日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

翁長特集

今年1月に再選/(C)日刊ゲンダイ

稲嶺進名護市長「新基地建設の中止を確信しています」


今月10日、いよいよ沖縄県政トップが翁長雄志新知事へと交代する。仲井真時代に“強権的”に進められた米軍普天間基地の辺野古移設にストップをかける闘いが本格化することになる。翁長知事と二人三脚で闘う稲嶺進名護市長に、どんな戦略を描いているのか聞いた。 ――県知事選の翁長さんの大差での勝利は、辺野古移設に絶対反対だという沖縄県民の強い期待の表れでした。翁長さんが間もなく知事に就任し、その民意を実現すべ…

安倍首相との5月20日の党首討論が話題に

共産党・志位委員長 「安倍内閣には戦争法案を扱う資格なし」


沖縄の翁長さんは、かつては自民党の県連幹事長だった人だけど、共闘してみたら気持ちが通じ合って、深く信頼できる友人を得たという気持ちです。 ――それじゃあ、国政レベルでも共闘すればいいじゃないですか。 国政選挙で共闘する場合には国政の基本問題での一致――大義が必要だと思います。大義がないところでくっついても有権者への責任を果たせない。今度の岩手県知事選(8月20日告示、9月6日投票)では現職の達増…

問題の会合で発言する百田尚樹氏(左)

木原氏更迭では済まない 安倍政権は「勉強会発言」が命取りに


琉球新報も沖縄タイムスも翁長さんを応援している。翁長さんを応援しているのは誰ですか。共産党じゃないですか」 桜井氏はこう言って、地元紙を批判した。こうしたお友達に支えられている政権が秘密保護法を通し、戦争法案をゴリ押ししたらどうなるのか。さすがに国民も「ヤバイ」と気づくはずで、案の定、自民党には抗議が殺到しているという。今後は内閣支持率がさらに下がるのは必至で、要するに追い詰められている政権がま…

沖縄知事選に出馬する/(C)日刊ゲンダイ

前那覇市長・翁長雄志氏が語る「沖縄知事選」出馬への覚悟


3日に那覇市長を辞した翁長雄志氏(64)に、出馬への覚悟を聞いた。 ――仲井真弘多知事が辺野古埋め立てを承認したことで、政府によるボーリング調査も進み、基地移転の既成事実化が着々と進んでます。菅官房長官は県知事選の結果と基地移転を切り離そうとしていますが、そういうわけにはいきませんよね? 今度の選挙は仲井真知事の埋め立て承認に対し、民意を問うものになると思っています。工事を強行している安倍政権に…

市長選で反対派は敗北

死活問題にさらされるオール沖縄の建設業者


敗れた沖縄県知事の翁長雄志陣営はさる2月1日、名護市辺野古の新基地建設をめぐる国相手の3件目の訴訟に踏み切ったが、政府はどこ吹く風。普天間基地の辺野古移設に向け、工事を進めていく方針を強めた。 2020年10月の埋め立て工事完成を目指し、国交省から専門家を投入。この1月29日付で港湾局などから防衛省に9人が出向し、今春から大浦湾の本格的な護岸埋め立て工事に着手するという。21年2月の普天間飛行…

菅原文太さん

テレビで見てラジオに呼んでくれた菅原文太さん


その時も電話がかかってきて「翁長さんの街頭演説会に出て欲しいって言われてるんだけど、どう思う」って聞かれました。僕は「いいと思いますよ。文太さんが出たいって思うんだったら、ご自分の思いで決めて、出ればいいと思います」と言ったんです。でも、結局、その演説会が最後の映像になってしまいました。 その後、1カ月も経たずに亡くなるなんて、ご本人は思ってもいなかったようです。僕も病状が分かっていれば、電話だ…

マスコミの幼稚化も指摘する

評論家・森田実氏が指摘「橋下徹氏は極右幼児性ニヒリスト」


――沖縄ですか? 沖縄では自民党が、これまで通り東京の政府と米国にぶら下がって生きていこうとする勢力と、革新を含めた草の根に支持される翁長知事を中心とする勢力に割れた。そして翁長さんら「オール沖縄」はいま、米軍基地の辺野古移設反対の一点に絞って戦っている。争点を複数にすると分裂のもとですから、一点でまとまるのは賢い。しかも「沖縄アイデンティティー」を強く打ち出している。同じことを日本全体でやれ…

カチャーシーで祝う赤嶺政賢氏の事務所/(C)日刊ゲンダイ

沖縄で全敗した自民党 辺野古移設を強行すれば“血の雨”も


「オール野党で支援した翁長さんが11月の沖縄県知事選で勝利した勢いが、衆院選でも続いた結果です。県知事選の投開票当日、翁長選対の幹部たちは<明日からは衆院選で自民党を落とす戦いだ>と気勢を上げました。1~4区のすべてで共産党を含めたオール野党体制を敷き、自民との対決構図を作り上げた結果の勝利です」(ジャーナリスト・横田一氏) 前回の衆院選後、沖縄選出の自民党議員は“辺野古移設反対”の公約をほご…

事実誤認が濃厚/(C)日刊ゲンダイ

沖縄知事選 “劣勢”仲井真陣営が度を越した「ネガキャン」


リードする翁長雄志・前那覇市長が共産党の推薦を受けていることを針小棒大に攻撃しているのだが、「ウソ」を広めてまで票を減らそうとしているのだから、ア然とするしかない。 9日に豊見城市内で行われた、右派の論客、櫻井よしこ氏を招いての講演でのことだ。 「翁長さんはずいぶん変な人だと思います。元自民党の大物なのでしょう。自民党の大物がなんで共産党と組むのですか」 こう話した櫻井氏は、さらに翁長氏を支援す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事