日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

太田雄貴特集

まさかの初戦敗退

必然の初戦敗退…フェンシング太田雄貴は燃え尽きていた


これで未練なく現役を引退できるかなというくらい、すっきりしている」 リオ五輪フェンシング男子個人フルーレで初戦敗退した太田雄貴(30)はこう敗因を語り、現役引退を明らかにした。 昨年の世界選手権で優勝し、世界ランク2位の太田に対して相手のトルド(ブラジル)は世界ランク66位。太田の楽勝かと思われたが、序盤でリードを許す。一時は逆転したが、13-12から3連続でポイントを失い敗れた。 太田は北京で…

リオ五輪を最後に引退した太田

フェンシング太田 次の狙いは4年後のIOCアスリート委員


北京、ロンドン2大会連続で銀メダルを獲得した男子フェンシングの太田雄貴(31)が27日、国際フェンシング連盟(FIE)の理事に就任した。 8月のリオ五輪を最後に引退した太田は男子フルーレで04年アテネ五輪から4大会連続出場。五輪の個人、団体でのメダル獲得の他、15年世界選手権の個人では日本勢初の金メダルを手にした。現役時代からスポーツの発展に携わり、13年からはFIE選手委員会委員長を務めてきた…

ベイカー茉秋は「スマスマ」に出演しご満悦だった

メダリストをタレント扱いするTV局とアスリートの“下心”


アテネ、北京で2種目を連覇した競泳の北島康介はお座敷が多くなったし、北京とロンドンで銀メダルを取ったフェンシングの太田雄貴もそう。太田は5月下旬にも飲食店のオーナーに連れられて銀座の高級店で飲み食いしていたが、リオで初戦負けは当然ですよ」 テレビ局がテレビ局なら、のこのこ出ていって喜んでいるアスリートにも問題があるのだ。…

グレンチ(右)に敗れ1回戦敗退

フェンシング青木千佳 五輪の緊張感にのまれ涙の初戦敗退


続く男子フルーレ個人の太田雄貴が初戦敗退でズッコケたが、女子サーブル個人の青木千佳(26)も1回戦でグレンチ(パナマ)に5-15で敗れ、早々と姿を消した。 五輪の緊張感から持ち味のスピードを生かせず、序盤から7連続ポイントを許す完敗だった。 「ピストに上がった瞬間の緊張感が(他の大会と)五輪は違った。空気にのまれて(悪い)流れを断ち切れなかった。いつの間にか試合が終わってしまった感じ」 と言う青…

開会式に参加する日本選手団

アルソック、日清食品、ANA…有望五輪銘柄はこの7つだ


東京五輪招致の際に目立っていたフェンシングの太田雄貴は、「森永製菓」(2201)に所属している。太田は「トレンドマイクロ」(4704)のスポンサードも受けている。彼のパフォーマンスは派手だから、再度メダルを取ればメディアに大きく取り上げられるだろう。 今回は7社挙げたが、どれが沸騰するかは、選手の活躍によるところが大きい。五輪を楽しみながら、発注画面とにらめっこの夏となりそうだ。…

ロンドン五輪3位決定戦で韓国をストレートで破り、28年ぶりの銅メダル獲得を喜ぶ女子バレー日本

日本のメダル獲得を全力阻止 リオ“最大のライバル”は韓国


日本にとってはやっかいな相手です」 フェンシングは、太田雄貴(フルーレ)が昨年の世界選手権(モスクワ)で頂点に立ったものの、男子は団体戦の出場権を逃した。14年アジア大会では、男女で金9、銀5、銅2の韓国に蹴散らされそうだ。…

太田を超えられるか

フェンシング見延は“太田超え”がリオのモチベーション


北京五輪個人銀、ロンドン五輪団体銀(いずれもフルーレ)の2つのメダルを獲得した太田雄貴(30)に次ぐ、個人でのメダル取りで、「フェンシングといえば見延」と、世間に知られる存在を目指しているという。 「フェンシングの認知度向上を図るためにも、いつまでも太田さん頼りではダメだと思うんです。(マイナー競技を)盛り上げていくには、太田さん以外にも注目される選手が必要です。そのためにもメダルを取りたいで…

笹川友里アナ(本人のインスタグラムから)と太田雄貴選手

熱愛の笹川友里アナ “リオ五輪後に結婚”ならTBSは大弱り


フェンシングのリオ五輪代表、太田雄貴(30)との交際が明らかとなったTBSの笹川友里アナウンサー(25)。 28日、笹川アナは自身がレギュラー出演する「王様のブランチ」に生出演すると、冒頭で「温かくても、冷たくても、どちらでもいいので、見守っていただけたらと思います」と交際を認め、「お騒がせしてしまい、すいません。アナウンサーとしてまだまだ半人前なので、この仕事を頑張りつつ」と続けた。 笹川アナ…

金メダルを手に笑顔を見せる太田

政治家転身を封印 フェンシング太田に東京でも金の可能性


フェンシング世界選手権(ロシア・モスクワ)の男子フルーレで日本人初の金メダルを獲得した太田雄貴(29)が凱旋帰国。都内で行った会見で自ら招致活動に携わった20年東京五輪への出場に意欲を見せた。 16日の世界選手権決勝後には「今はリオで一区切りだと思っている」と明言。本人も周囲も色気をもっている政治家転身へ本腰を入れると見られたが、とりあえずそれを封印し、「ロンドン(五輪)の時もそう(引退と)思…

None

リオで引退示唆のフェンシング太田 次なる野望は政治家転身


ロンドン五輪フェンシング・フルーレ団体と北京五輪フルーレ個人で銀メダルの太田雄貴(29)が、16日の世界選手権(モスクワ)フルーレ個人で、五輪も含めて日本勢として初の金メダルを獲得した。 これまで主要な国際大会では頂点に立てなかった太田は「本当にうれしい。日本人でも金を取れるということを証明したかった。それができたのはすごくうれしい。五輪で2番、世界選手権も3番(が最高)だったので、優勝にすご…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事