日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

前田幸治特集

None

凱旋門賞の斤量差は3.5キロ 3歳有利が定説だが…


3年前、キズナで挑んだ武豊、佐々木師、ノースヒルズ代表の前田幸治氏も、口を揃えて「ダービーを勝った3歳馬だから行く意味がある」と。 その理由は斤量だ。 凱旋門賞の最大の特徴は、3歳馬に有利な斤量設定にある。3歳が56キロ、4歳以上は59・5キロ(ともに牝馬は1・5キロ減)で、その差は「3・5キロ」も。秋にこんな差があるレースは、世界に例を見ない。 例えば、ジャパンCは3歳が55キロ、4歳以上が…

ネロとのたたき合いで頭差競り勝った

【アイビスSD】5歳ベルカント連覇で今年もサマーチャンプが見えた


来年はキズナとの交配を予定していることを、ノースヒルズ代表の前田幸治氏が明かしている。 2年連続シリーズ王者なら、さらに箔が付いての嫁入りになる。…

再びこのコンビが表彰台に立つか

【宝塚記念】ムチ一本で世界を飛び回る競馬界のレジェンド武豊


前田幸治氏率いる「ノースヒルズ」3頭の手綱を取りにドバイへ。GⅠ取りはならなかったが、GⅡUAEダービーをラニで制して、幸先のいいスタートを切った。 4月24日は新コンビに指名されたヌーヴォレコルトとともに香港のGⅠクイーンエリザベス2世Cへ。ここは道悪で⑥着だったが、これは忙しさの序章に過ぎなかった。 5月から6月にかけてはラニ、エイシンヒカリでのGⅠ参戦のため、日本と欧米を行ったり来たり。 …

None

ラニUAEダービー勝利で5、6月の武豊は大忙し


これで生産者であるノースヒルズ代表の前田幸治氏はラニのケンタッキーダービー挑戦を明言。その結果次第では米3冠フル参戦も考えられる。 Kダービーは5月7日で、2冠目プリークネスSは21日、最終戦ベルモントSは6月11日。もちろん、使うとなれば武豊は全て乗りにいくに違いない。 ドバイ、米国のみならず、今年はエイシンヒカリが5月24日の仏GⅠイスパーン賞(芝千八)から、6月15日の英GⅠプリンスオブ…

人気は常に不動の1位?

【データ大分析】今年の武豊は金になる


代表的なのは〝メイショウ〟の松本好雄氏、〝スマート〟の大川徹氏、Drコパこと小林祥晃氏、ノースヒルズの前田幸治氏、〝エイシン〟の栄進堂など。GⅢシンザン記念で騎乗したラルクの「キーファーズ」は武豊か、弟の武幸しか乗せない徹底ぶりである。 さらに、今週日曜の3歳新馬戦では池江厩舎のサトノケンシロウに騎乗予定。ここにきて〝サトノ〟の勝負服を着る機会も増えてきた。 多くの大物オーナーがバックアップす…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事