日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹中平蔵特集

竹中平蔵氏が小池塾の“目玉”?

小池塾に「カネ返せ」の声…講師に竹中平蔵氏の時代錯誤

3回目の12月10日は全塾生を都内のホテルに集め、小池知事も登壇するが、“目玉”の特別講師が竹中平蔵元総務相だからだ。 「小池氏と竹中氏は小泉政権の閣僚同士で今も連絡を取り合う仲です。3回目は橋下徹前大阪市長が講師を務める予定でしたが、ギャラの折り合いがつかず頓挫した。そこで、旧知の竹中氏に急きょ白羽の矢が立ったそうです」(塾関係者) 2900人の塾生は3万~5万円…

竹中パソナグループ会長

竹中平蔵による竹中平蔵のための特区改革

政府の政策会議で提言している当の竹中平蔵が、事業を受注するパソナグループの会長なのだから、これを我田引水と言わずして、他に言い方があるだろうか。 そのための布石は、すでに昨年から打たれている。3月14日、霞が関の中央合同庁舎4号館で開かれた「第7回産業競争力会議雇用・人材分科会」で、パソナ会長の竹中が勢いよく一席ぶった。 「ベビーシッターに要するコストは、サラリーマ…

二枚舌

「トリクルダウンあり得ない」竹中氏が手のひら返しのア然

「今年初のBPO入り番組」とネットで炎上中だが、同じように炎上しているのが、元総務相の竹中平蔵・慶応大教授の仰天発言だ。 番組では、アベノミクスの「元祖3本の矢」や「新3本の矢」について是非を評価。冒頭、「アベノミクスは理論的には百%正しい」と太鼓判を押した竹中平蔵氏。アベノミクスの“キモ”であるトリクルダウンの効果が出ていない状況に対して、「滴り落ちてくるなんてな…

竹中平蔵

オリックス【竹中平蔵】政治絡む利権漁り 名人芸か天才か

竹中平蔵先生(64)、おめでとうございます。オリックスの株主総会で99.20%の高い賛成票で取締役に選任されました。パソナグループ取締役会長とオリックス社外取締役。両手に花の利権を手になさったわけですね。 オリックスの宮内義彦・シニアチェアマン(80)は小泉構造改革の同志だった。ここで言うところの構造改革とは新自由主義に基づく規制緩和と民営化、市場重視の競争原理の導…

いつのまに/(C)日刊ゲンダイ

構造改革派が支配 竹中平蔵が牛耳る「国家戦略特区」の実態

これを成長の柱に据えているのだが、ここを仕切るのは誰あろう、竹中平蔵・慶大教授だ。それもハンパな仕切り方ではないのである。 昨年12月に国家戦略特区法が成立し、内閣府に「特区諮問会議」が新たに設置された。この会議は法的に「経済財政諮問会議」と同格の位置づけになっている。つまり、このメンバーは小泉時代であれば、予算の方向性まで決める権限を有しているのだが、そのメンバー…

全サラリーマンの敵

パソナが「リストラ指南書」 裏に竹中平蔵会長と650億円利権

拡充に動いたのは産業競争力会議の一員で、人材派遣大手パソナの竹中平蔵会長(64)だ。本来、労働者を守るカネのロコツな「我田引水」は絶対に許されない。 ■人材会社が利益欲しさに「クビ切り指南書」 本紙の手元に「退職勧奨制度対象者のための面談の進め方」と題されたA4判10枚つづりの文書がある。パソナグループ傘下で、法人契約の再就職支援シェアトップを誇る「パソナキャリア」…

パソナ迎賓館で竹中平蔵が寄り添う和服女性

その宣伝マンの代表がパソナ会長の竹中平蔵である。これだけ株価が下がっても、この“舌屋”(舌先だけで言いくるめて商売する輩)は何のかんのとリクツをつけるのだろう。 「パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」を追ったこの本にASKA事件で有名になった「パソナグループ」の迎賓館「仁風林」で開かれた琴のコンサートの場面が出てくる。 「この曲は、桜の命の儚さを表現しています」 マイ…

竹中平蔵パソナ会長

事業者はやっぱり竹中平蔵パソナに決定

そしてこの11人のうち、この政策会議に有識者の一人として、参加しているのが、ほかでもない、パソナ会長の竹中平蔵慶大総合政策学部教授である。 特区会議は第2次安倍内閣の発足後、経済財政諮問会議と並ぶ法定会議にランクアップ。安保法制審議のドサクサで目立たなかったが、与党は今年7月8日に改正国家戦略特区法を成立させ、さらに特区構想をやりやすくした。9月1日に改正法が施行さ…

竹中平蔵パソナ会長

安倍首相と“外国人メイド”事業を始める竹中平蔵

それを進める国家戦略特区の中心人物が竹中平蔵、という至極分かりやすい構図である。=敬称略…

竹中パソナ会長と橋下大阪市長

橋下徹大阪市長も…竹中平蔵パソナ会長との“怪しい関係”

小泉内閣で総務相など要職を歴任し、現在はパソナ会長の竹中平蔵である。 竹中は第2次安倍内閣の産業競争力会議などのメンバーを務め、事実上の政策司令塔として新自由主義路線を推進している。小泉内閣の官房長官などを務めていた安倍と竹中が近いのは分かりやすいが、橋下と竹中の関係も深い。 「橋下さんが国政進出を企んだ際に真っ先に竹中さんが近づいてきた。民主党政権下で政治力を発…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事