日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

成島出特集

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(上)


この作品でメガホンを取ったのは成島出監督(53)。応募者1万人の中からオーディションで新進気鋭の役者33人を選び抜いた。中でも注目を集めているのが、原作の役名を芸名にして女優デビューを果たした藤野涼子(15)だ。 今回のオーディションでは、作品にひとつも出ていない子から、子役として活動し、14歳にしてベテランみたいな子までプロアマ問わず募集したんですが、涼子は演技経験がゼロ。本当に何もできない…

None

山本五十六(2011年 成島出監督)


(森田健司)…

吉永小百合(央)とは「ふしぎな岬の物語」で“共演”

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(下)


(おわり)…

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(中)


4月に高校生になった藤野涼子

「ソロモンの偽証」主演 藤野涼子が語った“撮影中の涙”のワケ


メガホンをとった成島出監督は、本紙のインタビューで「涼子は撮影中に何リットルも悔し涙を流していた」と明かしたが、その涙のわけとは――。 現場では毎日のように泣いていました。監督が求めることは分かるんですけど、それを自分がどう表現するのかがイマイチ分かっていなくて。演技経験がないので、表現するという段階まで踏み出せず、悔しくて泣いてしまうこともありました。監督の言葉は絶対なので、言い返したりはしま…

評論家も太鼓判の逸材

芸能プロが争奪戦? 15歳シンデレラガール藤野涼子の“前途”


同作の成島出監督は日刊ゲンダイ本紙のインタビューで、輝かしいデビューを飾り、脚光を浴びた10代前半の役者の将来性について危うさを説いた上で、「慌てずにゆっくりと成長してほしい」と語っていた。 人気が出た途端に仕事を集中させて“使い倒す”のではなく、藤野の才能の芽を潰してしまわぬよう周囲が見守りながら育てるスタイルを選んだとしたら新しい。“旬”の短いアイドルじゃなし。時間をかけるに値する逸材という…

大物の予感がする藤野涼子/(C)日刊ゲンダイ

役名でデビュー 「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子の将来性


「痛々しいぐらい純粋」(成島出監督)というが、今後、どう化けるか。…

モントリオール世界映画祭へ/(C)日刊ゲンダイ

映画賞にも影響!? 吉永小百合が惚れた「阿部寛の美裸体」


映画「ふしぎな岬の物語」(成島出監督、10月11日公開)の完成報告会見が16日、都内で行われ、主演の吉永小百合(69)、阿部寛(50)、竹内結子(34)、笑福亭鶴瓶(62)が出席した。 この映画は8月21日からカナダで開催される、「第38回モントリオール世界映画祭」のワールドコンペティション部門への出品が決定。会見で吉永は「向こうでしっかり作品をアピールできるように、モントリオールはフランス語な…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事