日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊藤祐一郎特集

元テレビ朝日コメンテーターとしておなじみの三反園訓氏

鹿児島に「脱原発」知事誕生 浮かれる安倍政権に“冷や水”


10日、投開票された鹿児島県知事選で、民進や社民の支援を受けた新人の元テレビ朝日コメンテーター、三反園訓氏(58)が、4選を目指した現職の伊藤祐一郎知事(68)=自民、公明推薦=を破り、初当選した。 知事選は「自公」対「野党連合」の参院選と同様の構図。注目の争点は、伊藤知事が2014年11月に再稼働に同意し、全国で唯一稼働している九州電力川内原発の是非だった。 「鹿児島では熊本地震以降、県民か…

現職の伊藤候補(上)と三反園候補

川内原発も争点に 鹿児島知事選は自公支援の現職が大苦戦


選挙は、4選をめざす現職の伊藤祐一郎氏(68)と民進や社民の支援を受ける新人で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)の一騎打ち。 鹿児島といえば、九州電力の川内原発がある。この稼働の是非が争点のひとつになっていて、再稼働にGOサインを出した現職が安全性を強調する一方、新人は熊本地震の影響を点検するため一時停止を主張している。選挙結果が原発政策に影響するのは間違いない。 だからなのか、自…

日本一危険といわれる川内原発/(C)日刊ゲンダイ

「川内原発」再稼働を急ぐ鹿児島県知事と九電の“蜜月関係”


鹿児島県の伊藤祐一郎知事が7日、九州電力「川内原発」の再稼働に同意する考えを明らかにした。福島原発事故後に作られた新規制基準の適合性審査を受けている全国13原発のうち、立地県の知事の同意は初めてだ。 再稼働に反対する約400人の県民が庁舎や議会棟に押しかける“厳戒ムード”の中で行われた会見で、伊藤知事は「状況を総合的に勘案し、再稼働はやむを得ない」と強調。“苦渋の決断”のようなそぶりだった。 た…

撮影OKはこの程度(上は緊急時対策所)/(C)日刊ゲンダイ

迫る川内原発再稼働 九電が開催した“NG連発視察会”の意図


7日の本会議で再稼働推進を求める陳情が採択され、伊藤祐一郎知事も同意。地元の手続きはこれで完了し、再稼働へまっしぐらだ。 そんな折、九電は5日、日本雑誌協会加盟社を対象に川内原発の視察会を開催。日刊ゲンダイ本紙記者も参加し、免震重要棟の予定地、津波や竜巻対策を施したエリアなど10カ所の施設を見て回ったが、「これはダメ、あれはダメ」と取材制限だらけのピリピリムードだった。 視察会は午後1時半にスタ…

16日も反対派が大規模デモ/(C)日刊ゲンダイ

川内原発再稼働「NO!」 周辺自治体で反対の動きが急加速


あるいは伊藤祐一郎鹿児島県知事の失言が引き金になるかもしれません。知事は病人や老人など要援護者の避難計画について<10キロ圏内で十分><空想的なものは作れるがなかなかワークしない>と言い放ち、県議会で糾弾されました」 原発ゼロで十分やっていけるのに、コストもリスクも高い原発を再稼働させる意味はない。推進派のもくろみはこっぱみじんに粉砕しなければならない。…

徳田氏と強い結び付きの森田健作千葉県知事/(C)日刊ゲンダイ

猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち


伊藤祐一郎知事が傲慢な県政運営がたたって市民にリコールを起こされているが、1期目の知事選で伊藤を全面支援したのが徳洲会だ。当時のグループ機関紙「徳洲新聞」には〈選挙中は徳田秀子、徳田毅の両徳洲会理事をはじめ、自由連合鹿児島、奄美の両本部が総力を挙げて応援に走り回った〉と書かれている。 「特捜部が押収した虎雄氏のPCには伊藤知事への資金提供をうかがわせる情報が残っていたようです」(検察事情通) 徳…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事