日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

谷原章介特集

エスコート役にピッタリ

「名探偵キャサリン」シャーロットを救った谷原章介の存在感

そんなドラマを締めたのが谷原章介の存在だ。 副大統領の娘キャサリン(シャーロット)に付き添うエスコート役をイヤイヤ引き受けた後、互いに反発し合っていた2人がやがて打ち解け、息が合って犯人を追うという類型な展開にもかかわらず、うまーくシャーロットを引き立て、芝居を引っ張っていた。 谷原は地デジ対応の奇麗な顔に、外国人相手にも見栄えがする長身がいい。主役には物足りない…

好感度抜群でしかも子だくさん

大刷新「王様のブランチ」 谷原章介だけが続投の“深~い理由”

少し前にはレギュラー出演していたモデルの森星(23)が突然卒業するなど、ここのところ出演者のテコ入れが目立つ“ブランチ”だが、男性MCの谷原章介(43)は「残留が内定している」(TBS関係者)という。 ■制作サイドからは絶大な信頼 谷原は本仮屋の起用より早い07年1月から2代目男性MCを担当し、通算9年目の続投が決定的なわけだが、一体、その理由はなぜか。 「谷原は…

大きな海老天はサクサク 温かいつけ汁と好相性

横浜グルメに詳しい谷原章介も太鼓判 名物つけ天が人気の老舗「角平」

子だくさんで爽やかなイメージが受けて、バラエティーでも大活躍の谷原章介(42)。横浜育ちで地元グルメにも詳しい谷原がグルメ番組で紹介していたのが老舗のそば屋「角平」だ。 場所は横浜駅東口から5分ほど歩いた大通り沿い。“平沼(地名)の角地にある”というのが店名の由来で、昭和25年の創業以来、地元客を中心に世代を超えて親しまれてきた。 温かいつけ汁に大きな海老天がど~ん…

4月に第6子が誕生予定/(C)日刊ゲンダイ

谷原章介だけじゃない 「子だくさん」司会者が茶の間に大人気

谷原章介が「アタック25」(テレビ朝日系)の新司会者に決定した。故・児玉清さんがライフワークとしていた今年で40年を迎える長寿番組である。 谷原には知的で爽やかなイメージと安定感がある。ここでいう安定感とは私生活に裏付けされるものを指す。番組が始まる4月に谷原は6人目となる子供が誕生予定という。妻はバツイチの元タレントで、いしだ壱成との間に連れ子がいた。「でき婚」だ…

「アタックチャーンス!」/(C)日刊ゲンダイ

「アタック25」新司会の谷原章介に「爽やか」「似合う」と待望論

俳優の谷原章介(42)が12日、テレビ朝日の長寿クイズ番組「パネルクイズ アタック25」の新司会を務めることが明らかになった。同番組で名司会者として知られた故・児玉清らの後を継ぐ3代目を務めるにあたって、ファンから好意的な声が多数上がっている。 「アタック25」は1975年に番組をスタートさせて以来、名司会者として名を馳せた児玉らが人気を集め、4月5日に40周年を迎…

/(C)日刊ゲンダイ

民放連ドラ初主演に「第6子」 子煩悩パパ谷原章介の"男気"

俳優の谷原章介(42)が7日、妻の第6子妊娠を発表した。07年に、俳優のいしだ壱成との間に誕生した長男を連れた元タレントの三宅えみ(37)と“できちゃった婚”。7年半の結婚生活で4人の子供をもうけた5児のパパで、近所でも評判の子煩悩。そのイクメンぶりは多数目撃されている。満面の笑みで会見に臨み、両手の指を3本ずつ立てて第6子妊娠を表現した。 谷原は12日から始まるド…

写真はイメージ

世代別 幸福を呼ぶマネープラン2017

【子育て世代】「学資保険」トップは返戻率120%超

子だくさん俳優の谷原章介(44)は13歳を頭に6人の子がいるので、それだけで6000万円が飛ぶ計算になる。もちろん、子たちはかすみを食べて成長しないので、その間の飲食や被服、娯楽費もかかる。 「子の教育費が最もかかるのは、大学進学時。将来への備えとして、学資保険は必須になります」 こう話すのは、ファイナンシャルプランナーの稲毛由佳氏だ。 ひと頃の学資保険は返戻率が1…

今年の紅白は「見たくない」と恨み節

あれもこれも言わせて

和田アキ子「紅白落選」は終わるものは終わる閉経と一緒

司会が谷原章介じゃないという違いだけ。 考えようによっては落選のおかげで、日テレの「ダウンタウンのガキの使い~笑ってはいけない~」にだって、フジの格闘技「RIZIN」にだって出ようと思えば出られるのだから。「紅白落選」など閉経と一緒。嫌だ嫌だとあがいたところで終わるものは終わるし、終わったところで、命がなくなるわけでなし。むしろその後をどう生きるかって話だ。 そもそ…

「雲龍剣」から

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

こうきますか! 有終の美を飾る見どころと仕掛け

鬼平は密偵のおまさ(梶芽衣子)、伊三次(三浦浩一)とともに盗賊・江口の音吉(谷原章介)を追う。音吉は遠州の大盗賊の手下。鬼平らは音吉が旅籠「丹波屋」を狙っていることを突き止める。 音吉は丹波屋の女将、お吉(若村麻由美)とあいびきをしていた。お吉はとんでもない悪女!? と思われそうだが、その裏には悲しい事情が。日本舞踊の名取で和服の色っぽい着こなしナンバーワン(勝手に…

ジャニーズ事務所

大型歌番組のジャニーズメドレー 絶対やる取り決めでもあるのか

高齢者のお楽しみだった演歌中心の「歌謡コンサート」をやめ、谷原章介をMCにスタートしたが、何がやりたいのかさっぱりわからない。統一感がゼロで、ごった煮もいいところだ。 谷原のはしゃぎっぷりが悪目立ち。「歌謡コンサート」の落ち着きぶりが今となっては懐かしい。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事