日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

嶺進特集

今年1月に再選/(C)日刊ゲンダイ

稲嶺進名護市長「新基地建設の中止を確信しています」


翁長知事と二人三脚で闘う稲嶺進名護市長に、どんな戦略を描いているのか聞いた。 ――県知事選の翁長さんの大差での勝利は、辺野古移設に絶対反対だという沖縄県民の強い期待の表れでした。翁長さんが間もなく知事に就任し、その民意を実現すべく動き出します。どう変わると思いますか。 今年1月の名護市長選で再選されて以降、仲井真知事や国との立場が食い違い、かなり厳しい状況がありましたが、「いつかは明るい未来が来…

事実誤認が濃厚/(C)日刊ゲンダイ

沖縄知事選 “劣勢”仲井真陣営が度を越した「ネガキャン」


自民党の大物がなんで共産党と組むのですか」 こう話した櫻井氏は、さらに翁長氏を支援する稲嶺進・名護市長をヤリ玉に挙げて、こう続けた。 「名護は、辺野古移転に反対の方(稲嶺進市長)が通りました。共産党の支持を受けました。それで、いま副市長さんは共産党なんですってね。教育長さんも共産党なんですってね。(共産党が)選挙で応援して勝ったから<俺たちにこのポジションを寄こせ>と言って、そのような重要なポジ…

官邸前でも怒りの抗議デモ

「オール野党」方式発祥の沖縄の選挙が表顕するもの


振り返れば、14年秋の知事選とそれに続く衆院選で、共産党を含む「オール野党」による統一候補擁立という方式を編み出して成功させたのは沖縄で、そのさらに源流をたどると、10年と14年の各1月の名護市長選で稲嶺進を支えた選挙協力体制だった。沖縄でのこうした成功体験の積み重ねがなければ、参院選で共産党がこれほど大胆に独自候補を取り下げて野党統一候補の実現を最優先するという決断に出ることはなかったのでは…

猿田佐世氏「米下院の沖縄担当トップでも“辺野古”という単語を知らない」

国際弁護士・猿田佐世氏 予定調和の日米関係を打破すべき


嶺進名護市長の訪米を企画運営されたり、翁長雄志沖縄県知事の訪米でも同行国会議員、県議団のアレンジをされるなど、基地問題を巡り、ワシントンを動かすロビー活動を積極的にされている。キッカケはあまりにも米国の連邦議会議員が沖縄を知らないことに驚かれたと聞いていますが? そうです。2009年に鳩山首相が普天間基地の沖縄県外移設を提案しました。その際、米下院の沖縄問題を担当するアジア太平洋小委員会のトッ…

沖縄県知事時代の仲井真氏

大成建設と仲井真前知事の深い関係


まず、辺野古のある1月の名護市長選では、革新系候補の稲嶺進が、自民党推薦の末松文信を破って当選。11月の知事選では現職の仲井真弘多が翁長雄志に敗れ、12月の総選挙では小選挙区で自民党の候補者がみな落選(比例復活当選)した。 言うまでもなく、いずれも争点は米軍普天間基地の辺野古移設。その是非を問う重要な選挙で、基地推進派が敗れてきたわけだが、その間隙を縫って基地の移設工事だけは進んだ。駆け込みで…

菅官房長官(左)と翁長知事

沖縄にディズニー誘致の大風呂敷


その通り、けっこういい戦いをしている」(地元建設業者) 基地の移設先である名護市長の稲嶺進は反対派なので、仮に自民推薦の佐喜真が負ければ、基地の受け入れ先と、基地を移す側である宜野湾市長の両方の首長が基地反対派ということになる。安倍政権にとって、そうなると一大事だ。1年前の衆院選では、沖縄の小選挙区の当選者がゼロという大惨敗だっただけに、かなり神経を使ってあの手この手を繰り出している。 ディズニ…

根強い反対が続く辺野古移設問題

地元民もあきれた 菅官房長官の下品なバラマキ


前時代的な分断統治を図る安倍政権の姿にそんな思いを抱く〉 県知事の翁長雄志と名護市長の稲嶺進が、ともに普天間基地の辺野古移設に反対しているため、基地近隣に直接補助金を交付し、地元住民から移設工事の容認を取り付けようとしているわけだが、これでは反発を招くのも無理はない。反対派の地元紙でなくとも、あまりに露骨というか、下品な手段に受け取れる。 〈菅義偉官房長官は「3区長から要望書が提出されている」な…

3区長と面会した菅官房長官と翁長沖縄県知事

安倍政権が直接国費バラマく「辺野古3区」代表たちの“正体”


2010年の名護市長選で移設反対の稲嶺進氏が当選して以降、活動を休止していたが、最近、再び活動を始めました」(沖縄県政担当記者) 沖縄国際大教授の前泊博盛氏がこう言う。 「世の中にはルールがあるが、安倍政権がやっていることは完全にルール無視。親を説得することなく、いきなり、子供を抱き込もうとしているようなもの。こういうやり方は法治国家でも民主主義国家でもない。人治国家であり、カネで何事も従わせよ…

安倍首相との5月20日の党首討論が話題に

共産党・志位委員長 「安倍内閣には戦争法案を扱う資格なし」


名護市長選で稲嶺進市長が勝った。稲嶺さんももともと保守の人ですよ。翁長さんが勝った知事選では劇的な保革共闘が実現して衆議院選挙でも全て勝った。大義があったからです。 ――戦争法案を潰す。これは立派な大義になるんじゃないですか? 今は法案を廃案にすること。そのために野党共闘を最大限追求する。そこに全力を挙げます。世論は劇的に変わってきています。憲法学会も日本弁護士連合会も断固反対。赤いものを身に着…

翁長沖縄県知事

翁長沖縄県知事「訪米」の成否を左右する“女性弁護士”とは?


TPPの民主党訪米団もサポートしたし、稲嶺進名護市長の訪米の際にも尽力しました。ワシントンに幅広い人脈を持ち、今度の知事訪米も猿田さんの知恵と人脈が役立っていることは間違いありません」(ジャーナリスト・横田一氏) その猿田氏については、ある週刊誌が中国との深い関係を示唆、猿田氏は別の週刊誌で「事実と違います、びっくりしちゃいました」とコメントしていた。今や時の人でもある。 翁長知事はワシントンで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事