日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大塚勝久特集

大塚家具から150人転職か(左は大塚勝久氏)

「匠大塚」オープン 事業急拡大に見るパパの覚悟と資金力


大塚家具の創業者の大塚勝久前会長(72)が22日、東京・日本橋で新会社「匠大塚」をオープンさせた。 20日の記者会見で「昨年3月に会社(大塚家具)と縁が切れ、4月は悩んだ1カ月間、5月は決断の1カ月でした」と振り返った勝久氏。大塚家具の現社長で娘の久美子氏(48)について聞かれると、「頑張っていただければ」と余裕の笑みを返した。新会社は大塚家具より高価格帯で、インテリアを総合的にプロデュースして…

娘の次の一手は?

訴訟完敗に追い打ち 大塚家具“パパ新会社”に社員50人流出


大塚家具の創業者の大塚勝久前会長(72)と娘の久美子社長(48)が、大塚家の資産管理会社「ききょう企画」をめぐり争っていた裁判。久美子氏サイドは13日、東京地裁が15億円を支払うよう命じた判決を受け入れ、遅延損害金を含めて全額を支払った。 2年半にわたる父娘の法廷闘争は終結することになった。勝久氏の代理人はこう言う。 「勝久氏と久美子氏は2つの裁判を抱えていましたが、どちらも、こちら側の要求が全…

問われる娘・久美子社長の手腕

久美子社長の戦略ミスか 大塚家具「売上高5割減」の衝撃


若い世代は低価格のニトリやイケアに行くだろうし、お金がある40、50代は高くても、父の大塚勝久前会長が今月オープンさせる『匠大塚』のような“住居空間”の提案を求めている。今の大塚家具は全てが中途半端だと思います」 リニューアルの効果はいつ出るのか。…

大塚久美子社長

「大塚家具」 父娘が再び激突する!?


父親である大塚勝久会長(当時)と長女の久美子社長が派手な委任状争奪戦を繰り広げ、「公開父娘喧嘩」ともいわれた大塚家具の昨年の株主総会。あれから1年余――。東京・有明の東京ファッションタウンビルで先月25日に開かれた今年の総会は、株主からの反対提案もなく、久美子社長を含む取締役10人の選任や剰余金処分など会社側提案を粛々と可決し、約60分で終了した。 もはや、同社の経営権を巡るバトルは完全に決着が…

娘の“新生”大塚家具はピンチ?

「大塚家具」創業父が新店オープン 骨肉の争いは第2幕へ


「大塚家具」創業者の大塚勝久前会長(72)が昨年7月に設立した新会社「匠大塚」が来月22日、東京・日本橋に“デザインオフィス”をオープンさせるという。すでにホームページ(HP)やツイッターで告知。骨肉の争いを繰り広げた大塚家具現社長で娘の久美子氏(48)も戦々恐々だろう。 新会社は「インテリアの総合プロデュース企業」。HPにはスタイリッシュな高級家具が紹介されている。勝久氏は会長で、長男の勝之氏…

ロート製薬

ロート製薬が副業OKに 実は多い「同族企業」社員のメリット


典型的なのが大塚家具の大塚勝久前会長で、『社員は自分の子供だ』と発言しています。こんな経営者なら給料や待遇面も配慮するでしょう。社員からすれば働きやすいと思います」(入山氏) サラリーマン社長なら2期6年で退任が当たり前でも、創業家出身なら10年、20年と社長を続ける。そのため、出世競争で社員同士が足を引っ張り合うことも少ない。 無能なのに創業家という理由だけで社長になったり、恐怖政治で社員を縛…

経営方針めぐり対立した長女の久美子社長

「大塚家具」父・勝久氏が始動 17億円手に新会社で親子対決か


大塚家具創業者で前会長の大塚勝久氏(72)が、保有する同社株の一部を売却するため、証券会社と売買委託契約を結んでいたことが17日、分かった。 関東財務局に提出した大量保有報告書によると、保有する350万株のうち95万株を、8月11日~12月30日に市場で売却する。発行済み株式に対する保有割合は、約18%から約13%に低下する。現在の株価で換算すると、売却額は約17億円になる。 勝久氏は、妻との共…

“泣き落とし”は通用せず

久美子社長ピンチか 「大塚家具」裁判でパパが凄絶な反攻開始


父親の大塚勝久前会長(72)が大塚家の資産管理会社「ききょう企画」に対して、社債償還を求めている訴訟だ。骨肉の争いを続ける父娘が、法廷の場で再び直接対決した。 これまで純白スーツで新生・大塚家具をアピールしてきた大塚久美子社長(47)は、濃紺のスーツで登場。一方の勝久氏が公の場に登場するのは、3月27日の株主総会以来だ。 勝久氏は08年に大塚家具の株130万株をききょう企画に譲渡。その際、代金1…

久美子氏に握手を求める客

大塚家具「お詫びセール」の裏でひっそり退社した“パパ側近”


一方、骨肉の争いを繰り広げた父親の大塚勝久前会長(71)との関係について、久美子氏は「仲は悪くない」と強調しているが、両者の溝は全く埋まっていないようだ。 「勝久氏サイドについた幹部らは、株主総会後に人事部付となり“平社員”に降格。デスクも取り上げられてしまった。そのうち元幹部2人が辞表を提出し、現在は有給消化中のようです。長男の勝之氏も辞意を示唆しているようで、いずれ退社するでしょう」(大塚…

日産ゴーン社長(右上)は5年で総額48億円(左上はソニーのストリンガー元CEO)

ユーシン田邊会長が記録更新 「高額役員報酬」歴代トップ30人


そのなかには、エアバッグ問題で揺れるタカタの高田重一郎元会長(歴代29位)や、骨肉の争いを繰り広げた大塚家具の大塚勝久前会長(1億1000万円)、売り上げ低迷にあえぐ日本マクドナルドの原田泳幸元会長(3億7300万円)、ソニー平井一夫社長(3億5900万円)らも名を連ねる。 安倍政権の賃上げ要請を受けた官製春闘は真っただ中だが、サラリーマンの賃上げ額はせいぜい数千円程度。「今年の役員報酬はケタ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事