日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

星野仙一特集

ひょっとすると数年後は…

星野仙一氏「楽天取締役副会長」就任で狙う“次なる椅子”

楽天が8日、前監督の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が球団のシニアアドバイザーから取締役副会長に就任したと正式発表した。7日に臨時の株主総会を行い、承認された。 楽天の立花陽三球団社長(44)は、「最高責任者です。GMではなく、それ以上。経営にも参加していただく」と語ったが、星野氏の当面の仕事は、辞意を固めている大久保監督(48)の後任探しになりそう。とは…

藤浪も今一つ伸び悩む

星野仙一氏や元球団社長も嘆く「阪神スカウト」の“無能”ぶり

阪神の指揮を執る前年まで中日にいた星野仙一元監督は「阪神は(中日なら)3位か4位で取る選手を1位指名する」と話していたという。 阪神はそもそも、選手の仕入れ部門に問題があるようなのだ。01~04年、阪神の球団社長を務めた野崎勝義氏はこう言った。 「私がかつて12人いたスカウトを4人に減らしたのは、優秀なスカウトを招くと同時に、個々に責任をもってもらおうと思ったからで…

休養から復帰した時の星野前楽天監督/(C)日刊ゲンダイ

元楽天コーチ2人をソフトBに押し込む星野仙一氏の“手腕”

その2人の就職先を決めたのは、今季限りで辞任した楽天前監督の星野仙一氏(67)だったからだ。 星野監督が病気で休養中に開催された今年の球宴は、佐藤コーチがパの監督代行を務めることが決まっていた。ところが楽天は急きょ、大久保二軍監督(47)の新代行就任を発表し、球団内の内紛が露呈。 そんなドタバタ劇や大久保新監督が二軍で同じ釜の飯を食った若いコーチ陣を大量に一軍へ上げ…

言われるうちが花/(C)日刊ゲンダイ

星野仙一氏の甲子園「アポなし訪問」にこれだけの“憶測”

日本シリーズ第2戦の試合前、楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏(67)が球場に現れたのだ。 「俺が来ても何てことないやろ。ちょうど関西にいたから、王会長に挨拶に来ただけ。何もないわ」 こう笑い飛ばした闘将だったが、阪神の関係者、OB、旧知の報道関係者は慌てて挨拶に駆けつけた。 ソフトバンクの王会長に挨拶した後は、阪神の坂井信也オーナーとも談笑したとあって、「ソフト…

球団経営にもタッチするというが…

権藤博氏が星野氏に提言 「楽天再建には監督復帰するべき」

コラム【権藤博の流儀】 楽天の星野仙一シニアアドバイザー(68)が球団の取締役副会長に就任した。立花球団社長によれば、その役割はメジャーで流行中の、「プレジデント・オブ・ベースボール・オペレーション」だそうである。長ったらしいだけでピンとはこないが、要するに「編成統括責任者」。監督人事を含め、チームづくりの全ての権限を与えられるというから、実質的に「GM」を兼ねるこ…

座右の名は「泰然自若」/(C)日刊ゲンダイ

解任寸前から日本一目指す 阪神和田監督に備わる「3つの運」

星野仙一監督が就任し、球団の後押しもあって何とか入閣できた。星野仙一監督時代は一軍打撃コーチを務めるも、ソリが合わない岡田彰布監督が04年に就任すると、二軍に降格。一軍に再昇格しても打撃、内野守備走塁とたらい回しにされた。しかし、波風を立てない性格、人間性は結果としてプラスに作用した」 昨年7月にタレントとの不倫で週刊誌を賑わせながら、発売の翌日から6連勝。スキャン…

次期監督候補の面々/(C)日刊ゲンダイ

星野、桑田、松中の名前まで…混迷極まるソフトB次期監督

孫オーナーは最終的に王会長の意見を尊重するはずです」 工藤、古田の両氏に断られた場合、なんと楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏(67)の名前まで取りざたされているからグチャグチャだ。事情通氏がこう言う。 「監督退任後は楽天フロント入りが有力視されているものの、今季限りで楽天を退団するという説もある。この日、楽天は大久保二軍監督の来季一軍監督就任を発表したが、三木谷…

ネタ枯れとはいえ…

スポーツ難癖口上

川藤幸三の一升酒記事など読みたかねえぞ

もみじまんじゅう屋の立場はどうなる? 中日OB星野仙一が若手を集めて「手羽先を月に1トン食うのがドラゴンズ魂じゃ!」と吠えたら、味噌煮込みうどん屋の立場はどうなる? ヤクルトOB若松勉が若手集めて「サプリなんかやめてヤクルト飲め!」と説教コイたら、タフマンの立場はどうなる? 巨人OBの金田正一が「400勝したければ死ぬ気で投げ込め!」と吠えたら、若手は心の中で小さく…

楽天を選んだ池山氏(左)

ヤクルト監督を蹴り 池山隆寛氏「楽天コーチ」就任の計算

池山は前回の楽天コーチの時、中日、阪神で監督をやった星野仙一氏に会いに行き、「監督時代の背番号だった『77』を僕につけさせてください」と頭を下げて了承してもらったことがある。 「楽天は昨オフ、右の長距離打者を指導できるコーチを探していた。星野球団副会長は池山に声をかけて、7年ぶりに楽天に復帰となったが、背番号の一件で星野さんの気持ちをつかんだという人もいる。今のヤク…

金本監督と星野元監督

「超変革」金本監督の足を引っ張ろうとOB連中“虎視眈々”

■気遣いを忘れなかった星野仙一氏 監督を決めるのに、OB会にお伺いを立てるなど、一昔前の巨人を除けば他球団では聞いたことがない。にもかかわらずこんな珍事件が起きるのは、阪神という球団がフツーではないからである。 例えば、阪神は昨秋、球団社長が南信男氏から四藤慶一郎氏に代わったが、南社長時代は先の総会にも出席していた有力OBに、監督人事を相談していた「前歴」がある。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事