日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

紀平正幸特集

写真はイメージ

手を打たねば破産も 「下流老人」にならないための3大原則


定年退職後ではなく、50代など若いうちから、外食や飲酒を減らすなど少しずつ倹約生活に慣れることが大切です」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏) ダウンサイジングで最大のポイントは、生命保険だ。生命保険文化センターの調査では、1世帯当たりの平均保険料は年間41万6000円に上る。 「生命保険は子供が小さいときには必要ですが、手が離れたら保険料を払い続けるのはもったいない。見直したほうがいいで…

日銀の黒田総裁はいまや庶民の敵

マイナス金利時代の資産運用 「老後の備え」に何をすべきか


マイナス金利時代には有効な運用方法といえます」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏) 確定拠出年金とは、いわゆる401kだ。株式や債券などで運用する投資信託だけにリスクはあるものの、税制面ではかなり有利だ。企業型と個人型がある。勤務先に401kがなければ、個人型に申し込めばいい。 いま人気上昇中の金投資はどうなのか。 「金は危険です。マイナス金利が導入されたことで、為替の振れ幅が大きくなって…

安全資産の代表格/(C)日刊ゲンダイ

5カ月ぶり高値 資産防衛ならやっぱり「金」を買うべきか


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏はこう言う。 「債券は低利、株は頭打ち、円安進行は当面止まらない。消去法で安全資産とされる金が買われていますが、金には利息がつきません。それに、米国が利上げを実施すれば金は売られ、米ドルにマネーが流れ込むでしょう。金はマーケットが小さいのでドーンと上がりますが、下がるときも一気に落ち込む。リスクは決して小さくありません」 資産防衛を主軸に投資するのであれば…

最近は年会費無料カードも多いが…/(C)日刊ゲンダイ

クレカからパチンコまで…知っておきたいサービス系負担増


クレジットカードは1枚か2枚持っていれば十分でしょう」(ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏) 年会費3150円のカードなら、3240円にアップ。負担増は90円程度だが、使っていないカードに年会費を支払うのはもったいない。年会費永年無料は別として、眠っているクレジットカードを確認したほうがいい。 「スポーツクラブの会費も値上がりします。毎月支払うところが多いので、かなりの負担増になるかもしれま…

もうGPIFには任せられない

対象者拡大「個人型確定拠出年金」銘柄選びに3つのコツ


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。 「個人型DCの対象者は現状、『自営業者(掛け金上限81.6万円)』と『企業年金がない会社員(同27.6万円)』に限られていますが、来年1月1日から『企業年金がある会社員(同24万円)』『会社員の妻(同27.6万円)』『公務員(同14.4万円)』も加入できるようになります。その掛け金は全額所得控除で、運用期間中は分配金などが非課税。60歳以降に引き…

写真はイメージ

健康か不健康かで老後の医療費はこんなに違う


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。 「夫と専業主婦世帯の厚生年金の受給額は平均22万円ですが、総務省の家計調査によると60代の消費支出は約29万円、70代は約24万円で、高齢者は貯蓄を切り崩しながら生活しているのが現実。医療費が自己負担限度額に達するということは、毎月の年金の半分近くが病院代に消える計算です。医療保険に加入する人がいますが、そんなことより病気の予防に努めた方がいい」 …

10月からスタート

妻の社会保険加入「年収106万円」で負担増どれだけ?


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。 「この制度の狙いは、厚生年金の保険料負担のない3号被保険者を減らして、負担のある2号に移行させ、将来的な年金財政を安定させるのが大きい。その理屈はもっともですが、当座、妻の年収が106万~130万円の家庭は世帯収入が目減りしかねません。妻がパートや派遣で働いている家庭は少なくないので、早いうちに家計のやりくりを話し合っておくことです。これからは“…

写真はイメージ

相続税なくても要注意…遺産分割トラブルの意外なデータ


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。 「相続税が課税されないような遺産でも、その分割によってトラブルになるケースは少なくありません。最悪の場合、交渉が決裂して、家庭裁判所で調停や審判を受けることになるのです」 2014年に家裁に持ち込まれた遺産分割は1万5261件。この10年で26%増え、20年前より5割以上の増加だ。火種の遺産金額は、3割が1000万円以下で、5000万円以下まで広げ…

“プラチナ買い”の時期

買うなら金よりプラチナ 底値脱し円高の今がチャンス


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏も、「購入するなら今がチャンス」と指摘する。 「金と同じく実物資産ですから、いざとなれば換金もできますし、装飾品として使うことも。子どもへの積み立て、老後の蓄えの一環として持っておいてもいいでしょう。プラチナを持つことはリスク分散になる。金融資産の10~15%までは保有してもいいでしょう」 プラチナはドル建てで取引されるため、円高もプラスだ。金への投資を考…

事実上の“大家”(日銀本店)

実物不動産よりもリート 日銀大量保有の12銘柄を狙え


ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。 「利回りが高いと、その分、運用資金が目減りするので、利回りの高さだけに着目するのはよくありません。日銀が狙うような利回り3%台の銘柄のうち、比較的割安で価格上昇が期待できる銘柄がいいでしょう。割安かどうかの判断材料は、NAV倍率でチェックできます」 NAV倍率は、1口の価格を、1口当たりの純資産額で割った数値。それが1より小さければ、1口当たりの純…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事