日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

秋元康特集

「秋元さんのおかげ」と姿月あさとさん

姿月あさとは詞に涙…歌い手の心境見抜く秋元康の“洞察力”


退団後は実力派ボーカリストとしてクラシックからポップス、ミュージカルまで幅広く活躍中だが、もっとも大切にしている曲「夜明け」を作詞、プロデュースしてくれたのが秋元康さんだ。 そのメールって、決まって深夜3時とか4時に届くんです。内容は10年12月に東京と大阪で開催した主演のディナー・ミュージカル「Actress(アクトレス)」の楽曲の歌詞。送信者は秋元康さんです。 「Actress」は秋元さんが…

秋元康氏は2300万円を懐に

秋元康氏の名も 注目集める新規上場「ジグソー」の株主たち


「株主名簿の中にAKB48のプロデューサー・秋元康氏の名前があって、市場関係者の間で話題になっているんです」(兜町関係者) 同社の新規上場申請のための有価証券報告書によると、確かに秋元氏は1万1000株を保有。ほかにも「はなまるうどん」の創業者・前田英仁氏(2万5000株)も名前を連ねている。 秋元氏らが株を保有した経緯については、「個人情報なのでお答えしかねます」(同社広報担当者)と不明だが…

指原莉乃は秋元康氏にブチ切れたのか?/(C)日刊ゲンダイ

指原莉乃が握手会を突如中止 秋元康氏との"口論"が原因か


アイドルグループHKT48の指原莉乃(22)が11日、パシフィコ横浜で予定されていた「控えめ I love you !」劇場版の個別握手会を突如欠席すると自身の公式ツイッターでつぶやき波紋を呼んだ一件に、AKB48の総合プロデューサー秋元康氏(56)との"口論"が原因との憶測が広がっている。 発端は同日午前11時すぎ、秋元氏が新世代トークアプリ「755」(ナナゴーゴー)上で、〈指原と峯岸、9日の…

峯岸みなみの丸刈り/(Youtubeから)

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<2>


48グループには、メンバーのソロやユニットなども含めると800曲を超える歌があるが、そのほぼ全ての歌詞を書いているのは、秋元康である。その歌詞には、メンバーの置かれた環境を反映した自己言及的な歌詞が多い。メンバーの言葉や体験が歌詞に取り込まれていることも珍しくはない。 それはAKBが、彼女たちの「物語」を楽しむコンテンツであり、偶然の出来事も歌詞を通じて「物語」に昇華させてしまうためだ。 だが…

みんなお友達/(C)日刊ゲンダイ

秋元康氏も…五輪組織委理事は安倍・森コンビの「お友達」揃い


目玉人事として、作詞家の秋元康氏(55)や写真家の蜷川実花氏(41)が理事に起用されると話題だが、リストをよく見ると、安倍首相や組織委の森喜朗会長の「お友達」で固められている。 秋元氏は、政府の「クールジャパン推進会議」のメンバーで、安倍首相と交遊が深い。五輪招致の際、“秘蔵っコ”のAKB48が活動に協力したのは記憶に新しい。 今年元日の産経新聞でも2人は、東京五輪について対談していた。秋元氏は…

(C)日刊ゲンダイ

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<3>


秋元康によれば、グループ在籍中ですら、CMや番組のキャスティングでは「総選挙10位以内のメンバーをお願いしたいんですけど……」と打診されることが増えているという(読売新聞連載コラム5月25日)。総選挙には約300人のメンバーが参加しているというのに、わずか数人ばかりにしかオファーが来ない。彼女たちが卒業して「AKB」の看板が外れた時のことは、推して知るべしである。 AKBは夢のステップだったはず…

センターを務める平手友梨奈

存在感際立つ平手友梨奈 欅坂46出演ドラマの注目ポイント


総帥・秋元康が手がけるアイドルグループだ。 テレビ東京はこれまで、AKB48の「マジすか学園」シリーズ、乃木坂46の「初森ベマーズ」など、積極的に“AKB系ドラマ”を制作してきた。欅坂46が出演する「徳山大五郎を誰が殺したか?」は、その最新作となる。 舞台は私立の女子高校。文化祭を目前にしたある日、生徒たちが教室で担任教師・徳山大五郎(嶋田久作、怪演)の死体を見つける。だが、驚きながらも、いった…

プロレスラー神取忍さん 七五三直後に床屋で髪をバッサリ


ジャッキー佐藤さんが率いるジャパン女子プロレスの旗揚げは、秋元康プロデュースで、『闘う宝塚』ってキャッチフレーズで始まった。キューティー鈴木とかアイドルレスラーがいて、彼女たちが負ける姿にファンが共感したり、まさに今のAKBの世界。うちの団体は、時代を先取りし過ぎたね、ハハハ」 入門して即、実力派四天王に加わり、ジャッキー佐藤や北斗晶らと、女子プロ史上に残る壮絶な試合を繰り広げた。 「94年に日…

タメ口は譲れない

ダレノガレ明美は客にタメ口 女性芸能人の“キャバ嬢時代”


安倍総理と親しい存在で、盟友が秋元康氏と見城徹氏というちょっとキナくさい男よ。その彼の好みになるために、金髪を黒髪に変え、派手なギャルが清楚な井川遥風のルックスに大変身。彼氏のツテで総理主催の「桜を見る会」に和服を着て出席するなど、今までと別人のような芸能活動にいそしんでる。いつまで続くかしらね。精神的に無理してなきゃいいけど。 今後も芸能界に「六本木大学」出身者が増えていくといいな。だって、…

「コン・エアー」

コン・エアー(1997年 アメリカ)


製作のジェリー・ブラッカイマーは“ハリウッド版秋元康”で、ヒット作をパクって豪華キャストでリメークするという厚顔無恥なことが平気でできる製作者。「ダイ・ハード」から10年遅れの本作は、その亜流で作られたような作品。男くささ、アメリカ的な能天気な展開が痛快だ。 クライマックス、輸送機はネオン瞬くラスベガスのど真ん中に不時着。札束の雨が降る。腹を抱えて笑える一本だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事