日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中麗奈特集

清純派の仮面を脱ぐしかない?/(C)日刊ゲンダイ

香里奈ベッド写真流出で…田中麗奈“不倫ドラマ”主演の舞台裏


田中麗奈(34)主演の「美しき罠~残花繚乱~」(TBS系、木曜21時)は、視聴意欲の全く湧かないドラマというのが前評判だった。8日の初回視聴率6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という結果も無理はない。深夜帯を除く1月期クールで暫定ワースト1の出足も仕方がないように見えるが、このドラマ、実はその内容も舞台裏もかなり面白いという。 田中といえば、「初代なっちゃん」。清涼飲料水のCMでブレークしたの…

田中麗奈(左)と深田恭子

恋愛ドラマ需要なし? 田中麗奈vs.深田恭子でも低レベル


新ドラマが始まった今週、年齢の近い主演女優がぶつかった火曜夜10時の深田恭子(33)と田中麗奈(35)は、どちらが勝つか? 女優の良しあしはドラマの中身(脚本)に左右されるが、この2つ、まったくの真逆だ。深田の「ダメな私に恋してください」(TBS系)は能天気なラブコメで、タイトルも中身もあまりに時代遅れ! 舞台は都会で、深田は「命懸けで恋をつかもうとしたら、本当に命を落としそうになってしまいまし…

35歳も「劣化していない」と大反響

大河「花燃ゆ」第3部で存在感 田中麗奈はいまや時代劇名脇役


舞台は萩藩の「奥」に移ったが、女だらけのシーンが増えた第3部(今回の大河は3カ月ごとに展開が変わる4部構成らしい)から登場している田中麗奈がいい。 主人公(井上真央)の名前が文から“美和”になって奥に入り姫に仕えたため、面白くなるかは銀姫役の麗奈にかかっていた。 最初は美和に対し、「私はおまえが嫌いじゃ」とか「面白い、われのその働き、とくと見せてもらおう」とワガママでイジワルな姫を単純に演じてい…

ドラマで好演しているが/(C)日刊ゲンダイ

「美しき罠」視聴率5%割れ…“脱ぎ損”に終わりそうな田中麗奈


そんな中、頑張っているのが「美しき罠」の田中麗奈。夫の青柳を相手にキスや下着姿でのベッドシーンを“熱演”している。 ところが、男女2組のドロドロ恋愛、不倫劇を売りにしているこのドラマ、絶望的な低空飛行をしている。初回6.0%で5回目の5日には5%を切り、4.6%までダウンしてしまった。今のところプライム帯(19~23時)の連ドラでは最下位。平均6%台の堀北真希「まっしろ」(TBS系)とバトル中だ…

究極の関西弁ハーフ

今田耕司の新相棒に 中条あやみ“究極美少女”のアキレス腱


『意外な一面』として見せていくのはバランスが難しいですが、美少女イメージをうまく崩せたら、女優として仕事の幅も広がると思います」(アイドル評論家の北川昌弘氏) 所属事務所は田中麗奈などが在籍する「テンカラット」。同事務所は稼ぎ頭だった香里奈がスキャンダル写真流出で仕事が激減。中条には、その穴埋めも期待されているようだ。…

ファンも憧れるミポリンの恋愛至上主義

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ


芸能界の注目度は高く、ロビーには岩井俊二、田中麗奈など中山宛てだけで20を超える祝花が。また、平日にもかかわらず男性客よりも中山と同世代とおぼしき女性を中心に多くのファンが詰めかけ、会場は超満員。通路に補助席をつくって観劇する客もいた。 いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(44)が安定した芝居を繰り広げる中、スーツケースを引いた中山が登場。途中、セリフを噛んだりアカペ…

「ドラマのTBS」が今や…

木9枠も終了…専門家が分析する「ドラマのTBS」衰退理由


今クールの大島優子(26)主演「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます」、その前の田中麗奈(35)主演「美しき罠~残花繚乱~」ともに平均視聴率が6%台と、及第点とされる2ケタには遠く及ばず。平均視聴率が3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と民放連続ドラマで今世紀最低記録を更新してしまった川口春奈(20)主演の「夫のカノジョ」(13年10月期)以降、お客が戻ってきていないのである。 “木9”は71年1…

映画「王妃の館」完成披露イベントに登場した水谷豊

美女に囲まれご満悦の水谷豊 「パリの休日」で“充電”明かす


共演者の安達祐実(33)、田中麗奈(34)、吹石一恵(32)に囲まれ、「3人の女性といっぺんに結婚したような気になりました」と、ご満悦な表情を見せていた。 浅田次郎の同名小説が原作。パリの一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、水谷演じる天才小説家・北白川右京と個性的なツアー客によるドタバタの人間模様を描く。3週間に及ぶパリでの撮影を行い、カネ以上に手間暇かけた作品。という…

 「まっしろ」プロデューサーは真っ青?(C)日刊ゲンダイ

「まっしろ」など5作が一ケタ…“ドラマのTBS”瀕死の重体


谷原章介主演「警部補 杉山真太郎 吉祥寺署事件ファイル」(月曜20時)、堀北真希主演「まっしろ」(火曜22時)、田中麗奈主演「美しき罠~残花繚乱~」(木曜21時)、生田斗真・小栗旬主演「ウロボロス この愛こそ、正義。」(金曜22時)、西島秀俊・香川照之主演「流星ワゴン」(日曜21時)が全てシングル視聴率を叩き出したこと。このテレビ史に刻まれること必至の大惨事にスポンサーはカンカンだ。 「間に入っ…

大森南朋主演ドラマ「LINK」から

西島秀俊「ダブルフェイス」が受賞 WOWOWドラマなぜ面白い?


元警察官で次期首相候補のボディーガードをする主人公、警護される政治家(武田鉄矢)、内部告発によって左遷された女性検事(黒木瞳)、信用金庫の職員(田中麗奈)、IT企業の社長(綾野剛)など8人の人生がさまざまな事件や行動をきっかけに次々と連鎖していく。チープな種明かしモノとは一線を画す見応えのある内容だ。演技派、個性派の役者たちが思う存分に見せ場をつくっている。 次回27日放送は第4話。HPの相関図…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事