日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

堀内孝雄特集

(C)日刊ゲンダイ

堀内孝雄が足しげく通う 地元笹塚のレストランバー「MANIMAL」


東京都渋谷区笹塚1-57-10 笹塚ボウル2階 [電話]03・3374・3111…

芋焼酎を飲みながら詞を思いついたことも

杉田二郎さん ライブ後の楽しみ“JIRO'S BAR”は37年目に


堀内孝雄、高山厳、ばんばひろふみ、因幡晃らとのユニット「ブラザーズ5」でも活躍中だ。そんな杉田さんのお酒の付き合い方とは? ◇ ◇ ◇ コンサートを終え、僕らミュージシャンの楽しみのひとつが居酒屋での打ち上げです。地方であれば、その土地、その土地のおいしい料理やお酒を楽しむし、久しぶりに顔を合わせたり、話したりもできますからね。 そして、そのあと恒例になっているのが「JIRO's BAR(ジロー…

団塊世代の琴線に触れる「人生応援歌」


1970年代にフォークシーンを支えた杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳、因幡晃からなるスーパーユニット「ブラザーズ5」が昨年6月に発表したシングル「この街で」。同曲は有線キャンシステムの〈お問い合わせランキング1位〉(14年7月度演歌・歌謡曲部門)を獲得して以来、ロングセラーを続けている。 実はこの曲には創作秘話がある。05年3月3日、愛媛県松山市で開催された日本ペンクラブ主催「平和の日…

ますます綺麗になったと評判の柏原芳恵

新番組、コンサート…35周年の柏原芳恵が“八面六臂”の活躍


CS歌謡ポップスチャンネルで5月6日からスタートする歌謡ショー番組「クロスカヴァー・ソングショー」では、アリスの堀内孝雄とともに記念すべき初回放送のゲストを務める。同番組では、互いの楽曲への思いを語り合うほか、柏原が堀内の名曲「恋唄綴り」と「愛染橋」を、堀内が柏原のヒット曲「春なのに」と堀内が柏原に提供した「黄昏のダイアリー」を披露する。 さらに、元フォーリーブスの江木俊夫がナビゲーターとして、…

柏原芳恵と堀内孝雄

80年代のような活況 「歌番組」なぜいま“復活”の兆しなのか?


フジテレビは森高千里(45)を司会に起用して新音楽番組「水曜歌謡祭」を始める(4月15日から)というし、2日はCSの歌謡ポップスチャンネルが「クロスカヴァー・ソングショー」(5月6日から)をスタートさせることを発表し、1回目のゲストとなる堀内孝雄(65)と柏原芳恵(49)が記者会見した。 すでに同局では12年から元NHKの宮本隆治を起用して「歌謡ポップス☆一番星」を放送しているし、BSでも13年…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事