日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坂井聖人特集

銀メダルを手にする坂井聖人(右)、中央は金メダルのフェルプス

ラスト50mで一気加速 坂井聖人“反骨心”が生んだ銀メダル


リオ五輪競泳の男子200メートルバタフライ決勝は9日(日本時間10日午前)に行われ、坂井聖人(21=早稲田大3年)が1分53秒40で銀メダルを獲得。優勝は1分53秒36をマークした「水の怪物」マイケル・フェルプス(31=米国)で、400メートル個人メドレー銅に続く2個目のメダル取りが有力視された同じ早大の瀬戸大也(22)は、1分54秒82で5位に終わった。 スターターのタイミングが合わず、スタ…

「師匠」から「社長」へ

実業家・北島康介が狙う 五輪アスリート界に“王国”の樹立


来年3月に東洋大を卒業する萩野と同様、企業に属していない学生は狙い目で、リオの代表選手でいえば、早大に在学中の坂井聖人(21)、瀬戸大也(22)、渡部香生子(19)らの競泳選手がそうだ。 今回の萩野とのマネジメント契約は競技以外の活動を請け負うもので、スポンサーからの契約金やテレビ出演料など、金額的には一番オイシイところを担当することになる。 柔道の野村でいえば「ひるおび!」(TBS系)レギュラ…

レース後、悔しそうな表情を見せる萩野

競泳・萩野公介が200mで失速7位 2個目のメダル獲得ならず


男子200メートルバタフライ準決勝は瀬戸大也(22)が1分55秒28、坂井聖人(21=ともに早稲田大)が1分55秒32で決勝進出。 女子200メートル個人メドレー準決勝は寺村美穂(21=日大)が2分11秒03、今井月(15=豊川高)が2分12秒53でともに敗退した。 ▽萩野の話「自分の実力を出し切るだけだったが、それができなかった」…

金メダルが期待される瀬戸大也

競泳の瀬戸大也 “水の怪物”フェルプスに引導を渡せるか


日本代表の瀬戸大也(1分54秒14)や坂井聖人(1分54秒21)には及ばない。 金メダル候補の瀬戸は、かつての水の怪物に引導を渡せるか。…

None

期待の瀬戸も予選落ち…日本男子競泳陣はリオ五輪ピンチ


同種目の坂井聖人(20)は1分54秒24で4位だった。 前日の100メートル背泳ぎで入江陵介が6位に終わるなど不甲斐ない男子とは対照的に女子は好調だ。この日は200メートルバタフライでロンドン五輪銅メダリストの星奈津美(24)が2分6秒36の1位で決勝進出。200メートル個人メドレー銀メダルの渡部香生子(18)に続く表彰台が見えてきた。 日本競泳陣は「センターポールに日の丸を」をスローガンにメダ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事