日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

稲川淳二特集

稲川淳二が伝説のリアクション芸を捨てた切ない理由とは…

「誰~もいないの。女房も子供も犬も猫もいないの。誰~もいないの」by 稲川淳二


稲川淳二(69)といえば「怪談」の人だ。だが、一昔前は散々過酷なことをやらされた揚げ句、「喜んでいただけましたか?」とカメラに向かって決めぜりふで締める。いわゆる「リアクション芸人」の先駆けとしても活躍していた。また、一時は「尚子は天下の悪妻です」などと、恐妻家キャラも売りにしていた。 だが、ある日、稲川が自宅に帰ると、突然その妻を含めた家族全員がいなくなっていた。そのことを怪談風に語った言葉を…

亡き母の思い出を語る稲川淳二さん

稲川淳二さん 帰宅後いつも遊ぶ公園で食べた海苔弁当


“怪談トーク”の第一人者、稲川淳二さんが生まれ育ったのは東京・恵比寿。今はオシャレな街として知られるが、もとは隣近所が長屋のように気さくに行き来する庶民的な街。 「とくにウチにはいろんな人が出入りした。チンドン屋の一行が一息つこうと入ってきてお茶を飲んでいたりするから、ウチをチンドン屋と勘違いする人もいた。2、3軒隣に有名なホラ吹きのジイサンが住んでいて毎晩、ウチでオヤジと酒を飲んでホラを吹きま…

タレント 稲川淳二さん (66) 前立腺がん ㊦


現在、ミステリーナイトツアー2014「稲川淳二の怪談ナイト」全国公演中。今夏新たに、全国ローソンの花火コーナーにて「稲川怪談新聞2014」を発売。…

タレント 稲川淳二さん (66) 前立腺がん ㊤


(つづく)…

皆中稲荷神社

必見の勝運向上スポット


ひな流しの神事で有名な和歌山県加太浦の淡嶋神社に行った時、稲川淳二似の宮司さんが「最近、絵馬に書かれている願い事で非常に多いのは『(ジャニーズの)嵐のコンサートのチケットが当たりますように』なんですよねぇ」と話していた。大久保駅から新大久保駅方向に向かって数分、「皆中稲荷神社」(写真)で、それを思い出した。“嵐祈願”の絵馬がめちゃくちゃ多い……。 ここは江戸時代、徳川将軍家の鉄砲隊に信仰された神…

使いやすいタレントに/(C)日刊ゲンダイ

キワどいCMになぜ…値下げされる国生さゆりの今後の値段


同時期に「稲川淳二バージョン」も放送され、夏の風物詩である怪談話をする稲川が季節外れだからと値下げされる。同社のCMには、以前も異物検出装置でおすぎとピーコが出演。おすぎの中に混ざっているピーコを異物と認識してはじくというものだった。 内容が内容だけに、「面白い」という意見がある一方で、「女性軽視」「人権侵害」という批判的な意見も多い。が、一番気がかりなのは、“値下げされる”国生自身。なぜこんな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事