日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

村田真一特集

村田氏は巨人コーチで13年目

貧打巨人V逸の戦犯に…村田HCは今年こそ“男気退任”必至


となると、責任は昨年まで主に打撃を指導し、男気あふれる性格の村田真ヘッドコーチが取りそうです」 村田真一ヘッドコーチ(52)は今季、高橋監督の傍らに立ち続けた。作戦面も担当し、「最終的に決めるのは監督やけど、これもある、あれもある、って隣でアドバイスはしとる」と話していた。そんなヘッドコーチをベンチで見ていたナインには「一番いい人なんだけど、作戦担当は向いてないよ」と陰口を叩かれた。 ■昨オフは…

手堅さを印象付けた捕手への犠打

開幕から1カ月 プロ野球新監督6人の「通信簿」


【采配】常に隣に寄り添い、コミュニケーションを取る村田真一ヘッドコーチが「手堅い野球をする」と例に挙げたのが、4月13日のヤクルト戦。2-0で迎えた四回無死二塁で8番の小林誠に犠打をさせた場面だ。 「2点リードしていたし、次は投手の菅野。(サインは)『右打ち』でもいいわけやろ。それでも送らせたのは、菅野が倒れて2死になっても監督の(1番)立岡への信頼度が高かったこと。それと走者を三塁に進めておけ…

長嶋終身名誉監督からメッセージ入りボールを受け取る

巨人高橋由伸新監督はミスターの失敗を糧にすべし


それを防げるかどうかは、村田真一ヘッドコーチの手腕にかかっている。当時の長嶋監督はまだ39歳と若く、他人の言うことには耳を貸さなかった。その点、高橋監督はそこまで意固地にはならないだろう。 村田ヘッドの責任は、おそらく本人が思っている以上に重いものになる。…

高橋新監督を支えられるか?

辞任示唆がまさかの“昇格” 巨人村田ヘッドが語る翻意の真相


チーム打率がリーグ最低に沈んだ今季、攻撃部門のチーフ格にあたる「総合担当」として、批判の矢面に立たされた村田真一コーチ(51)。本人も責任を痛感し、一度は退任を示唆したが、フタを開けてみれば、新たに就任した高橋由伸監督(40)のもと、なんとナンバー2の「ヘッドコーチ」におさまったものだから、チーム内でも首をかしげる人間が少なくない。経験の浅い新監督を支える参謀役になった同コーチを直撃して話を聞い…

高橋新監督(右から2人目)の心中は…

辞任示唆コーチが一転昇格…早くも巨人で囁かれる“原院政”


不可解なのは、CS敗退後に辞任を示唆していた村田真一総合コーチ(51)が、辞めるどころかヘッドコーチに昇格したことである。 14年は打撃コーチ、今季は打撃部門の責任者でもある総合コーチを務めた。貧打は昨季から続いており、巨人周辺では「担当コーチの責任は重い」との声が多く聞かれた。実際、清水打撃コーチは責任を負う形で退団。だから村田コーチ本人も辞任を示唆していたのだ。 球団関係者によると、幹部も引…

スーツ姿で訓示した高橋監督

原野球の継承拒絶 由伸巨人のキーマンに「現主力」指名の思惑


異例なのは「総合」の肩書から、なぜか「ヘッド」に昇格した村田真一コーチ。打撃部門の責任者で、昨季から続く貧打の“戦犯”ともいわれていた。CS敗退後に引責辞任を示唆、秋季練習の第1クールも参加していなかった。それがこの日から指導を開始。一体、何があったのか。そこには一度は固辞しながら、来年1月1日付で「球団特別顧問」に納まることが決まった前監督の影があった。…

村田コーチ(左)と筆者

敵のコーチに「勘弁して。監督にめちゃくちゃ怒られたんだから」と懇願された


「おまえ、なにしとんじゃ!」 怒声の主は現巨人総合コーチの村田真一さんです。顔は笑っていましたが、半分は本気だったと思います。 高校2年の春、甲子園で二塁走者を「隠し球」でアウトにし、「高校生らしくない」と批判の集中砲火を浴びた僕は、プロでも2度、この奇策を成功させました。長嶋監督が命名してくれた「クセ者」のゆえんですが、実は味方の先輩選手もこれに引っかけたことがあります。それが、村田さんでした…

None

阿部慎之助は頭からタオルをかぶり顔を隠して泣いていた


歓喜に沸く中で特に「日本一球団の正捕手や」と喜んだ村田真一さんの誇らしげな表情が印象的でしたが、その村田さんが新人捕手に開幕スタメンの座を奪われたのです。 正直、慎之助に対する風当たりは弱くはありませんでした。入団当初からその打撃には目を見張るセンスとパワーがあったものの、捕手は特殊なポジションです。経験が配球の妙となり、実績が投手陣からの信頼に直結する。当然ですが、新人の慎之助にはまだそれがあ…

阿部を指導する村田コーチ(右は斎藤コーチ)

貧打と救援陣崩壊の巨人 早くも問われる「投打コーチ」の責任


オーナーの不満もそこに向けられたものだともっぱらだが、打撃部門の責任者は昨季の「打撃」から「総合」に昇格した村田真一コーチ(51)である。某選手がこう言う。 「村田さんは原監督との間に入って選手をフォローしたり、緩衝材の役割じゃないですか。打撃指導? 『軸回転で打て』ですね。基本的にはいつでも誰にでもこれ。監督の理論ですけど。でも、一番いい人なんですよね」 コーチは人柄で評価される仕事ではない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事