日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

風間杜夫特集

石丸謙二郎さん

「鉈の先に剃刀」 石丸謙二郎が語るつかこうへいの凄み


この作品には僕の他に平田満、風間杜夫、長谷川康夫らが出演していた。こちらが僕の役者としての初舞台といってもいいくらい、セリフも出番もありました。 でも、さっき言ったように稽古がつらい。目が覚めると「また稽古か……」って気分が沈むくらい。それなのに、さんざん罵倒されたあげく「来なくていい!」でしょ。正直言って、精神的には最悪でした。 でも、いざ幕が上がると、あまりにも面白くてお客さんが熱狂しました…

左から藤原紀香と東出昌大

入院中の竹内まりやに「湯屋番」を披露した山下達郎


俳優の風間杜夫は舞台で落語家を演じたことですっかりはまり、今も落語会に出演したり、地方のイベンターから興行のお呼びがかかったりしている。前出の小宮孝泰も定期的に独演会を開催し、観客を集めている。 素人芸を自覚した上での高座だろうが、出し物は玄人はだしだ。…

左から大竹まこと、きたろう、斉木しげる

斉木しげるが語る「シティボーイズ」2人との“阿吽の呼吸”


僕らはその後、同じ養成所仲間の風間杜夫や岡本麗らと、劇団「表現劇場」を結成して、アングラとは一線を引いた小劇場演劇を始めたのですが、それだけでは食えません。やむなく、生活のために喫茶店の雇われ店長をしてました。 そんなとき、大竹さんが店に来て「きたろうと一緒にコントやろう」って誘ってくれたんです。これがコントユニット「シティボーイズ」結成のきっかけ。僕は30歳になってました。 その2年後に日本…

「加藤健一事務所」は今年35周年

俳優・加藤健一さんは“静かな酒”が好き 「芝居の話は抜きで」


つかさんも結構飲むので、たびたび酒の席にご一緒したものですが、風間杜夫さんや平田満さんと飲みに行くことはほとんどなかったですね。つかさんの芝居作りは台本がなくて、その場でセリフを作っていく「口だて」という独自の稽古スタイルなので、セリフを覚えるのが先決。飲みに行ってる暇がなかったんじゃないかな。風間さんなんか「酒を断つくらいなら芝居をやめる」というお酒好きだから、飲んでいたかもしれないけど。 …

ビートたけしと世界のナベアツ(右上)&山崎邦正(右下)

たけしはともかく…芸能界の落語熱に評論家「金は取れない」


むしろ、私が認めるのは、風間杜夫、ミッキー・カーチス、高田文夫の3人。それぞれ場数も踏んでいて“玄人はだし”です。せっかくたけしさんがやるんだったら、この3人に次ぐぐらいの力を見せて欲しい」 たけしあらため梅春の高座デビューは客席の反応も上々だったという。テレビの収録とは違うライブ感覚はクセになる可能性も。ドラマ「赤めだか」の談志役も楽しみである。…

「マッサン離れ」の声も/(C)日刊ゲンダイ

視聴率更新も…「マッサンはつまらない」と評論家2人が苦言


お子ちゃまな主人公の代わりに堤真一や泉ピン子、風間杜夫といった大人の役者が見どころとなるのも主人公の魅力の乏しさ、これに尽きるだろう。(談) ▽「月刊ドラマ」(映人社)、「月刊民放」(コーケン出版)でドラマ史関連のコラムを連載中。 ■ドラマ評論家・田幸和歌子氏「辛気くさいヒューマンドラマ」 朝ドラ史上初の外国人ヒロイン。鼻歌を歌ったり、表情がクルクル変わったり、日本人にはないリアクションでもり立…

当時(左)は女の子に追いかけ回された(C)日刊ゲンダイ

元“グレチキ”の北原雅樹は引退後に復帰 「マッサン」に出演中


風間杜夫さん演じるニシン漁の網元の番頭役。予定では明日と22、23日に出演します。編集次第ではあと1、2回増えるかもしれません。NHKの朝の連ドラは98年の『天うらら』以来、17年ぶりでしょ。うれしいと同時に、5年前を考えたら、連ドラに出るなんて信じられない気持ちです」 兵庫県加古川市にある地域コミュニティーの山石ピクチャーズあさりスタジオで会った北原さん、こういって微笑した。 05年のグレート…

一児の母/(C)日刊ゲンダイ

「ふざけんな!」 同期を激怒させた中西モナの“言動”


老後は、そんなワイン造りを目指しますよ」 ※プロ雀士12人と風間杜夫、広沢克実など雀豪4人の4チーム16人による麻雀のオールスターゲーム「麻雀BATTLE ROYAL」が12月31日から4夜連続でCS専門局「モンドテレビ」で放送される(PM12~AM1:30)。司会を務める予定。…

引きの強さ/(C)日刊ゲンダイ

事務所社長も気を揉む平凡ルックス…それでも加瀬亮が売れるワケ


また09年放映の山田太一シナリオの「ありふれた奇跡」(フジテレビ)に仲間由紀恵の相手役として出演、期待に反して視聴率が伸びなかったが、岸部一徳と風間杜夫の女装姿が話題になるなど、「タダでは転ばない」作品に参加している。 多くの役の経験から、人間を多面的に捉えるようになった。“平凡ではない男”のゆえんなのだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事