日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

渡英特集

2週連続優勝で賞金レーストップに躍り出た谷原

武藤の逆転負け 勝つには「上がり3ホール」が重要だった


谷原は全米オープン出場から帰国して国内3連戦を経て、また渡英ですから疲れも出てくるころでしょう。北海道の芝とは違った転がすゴルフに早く慣れるかが問われます。 ■国旗を背負って戦う意義 さてリオ五輪出場メンバーが決まります。女子は野村敏京と大山志保に決まりそうですが、出場権を逃した渡邉彩香も宮里美香も悔し涙を見せるなど、五輪への強い気持ちが伝わってきました。 その一方で男子は松山英樹の辞退発表から…

名手と呼ばれた故・杉原輝雄プロ

ゴルフも大相撲も


イギリスは身分社会だから、前にアメリカのプロであるウォルター・ヘイゲンが渡英してゴルフ場に行き、正面玄関から入ろうとしてトラブルになった。プロ・ゴルファーは横にある従業員専用から入れといわれた。ヘイゲンはどなった。 「このコースは皇太子のゲストにそういう扱いをするのか」 そのときプリンス・オブ・ウェールズ(皇太子の称号)が到着した。ウェールズ地方を領地にしている皇太子が、ヘイゲンがくると聞いてい…

長谷直美さん

長谷直美さん 大腸がん発覚後は“高速ウォーキング”で健康管理


その後は単身渡英。ロンドン大ギルド・ホール演劇部門などで学び、英国の俳優国家認定試験に合格。12年に帰国してから舞台やテレビ、ライブ活動などで多忙な毎日を送る。 「今は2月11日に幕開けの舞台の稽古に全力投球中なの」とほほ笑む。5月に還暦を迎えるとは思えない。年齢を感じさせない美貌と、数々の舞台やドラマ出演で培った存在感は今なお健在だ。 舞台とは、築地本願寺ブディストホールで行われる「悪い女はよ…

長谷直美さん

タレント・女優 長谷直美さん(58) 大腸がん


2011年に渡英、英国演劇学校に入学し、英国の俳優国家認定試験に合格。12年に帰国。15日に初のディナーショーを開催(チケットは完売)。…

None

荒天に翻弄され失速…全英18位の松山に「忍耐強さを」の声


今大会直前には米ツアー・ジョンディアCに勝ってから現地に乗り込んだのですが、本気でメジャー3連勝を狙うのなら早めに渡英してリンクスに慣れておくべきだったという厳しい声もあった。しかしジョンディアCはツアー出場資格がなかった2年前に主催者推薦をもらって初優勝した大会。その後スターダムにのし上がっただけに恩義があったのです。プロゴルファーであるまえに一人の人間として素晴らしい行動だと評価する声が多く…

武藤がJでプレーするのは6月まで

チェルシーがオファーの武藤 即レンタル濃厚もう一つの理由


6月27日のJ1前期最終17節・清水戦が終わるとすぐに渡英する」段取りになっている。 もっとも、武藤はチェルシーの本拠地ロンドンに向かい、新スポンサーの横浜ゴムのロゴの入ったユニホームを着て入団会見を行った後、オランダに向けて出発する。 「チェルシーには完全移籍で加入するが、実は英での労働許可証がおりない可能性が高い」とサッカージャーナリストが続ける。 「欧州の中で英ほどEU圏外からの移籍が難し…

軍人人生を突き進んだアブドラ国王/(C)AP

憎悪の連鎖で泥沼化 ヨルダン国王は根っからの「軍人気質」


4歳で渡英し、英オックスフォード大で国際問題を専攻した。81年には、第2次大戦を主導したチャーチル首相を輩出した「サンドハースト王立陸軍士官学校」を卒業。帰国後の94年、現地の治安担当の特殊部隊司令官に就任し、98年には少将に昇格と、トントン拍子で軍人人生を突き進んだ。 父親で前国王のフセイン1世は、90年のクウェート侵攻の際、軍事関与に反対する世論に従って、米国主導の多国籍軍に参加しなかった。…

今季4勝目を挙げて師匠・岡本綾子と抱き合う森田と横峯(右)/(C)日刊ゲンダイ

賞金女王争い 「横峯vs森田」280万円差の“人間模様”


全英女子オープンに初出場した時も、ダレも連れて行かずひとりで渡英した。それも岡本さんのアドバイスだったようで、誰にも頼らず、もっと世界をひとりで見てきなさいという教えだった。理香子はメンバーの中で一番控えめでおとなしい性格ですが、賞金女王をしっかり意識するようになってから、目の輝きが違ってきましたね」(関係者) 森田はこの日の前半は38と崩れた。パー5の9番では1打目をバンカーに入れ、リカバリー…

「葬送の庭(上・下)」タナ・フレンチ著、安藤由紀子訳


書き置きを読み、彼女がひとりで渡英したと考えていたフランクは、衝撃を受ける。やがてロージーと思われる遺体も見つかる。 数々の賞を受賞した「悪意の森」でデビューした著者のミステリー。 (集英社 各800円)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事