日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

相沢幸特集

ブリュッセルの空港で爆発に遭い避難する人々

「世界テロ不況」識者が警鐘 トランプ過激発言も引き金に


埼玉学園大の相沢幸悦教授(経済学)は「きっかけになるのは、やはり米国でのテロでしょう」と、こう続ける。 「いま米国は、大統領選指名候補のトランプ氏による移民排斥などの過激発言をめぐり、各地で小競り合いが起きています。イスラム国などがこれ幸いとばかりに、背後から“マイノリティー”をけしかけ、暴動に発展する恐れは十分考えられる。ただでさえ米国は、中国の南沙諸島問題などの地政学的リスクも抱えているの…

また下げた

含み損10兆円突破か GPIF「年金消失40兆円」の現実味


埼玉学園大教授の相沢幸悦氏(金融政策)はこう言う。 「約7.9兆円のマイナスを出した昨年7~9月期よりも損失は大きくなっていると試算しています。昨年末の大納会からの下げ幅が2000円に広がった時点で含み損は10兆円に達した可能性が高い。円高は3月期決算の企業にとっては痛手ですし、この先、株価の上昇要因は見当たりません。下値不安が取り除かれなければ、3月に向けて1万4000円割れも現実味を帯びて…

奇策をひねり出した下村大臣だが…

新国立「命名権&寄付で200億円捻出」下村大臣案を識者が批判


埼玉学園大教授の相沢幸悦氏(経済学)が言う。 「金額に見合った広告効果がないことがハッキリして、自治体の施設の命名権にほとんど買い手がつかないのが現状です。200億円もの大金を集めるのは不可能だと断言します。それでも下村大臣がネーミングライツを持ち出してきたのは、“税金のムダ”批判をかわすのが狙いでしょう。“安倍政権は財源を捻出しようと努力している”というパフォーマンスです」 スポーツ評論家の…

異次元緩和に出口なし

黒田総裁ついに白旗…国債「リスク資産化」で高まる暴落危機


オフレコ発言は、異次元緩和の白旗宣言と捉えるべきです」(埼玉学園大教授の相沢幸悦氏=経済学) 日本の財政崩壊は刻々と近づいている。…

中小企業がバタバタ倒産/(C)日刊ゲンダイ

追加緩和で倒産ラッシュ 炸裂する時限爆弾「長期為替予約」


「今の円安水準が続いたら、来年以降、中小企業がバタバタ“円安倒産”する可能性が高いでしょう」(埼玉学園大教授・相沢幸悦氏=経済学) 東京商工リサーチによると、今年1~9月の円安関連倒産は214件。前年同期比で2・4倍に急増した。業種別では運輸業と製造業を合わせて半数以上と、急激な円安による燃料、原材料高のあおりをモロに受けている。 ■80円台から一気に110円台へ 経済ジャーナリストの岩波拓哉…

こんな光景もよく見られるが(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

中国人客が8割増…安倍政権の「観光立国政策」は完全失敗


埼玉学園大教授の相沢幸悦氏(経済学)がこう言う。 「外国人の訪日客数が増えているのは一気に円安が進んだからです。安倍首相のお手柄ではありません。それに中国人観光客がいくら都心で買い物をしても、地方の観光地が潤うわけではありません。彼らは消費税も払わなくていいから、税収が増えるわけでもありません。日本がフランスのような観光大国になるのは最初から無理がありました。『女性の活躍推進』も2人の女性閣僚…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事