日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

前田智徳 特集

前田 智徳(まえだ とものり) 1971年6月14日熊本県生まれ。プロ野球・広島東洋カープに所属していた元野球選手。1989年、ドラフト4位で同球団入り。1992年と93年にはシーズン全試合に出場。2006年にキャプテン就任。09年にはプロ入り初の1軍出場ゼロを経験し、10年には主に代打で1軍出場。13年4月23日、神宮球場で行われた対ヤクルト戦で、代打で出場した際に左手首に投球を受け途中交代。「左尺骨骨折」と診断され、その後はリハビリに励むが、9月27日にマツダスタジアムで記者会見を行い、現役引退を発表。
監督を支える参謀が…

中日・落合GM「巨人入り」説も 由伸監督の参謀役に待望論

8年も監督をやった落合が受諾するかは別として、作戦を含めたチームを勝たせる実務力が、今の巨人の首脳陣に最も求められている能力だからね」 落合GMは自著で「メジャーで通用するのは、高橋由伸、イチロー、前田智徳」と語っている。巨人では入れ違いで一緒にプレーしたことはないものの、自身も現役時代は天才といわれた落合GMが、打撃技術を認めた数少ない選手。それが高橋監督なのだ。…

再びマウンドに戻ってきた黒田だが…

球団本部長らに聞く 広島「黒田監督誕生」は14年先?

「この日、テレビ解説を務めた野球解説者の前田智徳さん(45)と佐々岡真司二軍投手コーチ(49)のOB2人が、いずれ監督になると球団内では見られている。一人が最長5年としたら2人で10年。緒方監督の3年を足すと、黒田監督の誕生はざっと14年後。そこまで先にはならなくても、5年以内はないですよ」 黒田はこの日、41歳8カ月で日本シリーズ初登板を果たし、1点リードの六回…

熊本復興支援イベントに登場したエスパー伊東

エスパー伊東、井手らっきょも “裸芸封印”で熊本復興支援

映画監督の行定勲(48)、元広島カープの前田智徳(45)、「茨城ゴールデンゴールズ」片岡安祐美(29)らが登場する中、服を着ているせいか、おとなしい2人が。ひとりは熊本市出身の井手らっきょ(56)。 「『絶対に脱ぐな』と言われてきたので、今日は服を着てきました」と笑わせるも、「まだ爪痕は残っていますが、町中に人が集まってきているので安心しています。元気や笑顔が熊本…

今年は集大成の年?

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

斎藤佑を背番号「1」にした日本ハムの絶妙なビジネス感覚

しかし、実際のところプロ野球の背番号1とは天下の王貞治を筆頭に、若松勉、秋山幸二、前田智徳など大打者がつけるケースが多く、そもそも投手は非常に少ない。しかも、大成した例もかつての近鉄の大エース・鈴木啓示くらいで、あとは投手時代の愛甲猛(元ロッテなど)や、高卒1年目で初登板ノーヒットノーランを成し遂げたものの、その後は目立った活躍ができなかった近藤真一(元中日)など…

黒田の勇姿は見納めなのか

200勝とカープ優勝が花道…黒田“今季限り引退”に現実味

これでチームが優勝を果たせば、おそらくユニホームを脱ぐという決断を下すとみています」 ■コーチや監督には興味なし それを見越した上で気の早い地元関係者の間では、「広島の監督人事は野村謙二郎、緒方孝市と来て、次は佐々岡真司、前田智徳が既定路線ともっぱらだが、歴代選手の中でトップ級の人気と実力を兼ね備えた男気エースの黒田が、近い将来、彼らをごぼう抜きして監督になっても誰…

広島OBの前田は1本足りず…で首位打者を逃した

巨人阿部は失策が安打に…“記録訂正”に泣いた名打者たち

彼らよりはるかに悔しい思いをしたのは、広島OBの前田智徳だ。98年には横浜(現DeNA)の鈴木尚典と激しい首位打者争いを演じ、最後の直接対決は監督の思惑などもあって両者欠場し、前田はヒット1本(1打数1安打)足りずに.3353、1厘2毛差で負けた。これにより.3365の鈴木は2年連続の首位打者となった。3度の三冠王に輝いた落合が「打撃の天才」といった前田はこのチャ…

「カープ一筋」28年/(C)日刊ゲンダイ

広島緒方新監督誕生 長嶋茂雄氏も振った28年の「カープ愛」

選手としての能力、人間性をそれほど高く評価していたのです」 人望の厚さは、前田智徳(43)との関係でもよく分かる。あの一言居士で一匹狼の天才打者が、緒方の引退試合で人目もはばからずに号泣。前田は現役時代から3歳年上の緒方の言うことだけは直立不動でよく聞いた。 09年に引退後、すぐに野手総合コーチとして指導者に転じ、今季はヘッド格としてチームをまとめた。広島一筋28年…

2月で40歳/(C)AP

「野村監督辞任」は広島からヤンキース黒田への“ラブコール”

が、その障害になっていたのが、実は野村監督と前田智徳の存在でした。自分にも厳しいが、他人にはもっと厳しいこの2人と、黒田は広島時代からウマが合わず、若手の頃に厳しく当たられたマイナスイメージが今も残っているのです。その前田智は13年限りで引退し、そして、野村監督の辞任も決まった。広島がCS終了まで野村監督の辞任発表を待たなかったのは、黒田がメジャー残留や引退を決断す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事