日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佐伯三貴特集

佐伯三貴

佐伯三貴(30歳・ツアー7勝)


豪快なプレーと性格の良さは仲間からの信頼も厚い佐伯三貴プロです。 まん丸顔とむっちり体形も着ぐるみのようで愛嬌たっぷり。今季はヨコハマタイヤから6戦連続予選落ちと大不振。どうしちゃったんだろうと心配していたら右手関節炎がひどかったみたい。4月のフジサンケイ出場を最後に公傷制度を利用してツアーを離脱しており、フェアウエーを貫禄たっぷりにドスドス歩く姿を見ることができずに寂しいなぁ。 春先の勝負ファ…

表純子にツアー通算5勝目が転がりこんだが…

視聴者と選手度外視 女子ゴルフ中継は“手抜き”ご都合主義


トップに立っていた佐伯三貴とイ・ボミの7アンダーに7打も離されていた。 それでも中止が決まってツアー通算5勝目が転がり込み、「複雑な思いで素直に喜べないんですけど、うれしいです」(表)とさすがにバツが悪そうだった。 もっとも打つ手はあったはずだ。主催者も日本女子プロゴルフ協会も中継テレビ局も、最終日の天気が崩れるのはわかっていたことだ。3日間54ホール消化は無理だとしても、朝7時25分から全員ア…

原江里菜

原江里菜(28歳・ツアー2勝)


大学は東北福祉大へ進み、佐伯三貴の後輩。大学在学中にQT合格、プロ2年目のNEC軽井沢72ゴルフで初優勝。 今季は7年ぶりに大東建託・いい部屋ネットレディスで涙のツアー2勝目を挙げた。周りに感謝する気持ちを持つようになり、若い頃と違い、プレースタイルも一回り大人になった。…

None

吉田弓美子プロ復活に7キロ減量


シード選手の佐伯三貴さんが右手関節炎のため「トーナメント特別保障制度」で長期間ツアーを離れることになりました。そういえば一ノ瀬優希さんも、昨年にその制度を申請して、今ではツアーに復帰しています。女子プロのケガには、道具と密接な関係があります。…

None

女子プロはクラブを代えるとケガをしがちだ


また、佐伯三貴さんは右手首痛のため先頃、トーナメント特別保障制度を申請し、ツアーから離脱しました。 ケガからゴルフの調子を崩し、低迷するプロは少なくありません。体をちゃんと治して、一日でも早くツアーに復帰してもらいたいと願うばかりです。 昔と違って、体をケアするトレーナーを試合会場に帯同する女子プロが多くなったのに、ケガを防ぐことができないのはどうしてでしょう? やはりクラブを替えた時、それに…

初スキャンダル/(C)日刊ゲンダイ

トレーナーとの熱愛認めた森田理香子 契約より交際が先だった


NHK「ニュースウオッチ9」でスポーツキャスターを務めていた一柳亜矢子アナ(33)の元夫で、巨人の高橋由伸(39)、片岡治大(31)や佐伯三貴(30)を指導したこともある身長183センチ、75キロのイケメンだ。「フライデー」によると、試合会場から真っ先に東京・渋谷にある安福氏のマンションへ向かい、次の会場へもマンションからと、生活の拠点としていることがわかる。 日刊ゲンダイが森田の所属事務所に問…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事