日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

茂木健一郎特集

None

「記憶の森を育てる」茂木健一郎著


(集英社 1700円+税)…

「バカ田大学 講義録なのだ!」泉麻人他著


茂木健一郎に言わせると、現在の人工知能はすごく集中力がある超オタクのようなものだ。天才はすごく集中力があるが、それだけでは天才になれない。 天才というのは科学的にまったく解明されていないので、長嶋茂雄の天才と赤塚不二夫の天才とアインシュタインの天才はどういう関係にあるのかわからない。 だが、今の人工知能の超オタク路線だけでは天才はつくれない。頭のよさには環境も影響を与える。マンガ家がトキワ荘に集…

イベントに出演したビートきよし(左)と小林幸子

日清CM騒動 小林幸子イベント“囲み取材中止”の過敏反応


ラサール石井はツイッターで「こんなことも笑いにできない国になったんだね」とつぶやき、茂木健一郎氏はブログで「この程度の演出で、批判が来て中止になるのか」とつづった。 近い将来、テレビから時代を映すユニークなCMは淘汰されるかもしれない。…

菊川怜は? 菊池桃子は? 石田純一は?(左は今井絵理子)

今井絵理子の次は? 噂の芸能人に出馬の意思を聞いてみた


野党候補として期待されているのが石田純一(62)と脳科学者の茂木健一郎氏(53)だ。どちらも安保法制反対デモに参加したため、出馬するのではないかとみられている。 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。 「一番有望なのが乙武さんです。もともとは『日本を元気にする会』と関係が深かったが、そこに自民党が手を突っ込んで奪った格好。出馬の可能性はかなり高い。原さんは14年に安倍首相と食事をしたから。石田…

尾木直樹氏と茂木健一郎氏らも批判

「猿に失礼…」“シャーロット問題”著名人から飛んだ厳しい声


一方、脳科学者の茂木健一郎氏(52)は自身のツイッターで、とキッパリ。「シャーロット」という名前について、<もともと一般的に使われている名前である>と前置きをした上で、と、子ザルの命名に対して過敏に反応する動きに疑問を投げかけた。 そんな茂木氏のフェイスブックには、落語家の立川談慶 (49)から、というコメントが寄せられたという。 フォロワーから意見を求められた作家・志茂田景樹氏(75)は、と…

「人権侵害」で抗議/(C)日刊ゲンダイ

小保方さんパロディーで浮き彫り テレビ界の“センス枯渇”


■フジは“王シュレット”の前科アリ この騒動に関しては、田村淳(40)がツイッターで「流石ロンハースタッフ!」と喜び、脳科学者の茂木健一郎(51)が「不謹慎と秀逸な笑いは、常に紙一重です」とつぶやくなど反応が分かれているが、「パロディーの是非よりも、作り手側の無能さが問題」と憤慨するのは落語の立川流顧問で作家の吉川潮氏だ。 「才能のない放送作家やディレクターが作っているから、格好や発言をただ真…

細川護煕を応援する有志記者会見/(C)日刊ゲンダイ

大集結した「細川支援」文化人 すさまじい熱気と切実な声


ついには吉永小百合、菅原文太も支援に名乗りを上げて、賛同者リストには作家の瀬戸内寂聴、澤地久枝、作曲家の三枝成彰、作詞家のなかにし礼、脳科学者の茂木健一郎、アートディレクターの佐藤可士和、日本文学者のドナルド・キーン、女優の川島なお美、漫画家のさかもと未明、ジャーナリストの下村満子、画家の千住博など錚々(そうそう)たる顔ぶれが並ぶ。彼らが語る細川支援の理由を集めてみた。 ■共通項は「こんな日本で…

細川氏を支援する瀬戸内寂聴、茂木健一郎、湯川れい子各氏/(C)日刊ゲンダイ

都知事選 脱原発で一致団結「細川勝手連」の錚々たる面々


瀬戸内寂聴氏をはじめ、錚々たるメンバーだが、この他にも、脳科学者の茂木健一郎氏が細川支持を明言。日本ユニセフ会長の赤松良子氏、作家の澤地久枝氏、ジャーナリストの下村満子氏、野中ともよ氏も支持するという。 細川と親しい女優の吉永小百合氏や歌手の加藤登紀子氏も支持に回る可能性が濃厚だ。 20年以上脱原発運動をし、危機を訴えてきている音楽評論家の湯川れい子氏は、細川支持の理由をこう話す。 「舛添さん…

大人気!/(C)日刊ゲンダイ

山田孝之の不思議系ツイッターに“中毒リピーター”増殖中


吉高由里子(25)に始まり、きゃりーぱみゅぱみゅ(20)、戦場カメラマンの渡部陽一(41)、脳科学者の茂木健一郎(51)とこちらも不思議な顔ぶれである。 山田は、死刑囚2人の刑執行を巡る茂木の発言に反応。<茂木さんツイートでボーっとしてたら30分以上前にソイラテを飲もうと豆乳を電子レンジに入れたことを忘れてた ぬるいし湯葉できてるし…>とつぶやいていた。 ちなみに、アカウントのプロフィルからして…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事