日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

仲里依特集

主演の水野美紀(左)と仲里依紗

水野美紀、仲里依紗、田畑智子…NHKドラマが描く“女の業”


同作は刑務所を出所した女が自分を裏切った親友(田畑智子)を探す旅の中で、殺人を犯した銀髪女(仲里依紗)と出会ったことで逃避行に変わっていくサスペンス・ロードムービー。長崎・佐世保を皮切りに1都8県を転々としていくが、演出の黒崎博氏が「女2人が温かな光あふれる情景の中を逃げる様子を描きたかった」と話すように、情緒あるロケーションも見どころのひとつだ。 初回の試写を見る限り、2回目以降の展開が気に…

「うらやましい」の声も…

18歳下と肉フェスで…浅野忠信の“熱愛アピール写真”が話題


2009年に歌手・Chara(47)と離婚して以降、ハーフモデルのダイアナ千秋(27)、女優の仲里依紗(25)、モデルの麻宮彩希(21)らと一回り以上も年下のモデルや女優たちと、途切れることなく浮名を流してきた浅野。歴代の相手は正統派美人と言うよりも、元妻・Charaの面影を感じさせるエキゾチックな顔立ちの女性が多く、浅野の“好みのブレなさ”が話題となった。 SNSでの熱愛アピールは今回だけに…

これまでとは異なる金田一耕助を好演

長谷川博己が「獄門島」で創り出した新たな金田一耕助像


最後まで鬱屈を抱えた金田一だが、戦友のいとこの妹・早苗(仲里依紗)に思いを寄せる。「一緒に島を出ませんか」と一種の告白をし、静かに断られる。せつなく、そして美しい場面だった。制作陣が目指したのは、戦争と敗戦を重低音とした原作世界への回帰であり、新たな金田一像の創出だ。長谷川博己は見事にその重責を果たした。次回作があるとすれば、「悪魔が来りて笛を吹く」か。ぜひ見てみたい。…

事務所の先輩にも劣らぬ活躍ぶり

演技力で評価急騰 吉本実憂は剛力彩芽&武井咲に続けるか


同ドラマはこれまで何度も映画・ドラマ化され、原田知世、仲里依紗、南野陽子、内田有紀、安倍なつみなど、そうそうたるアイドルが出演してきたスター登竜門。 「美少女なだけでなく、演技もできると、吉本の評価は高まっている。主役ではありませんが、未来から来た女性研究員という原作にない重要な役柄に起用されるのは、製作側がどうしてもこのドラマに吉本を出したかったからだと思われます」(テレビ局関係者) 実際、吉…

裏番組は死屍累々

米倉には勝てない…「ドクターX」復活で他局は厭戦ムード


もちろん他局の「木9枠」は“死屍累々”で、12年にTBSが放送した「レジデント」(仲里依紗主演)は平均6.62%。翌年、同じくTBSが放送した「夫のカノジョ」(川口春奈主演)は3.87%で、14年は「MOZU2」を11月まで、それ以降は「ママとパパが生きる理由。」を放送するという変則体制をとってみたが、いずれも6%台の数字で、TBSはついに「木9ドラマ」枠を廃止してしまったほどだ。 いずれにし…

幸せいっぱい!のはずだが…

早乙女太一と離婚危機? 西山茉希の暗いツイートに心配の声


仲里依紗は俳優・浅野忠信と破局した12年当時、感情の浮き沈みが激しいツイートが目立ち始め、「ちょっと病んでいる?」と噂された。しかし、俳優・中尾明慶とのデキ婚後は以前のように笑顔を見せた写真を載せている。 周囲の反対を押し切って早乙女太一と結婚し、「私達の選択した道をしっかり進んでいく」とマスコミに力強く報告した西山だが、最近はテレビで「早乙女が育児を手伝ってくれない」とボヤくことも……。 モ…

中尾明慶、田口浩正、佐藤仁美/(C)日刊ゲンダイ

佐藤仁美にプレゼント贈るなら…喜ばせるのは「花束より現金」


共演した仲里依紗(25)の夫で俳優の中尾明慶(26)が、妻へのプレゼント談議について語った際には、女の“本音”をこう言い切った。 「花束を贈ってすべての女性が喜ぶとは限らないですからね。本当にうれしいのは現金です!」 結婚しない(できない?)理由が垣間見えたような……。…

交際を認めた竹野内豊と倉科カナ、結婚を発表した向井理と国仲涼子/(C)日刊ゲンダイ

大物カップル続々も…芸能人が「豪華披露宴」をやらない理由


ここ1、2年では仲里依紗(25)・中尾明慶(26)、堺雅人(41)・菅野美穂(37)、上戸彩(29)・EXILEのHIRO(45)、小栗旬(31)・山田優(30)と、まさに立て続けだ。 ところが、テレビ局と芸能プロダクションからは嘆き節が聞こえてくるという。なぜなら、かつてなら結婚情報とセットでくっついてきた豪華な挙式と披露宴だが、最近ではそんな派手な話が皆無に近いんだとか。 「披露宴を中継すれ…

64歳になったばかり/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「昨夜のカレー 明日のパン」で鹿賀丈史が見せた新境地


嫁を演じるのが、主演の仲里依紗(24)。一見、若者向けだが、実はショボくれた義父の鹿賀丈史(64)がいい。 鹿賀といえば中年には松田優作と強盗を演じた映画「野獣死すべし」や「振り返れば奴がいる」(フジテレビ系)などハードボイルドなイメージなのに、本作では出て行かない嫁に気を使う冴えない初老の親父役。食事中に、出て行く、行かないの話になり、テツコから「私が(お義父さんを)みとるから。それが一樹(死…

におい立つ男の色気/(C)日刊ゲンダイ

“年下女性”も芸の肥やし…浅野忠信が突き進む「名優」への道


■ハーフモデル、仲里衣紗、女子大生… まず、離婚から半年足らずでハーフモデルのダイアナチアキ(26)とのデート現場を報じられ、続いて、ダイアナと同郷の幼なじみという仲里依紗(24)との交際が発覚。街中や駅などで人目もはばからずキスしまくる姿が“フライデー”された。しかし、ビッグカップルと注目されたが約10カ月で破局……。その後もモデルの麻宮彩希(20)、この6月には、現役女子大生モデルの中田ク…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事