日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

橋本龍太郎特集

「流した汗は決して嘘をつかない」の哲学


のちに竹下派の七奉行(橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、小沢一郎)といわれる有力政治家を育てましたが、「後継者」としてバトンを渡す人物を明確にするチャンスがないままに病に倒れ、引退を余儀なくされたことは、父にとってもっとも不本意なことでした。 野中広務氏は竹下登氏と行動をともにして創政会を旗揚げしました。父に挨拶に行った時、「時は移り変わって、人も次々と変わっていくもの…

政府は沖縄県民の怒りを過小評価するな


その時、当時の大田昌秀知事が提唱していた、普天間基地の無条件返還を含む「基地返還アクションプログラム」に飛びついたのが橋本龍太郎元首相で、それが普天間基地問題の始まりとなった。 今回の事件を受け、沖縄の地元紙はあらためて、米軍基地の全面返還を要求している。翁長知事は安倍首相に会い、知事とオバマ大統領の会談を実現するよう依頼したが、菅官房長官は「外交は中央政府で協議するのが当然」と素っ気なかった…

佐藤昭子さん(写真左)と中曽根氏からの手紙

封がされていない中曽根さんからの手紙


その後、橋本龍太郎さんや小渕さん、羽田さん、小沢さんらも「ママ」と呼ぶようになった。ママと呼ばなかったのは竹下登さんくらいで、「おばちゃん」と呼んで佐藤さんを怒らせていた。 オヤジさんとママの関係を一言で言うと同志であり、右腕だった。オヤジさんは自分の他の女性のこと以外は何でもママに話した。そして話すばかりでなく助言も求めた。頭のいい彼女は、その都度、適切なアドバイスを用意した。要するに、愛人…

安倍首相と翁長沖縄県知事

沖縄基地問題は再び原点に どこでコジれたか紐解く


その大田知事が橋本龍太郎政権との交渉の中で、突如普天間の県内移設に反対と言い出した。すると沖縄経済が悪くなり、経済界が騒ぎ出した。普天間基地の辺野古移設問題は、そのあたりからヒモといていかねばなりません」 稲嶺は、沖縄屈指の名門企業「琉球石油(現・りゅうせき)」の創業者である稲嶺一郎の息子であり、自らも社長、会長を歴任してきた。沖縄財界の中心人物であり、98年財界や中小企業に担ぎ出されて知事選に…

市長選で反対派は敗北

死活問題にさらされるオール沖縄の建設業者


「大田知事が、橋本龍太郎政権との交渉の中で突如、普天間の県内移設に反対と言い出した。すると景気が悪くなり、経済界が騒ぎ出した。そこで私が立候補し、知事になったのです」 昨年11月、私のインタビューに稲嶺はそう答えた。稲嶺は県内の基地移設を容認して当選。なんとなく今の状況も当時と似てきた。 =敬称略…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

対談:小沢一郎×小林節 こうすれば安倍政権は倒せる!


橋本龍太郎首相の秘書官を務めたのに自民党と一線を画している。この頑固さと頭の良さは別格です。それから、社民党の福島瑞穂さん(前党首)もチームの中に置けば、表現力と訴える力が出ます。このドリームチームをいまの安倍内閣と比べてみて下さいと言うと、みんな納得するんです。 小沢 いまの野党には、政権を取って自分たちの政策を実行するんだ、という強いエネルギーがないんですよね。結局、民主党政権のトラウマとい…

「積極的平和外交」もバッサリ

安倍首相の“戦後70年談話”に村山元首相がにじませた憤り


遺族会会長だった橋本龍太郎大臣(元首相)には事前に電話で“これでいいか”と聞いて、了解してもらった。その後、ずっと歴代内閣は談話を引き継いでいるし、第1次安倍政権も継承した。20年も経ってこんな問題になるとは思わなかった。第1次政権では“引き継ぐ”と言った首相が“見直す”と言うから、中国からは『一体どうするつもりか?』と聞かれる」 「植民地支配や侵略に触れたくないというのは、腹の中で認めたくない…

日本の安倍首相は記念撮影も後列/(C)AP

米中首脳に相手にされず…安倍首相が決定的に足りないモノ


パフォーマンス先行に見えた橋本龍太郎元首相も、実はたいへんな読書家でした。安倍首相は、振付師や脚本家任せの耳学問だから、言葉に含蓄がなく、上滑りなのでしょう」(森田実氏) 昨年の参院予算委で、民主党議員に「芦部信喜さんという憲法学者をご存じですか」と聞かれ、平然と「私は存じ上げておりません」と答えたこともあった。憲法改正を掲げる首相が、憲法の大御所を知らない。洋楽評論家がビートルズを知らないよう…

仲井真知事は埋め立て承認へ/(C)日刊ゲンダイ

3000億円で米国“売り渡し” 沖縄振興で延命図る安倍首相


「96年の橋本龍太郎元首相とモンデール米駐日大使との間で合意されながら、18年間動かなかった『普天間基地返還』にメドがつけば、支持率も大幅アップ――と考えているのでしょう。そのために戦時中と同じように沖縄を米国に差し出そうとしているのですよ」(軍事ジャーナリストの神浦元彰氏) だが、安倍の薄汚い腹の内など、沖縄県民はとっくに見透かしている。今年1月には県内全41市町村長が東京で安倍首相に普天間…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事