日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡本和特集

ノックをする小坂監督(左)と岡本

智弁学園・小坂監督に聞く 教え子・岡本和真の素顔と実力


もっか巨人で三塁のレギュラー取りを目指す2年目の岡本和真(19)の母校。教え子に関して小坂将商監督(38)に話を聞いた。 ■「パワーよりテクニック」 ――フリー打撃では逆方向の右翼席に次々とスタンドインさせ、巨人ナインを驚かせています。当時から右打ちは上手だったのですか。 「基本はセンター中心に飛ばせとは話していました。後は岡本自身のボールを飛ばす力でしょう」 ――高校通算73本塁打。やはり、パ…

センバツでは1試合2発を放った/(C)日刊ゲンダイ

智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」


15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。 ――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は? 「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、岡本のおばあちゃんが以前からの…

19日に仮契約をした岡本/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1岡本和真 本塁打1本「小遣い1万円」に祖父母悲鳴


プエルトリコで成長が期待される岡本だが…

海外武者修行の成否は選手の力量だけじゃない


プエルトリコでのウインターリーグ(WL)に参加するため、投手の高木勇人(27)、平良拳太郎(21)、内野手の岡本和真(20)が二軍の会田トレーニングコーチとともに出発したが、所属するチームでの出場機会は約束されていない。現役メジャーリーガーも参加する同WLのレベルは高く、首脳陣に実力を認められなければ、地球の裏側まで行って「ベンチを温めるだけ」という可能性もゼロではないのだ。 06年に初めてドミ…

外れの外れ1位で指名された吉川

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”


高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズが打撃好調なら、年俸2億400…

シーズン報告を行った高橋監督

若手育成と大補強…高橋監督に突きつけられた無理難題


だから、その象徴にすべく、ドラフト1位で入団し、2年目を迎えた岡本和真(20、)に春のキャンプからチャンスを与え、村田と正三塁手を競わせた。しかし、本人がそのチャンスをものにできず、一軍出場はたったの3試合。二軍では、イースタン・リーグトップの74打点、同2位の18本塁打を放つなど大器の片鱗を見せながら、「岡本には期待しているけど、ポジションを与えることはしない」との姿勢を崩さなかった。 常に…

岡本を使えばいいのに

2軍が2年連続V 巨人復活のカギは札束補強でなく若手育成


例えば、2年目野手の岡本和真(20)だ。ホームラン18本はリーグ2位。74打点は同トップだ。名門智弁学園時代は超高校級の右打者として通算73本塁打をマーク。類いまれなる長打力を買われ、4番候補としてドラフト1位で獲得した選手だ。プロ生活も2年目となり、二軍の投手ならポンポンと長打を放つ。 2年連続V逸の巨人は、課題の貧打をFAや助っ人補強で解消しようと、今オフも札束攻勢に出るのだろうが、先のな…

3安打3打点の大爆発

帳尻合わせは天下一品…巨人・村田“契約最終年”の大活躍


それが、若手成長株の岡本和真(20)を蹴落とすと、全119試合に出場して.302、18本塁打、58打点。クビのピンチを吹き飛ばすどころか、3億円の年俸も維持しそうな勢いである。 村田は11年オフに2年総額5億円で横浜から巨人にFA入団。移籍1年目はプロ入り最低の12本塁打に終わるなど、.252、58打点と期待を裏切ったが、契約が切れる2年目に.316、25本塁打、87打点と爆発して10億円の複…

4安打完封負けに爪をかむ高橋監督(左は村田ヘッド)

貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論


田代富雄コーチ(61)は自身と同じ右の強打者タイプで、球団期待の高卒2年目・岡本和真を密着指導。7本塁打、42打点で目下2冠王という好成績をアシストしている。 巨人はこの日、不振のギャレットに代わりアンダーソンが一軍に昇格した。1安打したものの3三振で起爆剤にはならず。チームとしても10三振を食らった。高橋監督は「打線が苦しんだ? そうですね。なかなかチャンスもつくれなかった」といつも通り淡々で…

怖さがないスイング

巨人岡本に必要なのは結果を度外視したスイングの迫力


巨人の岡本和真(19)が開幕を前に二軍行きを通告されたが、当然だと思う。打率.164、0本塁打、3打点というオープン戦の結果だけで言うのではない。キャンプで見たときから、私はガッカリしていたのだ。 とにかく、スイングにも打球にも迫力がない。いや、素質はあるに決まっている。なにしろ、奈良の智弁学園時代に高校通算73本塁打をマークしたスラッガーである。相手投手のレベルがどうであろうと、それだけの本塁…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事