日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮田律特集

7月にはバングラデシュでテロがあったばかり

ムスリムに豚肉 イスラム過激派に口実与えた東京入管の愚


ネット住民の中には、「嫌だったら日本に来るな」なんて過激な連中もいるが、現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏は「軽く見てはいけません」とこう言う。 「かつて山梨県石和市で自殺したイラン人青年を市が火葬し、イラン大使館から抗議を受けたことがあります。地方の役所ならまだしも、大勢の外国人を相手にする入管のミスはいただけません。機内食だって禁忌食には配慮する。世界に比べて日本は、宗教上のタブーに…

宮田律さん

宮田律さん(現代イスラム研究センター理事長)


None

4000人との報道も 難民に紛れ込む「イスラム国戦闘員」の恐怖


「現代イスラム研究センター」理事長の宮田律氏はこう言う。 「戦闘員が入り込んできている可能性はあります。ボートなどに乗った難民に紛れ込んでしまえば、区別はつきません。パスポートも持っていないわけですから、どういう人物かも特定できない。欧州から一度、イスラム国に入ったメンバーが、再び欧州に戻ってくる“Uターン”現象のようなものが起こっていることも考えられます」 欧州では、トルコの海岸にシリア難民…

「中東社会からの信頼を守れ」と宮田氏

中東研究者105人が安保法案に反対「私たちも憲法学者に続く」


既に根拠が薄らいでいる“ホルムズ海峡論”を「現代イスラム研究センター」理事長の宮田律氏は会見で、こう批判した。 「いまだにホルムズ海峡うんぬんの議論を行うのは、イランに対する外交的儀礼を失していると言わざるを得ません。イラン核合意は、フランスやドイツなども支援している。安倍政権は国際的な“空気”を全く読めていません」 会見終了後、宮田律氏は改めて日刊ゲンダイ本紙にこう語った。 「安保法案を通して…

ユーチューブで公開された後藤さんとみられる画像

身代金2億ドルに匹敵? “伝説の女死刑囚”知られざる価値


ヨルダンでは最近、イスラム国のメンバーが増えつつあり、ヨルダン政府が彼女を釈放となれば、その“宣伝効果”は抜群でしょう」(現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏) ■親日家のヨルダン国王 裏を返せば、ヨルダンにとっても、イスラム国との交渉に使える“最強のカード”なのだ。 実際、昨年末にイスラム国に拘束されたヨルダン軍戦闘機のパイロットと、リシャウィの交換話が持ち上がっていたという情報もある。 …

シンガポールは人気観光地第3位

夏休み旅行を直撃 テロが次に標的にする「危ない観光地」


どこに行っても警戒は怠らない方がいい」 現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏は「まず、情報をよく集めて警備が厳重なところを選ぶべき」と言い、こう続ける。 「比較的安全とされるシンガポールも、周辺にはインドネシアやマレーシアなど、イスラム過激派が台頭してきている国があるため、気を付けた方がいい。欧米人が集まる場所は避け、外食は現地の人が使うレストランに出掛けるのがベターでしょう」 何だか、せっ…

北西に沿ってイスラム国の制圧が続くファルージャの街

殺害リストに日本人69人 イスラム国の狙いを専門家に聞く


現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏は「名簿の信憑性は分かりませんが」と前置きをした上でこう言う。 「イスラム国と接点のない個人を数千人も公開し、脅威を広げる意図を感じます。支配地域が狭まっていく中で“健在ぶり”をアピールしているのでしょうが、“焦り”の裏返しでもある。イスラム国は各国の警戒もあり、大規模テロを遂行する力がなくなってきている。個人が小規模なテロを起こし、イスラム国が犯行声明…

父親のラフィーク・ウル・レフマンさん(右)も来日

欧米からは完全に無視…“もうひとりのマララ”の悲惨な境遇


ナビラさんの招聘に動いた現代イスラム研究センターの宮田律理事長はこう言う。 「加害者が〈誰なのか〉で欧米政府やメディアの対応はここまで違うのかと愕然とします。タリバンの被害者のマララさんは〈自由の象徴〉のごとく祭り上げられているのに、米国の被害に遭ったナビラさんは完全に無視されている。13年にナビラさん一家は渡米し、米議会の聴聞会でスピーチしたのですが、出席した議員はわずか5人。報道はほとんど…

浮かばれない…

後藤さんら浮かばれず…「人質事件」検証は“中身ゼロ”の茶番


「現代イスラム研究センター」理事長の宮田律氏がこう言う。 「報告書は〈速やかに必要な体制が整備され〉といった抽象表現が多く、責任の所在もはっきりさせていない。とても検証したとは言い難いというのが、読んだ率直な感想です。安倍首相の演説がイスラム国を刺激したのは明らかで、いくら政権のスポークスマンが作った報告書にしても、より具体的に検証、反省しない限り、同じ過ちを繰り返すだけでしょう」 安倍政権の無…

None

日本を標的に イスラム国の「サイバー攻撃」何を意味するのか


今後も同様のサイバー攻撃が増えていくことが予想されますね」(現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏) 国内テロの危険性が高まってきたということなのか……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事