日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

甘利明特集

“話題の人”に扮したザ・ニュースペーパーのメンバー

DVD発売で甘利明氏が挨拶? ザ・ニュースペーパー大集合


口利きワイロ疑惑で大臣を電撃辞任した甘利明前経済再生担当相(松下アキラ)が「甘い利権に明るい甘利明です!」と挨拶したかと思えば、報ステを降板した古舘伊知郎(桑山元)が黒塗りだらけのニュース原稿を読み上げたり、ナベツネ(渡部又兵衛)が怒鳴り散らしたり……。 ユーモアたっぷりに権力者と世相を切っていた。…

日米TPP交渉後の会見/(C)日刊ゲンダイ

「再稼働しないとデング熱流行」と強弁 “原発守護神”甘利明再生相


甘利明経済再生・TPP担当相(65=神奈川13区、当選10回) 早々に留任が決まった。理由は、安倍政権にとって重要課題であるTPP交渉の継続性だ。改造直前には、幹事長就任のウワサが急に出回ったが、番記者に対して「幹事長と大臣の兼務もアリだな」と軽口を叩く余裕ぶりだった。 もっとも肝心のTPPは暗礁に乗り上げている。9月下旬にワシントンで開催された日米閣僚協議は物別れに終わり、年内合意は絶望的だ…

舛添前知事(左)と石原慎太郎元知事

なぜメディアは石原慎太郎に甘く舛添要一に厳しいのか


経済再生相だった甘利明も同じだ。大臣室で賄賂まがいのカネを50万円も受け取り、テープも残っているのに睡眠障害を理由に国会から姿を消し、ほとぼりが冷めたころ、「違法性はなかった」と、素知らぬ顔で国会議員を続けている。 民間企業も例外ではない。東芝の粉飾決算では、当時、社長をしていた3人も、不正会計に直接、関わっていなかったと言い逃れ、結局、不起訴となった。 いつもトップは「知らなかった」の一言で許…

甘利前大臣(右)の“言い訳”が記された文書

療養中にちゃっかり 甘利氏“言い訳文”を支援者に大量送付


“口利きワイロ”疑惑で大臣を辞職した甘利明・前経済再生担当相(66)。1月28日の辞任会見後、「自宅療養中」との理由で国会を欠席しているが、ちゃっかり選挙活動に精を出していた。支援者に“言い訳文書”を大量送付していたことが分かった。 日刊ゲンダイ本紙は、甘利前大臣が執筆し、支援者に送ったとみられる手紙を2通入手した。 まず〈ご報告〉と題された手紙の文末には〈平成28年3月 甘利明拝〉と明記。千葉…

どこまで正常に機能しているのか

新潟と福岡 2つの裁判官人事で気になる司法の独立


都築氏は、自民党の甘利明が起こした「原発スラップ訴訟」と呼ばれる裁判を担当したことで知られる裁判官である。スラップ訴訟とは、言論の自由を封殺することを目的とした訴訟のことだ。 訴訟のきっかけは、2011年、テレビ東京の報道番組だった。「原発推進派」の筆頭である甘利を取材し、責任を追及しようとしたテレ東を、甘利が東京地裁に訴えたのだ。そして都築政則氏は、この裁判を裁判長として担当し、甘利勝訴の判決…

両院議員総会であいさつをする野田幹事長(右は蓮舫代表)

安倍悪政の下地つくった戦犯が幹事長 自公民大連立の悪夢


それを引き継いで安倍は13年3月、TPP参加を正式表明し、甘利明特命大臣を任命して交渉をまとめさせた。 第7に、消費増税。野田内閣は12年2月に「社会保障・税一体改革」大綱を閣議決定し、8月に「14年に8%、15年に10%」とする消費税法改正案を成立させた。これをめぐる安倍との駆け引きの中で、やれば負けると分かっている解散・総選挙を打って、同志173人を落選させ、安倍に政権をプレゼントした。その…

古い体質を変えられるか

自民党と根っこは同じ民進党 蓮舫代表で変わるのか


野党側は臨時国会で、総事業費28兆1000億円に膨らんだ政府の経済対策や、2015年度の運用実績で約5兆3000億円の赤字を出した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の問題、口利きワイロ疑惑で閣僚を引責辞任した甘利明前経再相の証人喚問、米国の批准が不透明になってきたTPP承認案――などを焦点に安倍政権を追及する構え。7月の参院選、東京都知事選のいずれも惨敗した野党にとって反転攻勢のきっか…

大臣を辞めた甘利前経済再生担当相

甘利ワイロ事件 握りつぶした“黒幕”が事務次官昇格の仰天


黒川新事務次官は、甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件の際、野党から事件をを握りつぶした“黒幕”として名前があがった人物だ。民進党のプロジェクトチームが法務官僚を呼んでヒアリングをした際、「黒川さん、その辺りのラインですべてを決めているんじゃないか」と名指しされたことがある。果たして、この人事は法を歪めて政権に協力した論功行賞なのか。 この人事発表の翌16日には、東京地検特捜部が甘利氏の元…

「僕は聞いてない」が口癖の石原伸晃経済再生担当相

派閥領袖、当選9回も…石原伸晃大臣の変わらぬ“軽量ぶり”


1月に経済再生相だった甘利明が「政治とカネ」で辞任した後、後任として入閣している。しかし、経済が苦手な伸晃は、TPPに関する国会答弁で立ち往生している。 「都知事選に敗北したことで当然、大臣もクビになると思われていました。留任したのは、安倍首相の“お友達”だからでしょう。同じ2世のボンボンと境遇も似ていて、“政策新人類”と呼ばれていた若手時代、一緒に政策グループ“NAIS”を結成していた。安倍…

バチバチ火花を散らす?

小池知事vs丸川大臣 安倍首相の幼稚な“さや当て改造人事”


「今年1月に辞任した甘利明前経済再生相の後任は石原伸晃さんでしたが、2人は同じ派閥で領袖争いをした仲。あえてぶつけたのには驚きました。今回もそんな人事が散見されます」(自民党ベテラン議員) 例えば農相。安倍首相は当初、石破茂前地方創生相に横滑りを打診したが固辞された。で、選んだのは石破派に所属する側近の山本有二大臣。山本大臣本人は「安倍首相の石破氏への牽制」という見方を否定していたが、「親分が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事