日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹谷とし子特集

下地衆院議員のパーティーで

おおさか維新から出馬 田中康夫氏の当選確率と本当の狙い


「6人区の東京選挙区は、すでに自民の中川雅治氏、公明の竹谷とし子氏、民進の蓮舫氏、共産の山添拓氏の4人は、ほぼ当選確実です。田中康夫さんは残り2議席を、民進の小川敏夫氏と、まだ決まっていない自民の2人目と争うことになるでしょう。自民党が誰を擁立するかによりますが、当選する可能性は高いと思います。田中さんも、当選確率を計算して立候補するはずです」 ■舛添知事を辞任に追い込む ただ、本人の最終的な…

本当は笑っていられない

流布されている与党優勢の選挙情報は古い


政党やメディア各社の情勢調査では、民進・蓮舫、自民・中川雅治、共産・山添拓、公明・竹谷とし子の4人はほぼ当確。残り2議席を自民・朝日健太郎、民進・小川敏夫、おおさか維新・田中康夫の3人が競っている。 だが、都内を歩き回って選挙取材している記者の多くは、この情勢に懐疑的だ。なぜ、無所属の三宅洋平が泡沫扱いなのか。一般紙やテレビは三宅を全く取り上げないが、例えば公示翌日のスポニチは〈東京選挙区“万馬…

小沢一郎氏も応援(左は山本太郎氏)

東京選挙区に異変 与党が恐れる“穴馬”三宅洋平氏の爆発力


政党やメディア各社の情勢調査では、民進・蓮舫氏、自民・中川雅治氏、共産・山添拓氏、公明・竹谷とし子氏の4人はほぼ当確。残り2議席を自民・朝日健太郎氏、民進・小川敏夫氏、おおさか維新・田中康夫氏の3人が競っている。 だが、都内を歩き回って選挙取材している記者の多くは、この情勢に懐疑的だ。なぜ、無所属の三宅洋平氏が泡沫扱いなのか。一般紙やテレビは三宅氏を全く取り上げないが、例えば公示翌日のスポニチは…

左上から時計回りに、変顔までサービスする田中康夫、この身長差の朝日健太郎と菅官房長官(右)、山本太郎(左)が全面支援する三宅洋平

【東京】田中康夫vs朝日健太郎 “写メ合戦”で無党派争奪戦


【東京(改選数6)】 ○○中川 雅治69 自現 △△朝日健太郎40 自新 ○○竹谷とし子46 公現 ○○蓮 舫48 民現 △△小川 敏夫68 民現 △○山添 拓31 共新 ▲▲田中 康夫60 お元 増山 麗奈39 社新 鈴木麻理子31 こ新 高樹 沙耶52 改新 小林 興起72 怒新 浜田 和幸63 無現 三宅 洋平37 無新 ▲ 横粂 勝仁34 無新 31人の候補者が乱立する東京。無党派争奪戦…

泡沫候補と思いきや…

激戦の参院選東京 “あいのり”横粂勝仁氏がダークホースに


圧倒的な知名度の民進現職・蓮舫(48)と組織力のある自民現職・中川雅治(69)、公明現職・竹谷とし子(46)、共産新人・山添拓(31)の計4氏は決まりとみられ、残る2議席が激戦だ。 そこで注目されているのが、3年前の参院選で山本太郎・生活の党代表が取った66万票の無党派票の行方なのだが、意外なダークホースに東京の選挙関係者が当惑している。自民党が公示前に実施した情勢調査で、元バレー選手の自民新人…

左から自民党の中川、猪口、中西議員

参院選“首都圏”で自民大苦戦…戦術裏目で4人落選の可能性


【主な立候補予定者】 ■東京選挙区 中川 雅治69 自現 朝日健太郎40 自新 竹谷とし子46 公現 蓮 舫48 民現 小川 敏夫68 民現 山添 拓31 共新 田中 康夫60 お元 高樹 沙耶52 改新 ■神奈川選挙区 三原じゅん子51 自現 三浦 信祐41 公新 金子 洋一54 民現 真山 勇一72 民現 浅賀 由香36 共新 丹羽 大39 お新 中西 健治52 無現 ■埼玉選挙区 関口 …

左から、お維とはイメージが合わない田中康夫、やっと出馬表明の朝日健太郎、安泰の蓮舫、割を食う小川敏夫

【東京】連続“後出しジャンケン”でラスト2枠は大混戦


【東京(改選数6)】 ○○中川 雅治69 自現 △△朝日健太郎40 自新 ○○竹谷とし子46 公現 ○○蓮 舫48 民現 ▲△小川 敏夫68 民現 ○○山添 拓31 共新 △▲田中 康夫60 お元 増山 麗奈39 社新 鈴木麻理子31 日新 高樹 沙耶52 改新 ▲松田 公太47 元現 横粂 勝仁34 無新 改選数が5から6に増え、自2、民2、公、共で波乱なく決まるかとみられていたが、ギリギリに…

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏の獲得議席予想

参院選徹底予想 注目の「1人区」野党に勝機の“12選挙区”


■参院選当落予想 北海道(改選数3) ○長谷川岳 45 自現 △+柿木克弘 48 自新 ○徳永エリ 54 民現 △-鉢呂吉雄 68 民(新) 森英士 38 共新 青森(改選数1) △-山崎力 68 自現 △+田名部匡代 46 民(新) 岩手(改選数1) ▲田中真一 49 自新 吉田恭子 35 共新 △未定 無新 宮城(改選数1) △-熊谷大 41 自現 △+桜井充 59 民現 秋田(改選数1)…

焦る自民に担ぎ出されるのか

自民不人気の東京で白羽の矢 来夏参院選「滝クリ擁立」情報


さらに現職の「日本を元気にする会」の松田公太代表や公明党の竹谷とし子議員のほか、共産党の若手や、維新系などの出馬も取りざたされている。 「都内は安保法案の反対デモが盛り上がり、自民党人気はサッパリ。現状では、よほどのビッグネームを担がないと、2議席奪取は難しい。そこで滝川さんに白羽の矢が立ったのです」(都連関係者) さらに都連の悩みの種は現職の中川氏だ。中学生時代の同級生“全裸イジメ”をブログに…

左から三原じゅん子議員、塩村文夏都議、田中朝子都議

自民現職「イジメ」で黄信号…参院選東京選挙区は女の戦いに


現職に、民主党の蓮舫議員(47)と公明党の竹谷とし子議員(45)の女性2人がいて、再出馬するとみられている。加えて、本紙既報の通り、自民党の三原じゅん子議員(50)が比例から東京選挙区へ鞍替え出馬で動いている。 これに参戦を狙っているのが、現職都議の2人だ。 「1人はセクハラやじ問題で注目を集めた塩村文夏都議(37)です。みんなの党の分裂に伴って無所属になりましたが、どうやら維新の公認を狙ってい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事