日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

角川春樹特集

著者の鳴神響一氏/(C)日刊ゲンダイ

第6回角川春樹小説賞受賞 鳴神響一氏に聞く


プロ・アマ問わず、長編エンターテインメント小説を公募する「角川春樹小説賞」。第6回の受賞作「私が愛したサムライの娘」は、全選考委員が満場一致でその実力を称賛した、話題の時代小説である。尾張徳川家に仕える甲賀の忍びを描いた超大作だ。 時代小説といっても、今流行の戦国武将や武家モノでもなく、定番の長屋人情モノでもない。女忍者が密命を全うすべく暗躍する「忍び」の世界を描いた異色作だ。 「確かに忍びモノ…

森村誠一

角川春樹さんから「作家の証明書になる作品を」と突然依頼された森村誠一氏


まだまだ駆け出しだった自分の家に突然、訪れてきたのが、角川春樹さんです。1974年の11月2日のこと。当時の手帳は今も大事に保管してあります。 当時の春樹さんは「次期社長確定」といわれていました。当時は出版社のお偉方でも編集長クラスが執筆依頼に来るくらいでしたので、“大物”の来訪にとても驚きました。春樹さんは「社運をかけた角川書店初の月刊文芸誌『野性時代』に目玉となるような連載をお願いしたい」と…

None

「晩夏光」池田久輝氏


<選考委員満場一致の期待の新星> 第5回角川春樹小説賞受賞作品。「センチメンタリズムを描ききる力を感じた」(北方謙三氏)、「香港という街の匂いがひしひしと伝わってくる」(今野敏氏)など、選考委員であるハードボイルドの重鎮たちをうならせ、満場一致で決定したという。香港を舞台に描かれたハードボイルド群像劇だ。 「これまで、短編は何度か書いたことがありましたが、賞に応募しても落選していました。今回、1…

「きょうも猫日和」今江祥智著


角川春樹事務所 540円+税)…

「閻魔裁き〈二〉雨乞いの美女が消えた」風野真知雄著


角川春樹事務所 540円+税)…

「わが槍を捧ぐ」鈴木英治著


角川春樹事務所 720円+税)…

「励み場」青山文平著


角川春樹事務所 1600円+税)…

「恋するハンバーグ」山口恵以子著


角川春樹事務所 1400円+税)…

「金曜日の本屋さん」名取佐和子著


角川春樹事務所 600円+税)…

「神かくし ゆめ姫事件帖」和田はつ子著


角川春樹事務所 600円+税)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事