日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

梅沢富美男特集

異彩を放つ梅沢富美男

今やバラエティースター 梅沢富美男が引っ張りダコなワケ


かつて「下町の玉三郎」と呼ばれて大衆演劇のスターとなり、ヒット曲「夢芝居」で紅白歌合戦にも出場経験のある梅沢富美男(65)がその人だ。 何しろバラエティー出演本数が凄い。公式HPを見ただけでも「プレバト!!」「Momm!!」(TBS系)、「主治医が見つかる診療所」「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)、「バイキング」(フジテレビ系)、「ミヤネ屋」「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)、「5時に…

息ぴったり/(C)日刊ゲンダイ

ダイアモンドユカイ 梅沢富美男に“下ネタ”弟子入り志願


アルバムに収録されている梅沢富美男(63)の「夢芝居」を熱唱すると、梅沢本人がゲストとして登場した。 かぶき者をイメージしたアルバムジャケットに「おじいさんが能の先生をやってた。能のことは全然知らない、<オー、ノー(能)>みたいな」「衣装が<いいっしょ>」とダジャレをかましていたユカイだが、この日は梅沢の方が一枚上手だった。まずは「能の先生ってスケベなのよ。堅いことやってるヤツって下半身緩みっぱ…

吉田照美

キレのある発言 「今夜は寝れ9!!」は吉田照美の独壇場


梅沢富美男や田中康夫らは「吹石一恵と共演したことがあるが、めっちゃ奇麗で性格が男っぽい」などと福山・吹石の結婚話になってしまったが、吉田ならズバリ答えたはずだ。 吉田には断然、キレがある。…

あり余る上昇志向/(C)日刊ゲンダイ

キー局に強い野心 宮根誠司は「報道ステ」司会に色気丸出し


最近では梅沢富美男と言い合いになり「親指の頭みたいな顔」と無駄にキレていたが、「台本通りじゃねえの」とネットで指摘されるほど日常的にキレまくっている。 「台本通りというより、宮根のサービス精神ですよ。番組を面白くしたいという彼の情熱は半端ないものがある。これまで鳥人間コンテストに出場したり、東京マラソンを走ったりしたのも、彼のサービス精神と目立ちたがりの性格のたまもの。モー娘の矢口の復帰出演もそ…

「初の女性宰相」も消えた?/(C)日刊ゲンダイ

小渕経産相に裏金疑惑浮上 消えた「政治資金2640万円」


3年前は小林幸子、一昨年は梅沢富美男と中村玉緒、去年は石川さゆり、今年は天童よしみを迎えて芝居を観賞した。 この観劇会の参加料は「チケット、昼食代、バス代全て含めて1人1万2000円」と参加者の証言が紹介されている。しかし、政治資金収支報告書を見る限り、どうにもつじつまが合わないのだ。 「小渕優子後援会」と「自民党群馬県ふるさと振興支部」の2団体の収支報告書を見ると、2011年までの2年間に明治…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事