日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

いしだあゆみ特集

いしだあゆみ

男に尽くすのも愛だった いしだあゆみが歌った“70年代の女心”


歌手として一時代を築いた、いしだあゆみの34枚目のシングル。時代を感じさせるレコードジャケットには、400円の値段が付いている。 「♪キザな女と 呼ばれても 愛した人のためならば……命かけても おしくない……」 「キザ」は漢字で「気障」と書くが、気障りを略した言葉。相手の言葉を不快に感じることや、気に障ることを意味する。服装や言動が気取っていてイヤミに感じる場合にも使われる。主人公の女性は愛する…

/(C)AP

見どころは「ドス」を「銃」に持ちかえたガンアクション


妻(いしだあゆみ)や子どもと別れ、射撃と警察官の任務に励む。だが、いつしか仕事に疑問を抱くようになり、警察官を辞めようとするのだが……。 ストーリーの展開よりも、高倉健が銃を使ったアクションに挑む様子がいちばんの見どころだ。また、共演した女優がいずれも好演で、それぞれ見せ場がある。 いしだあゆみは駅で夫との別れを演ずる。列車が出ていく時、高倉健に向かって敬礼し、微笑しているのだが、涙が頬を伝う。…

None

小川知子 恋人のカーレーサー福沢幸雄の激突死で涙の生放送


親友のいしだあゆみと新宿でピーター・ポール&マリーのコンサートを見た後、六本木のイタリアンレストラン「キャンティ」に寄った。客はほかにだれもおらず、そこにひょっこり入ってきたのが福沢だった。店の経営者から紹介されたが、第一印象は良くなかった。どこかキザな感じがしたからだ。 次の日、小川に福沢から電話がかかってきた。再び会い話してみると、とても真面目な性格だとわかった。間もなく2人は恋に落ちた。 …

深作欣二監督

深作欣二監督 がんと闘いながら女にも溺れて…


多岐川裕美、藤真利子、いしだあゆみ、原田美枝子、高岡早紀など。特に松坂慶子と荻野目慶子は、それぞれ10年近く愛人関係にあった。 松坂との出会いは81年「青春の門」。翌年から松坂を一貫して起用する。「蒲田行進曲」「道頓堀川」「人生劇場」「上海バンスキング」「火宅の人」「華の乱」。仕事上だけでなく、私生活でも2人は、ほとんど同棲生活といっても過言ではない。京都の撮影中は旅館「U」で暮らし、東京では新…

森繁久弥がマッチ棒でメッセージをしたためた

デビューほやほやの榊原郁恵に森繁久弥が授けた“金言”


森繁久弥さん、竹脇無我さん、加藤治子さん、いしだあゆみさん、松山英太郎さん……。そうそうたるメンバーでしたね。 で、テレビ朝日の稽古場で何日目かの稽古が終わった後に、森繁久弥さんにサインをいただいたんです。芸能界の大御所で、私にとっては雲の上の存在のような方にサインをお願いするなんて、失礼に当たるんじゃないかと思いましたけど、番組のスタッフの方が『勇気を出して、お願い致しますって言えばいいのよ』…

(C)AP

大量のレトルトカレー&ご飯を持ち込み撮影に臨んだ


そこへ、高倉健が以前、結婚していた女性(いしだあゆみ)が現在の夫とともにラリーに参戦する。そうした、さまざまな事情を抱えた出場者たちが砂漠地帯でレースに挑む。 パリダカのレースシーンは本物だけあって迫力がある。DVDで見るよりも、大スクリーン、大音響で楽しむ映画だろう。 この映画はヨーロッパ、アフリカと4カ月の長期ロケが続いた。何よりも大切なのは体調の管理である。主演の高倉健がお腹をこわして休ん…

/(C)AP

迫真の演技だったビートたけしの“シャブ中”


その他にも大滝秀治、田中邦衛、小林稔侍、いしだあゆみと高倉健映画の常連陣が脇に回る。ぜいたくなキャスティングの娯楽映画だ。いい映画なのだけれど、高倉健が背中に夜叉の入れ墨を背負っているために、テレビでは恐らく放映されないだろう。 見どころはふたつある。ひとつはビートたけしにそそのかされて、覚醒剤の売買に手を染めた小林稔侍を殴るシーン。高倉健本人はこう語った。 「『夜叉』って映画の中で、僕が元の…

つちやかおり(本人ブログから)と事故現場/(C)日刊ゲンダイ

つちやかおり人身事故で問われる夫・布川敏和の“覚悟”


いしだあゆみと萩原健一の離婚も、飲酒した夫の人身事故が一因だった。 ■噂の彼氏は逃げ腰 それでは、つちやと布川、“つちやの彼氏”との関係はどうなるか。一部女性誌によると、つちやとの手つなぎデートが報じられた割烹料理店の店主には、恋愛感情がないという。むしろ、つちやの気持ちにも困惑しているのだとか。 これが本当なら、落ち込む妻を夫や子どもが励まし、ヨリが戻る可能性もありそうだが、芸能評論家の肥留間…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事