二軍で103試合に出場し、打率・213、9本塁打、36打点。当たれば外野の頭を軽々と越す。一方でボールの見極めが甘く、変化球にもろい。 ある阪神OB…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事