日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒沢明特集

黒沢明監督の「デルス・ウザーラ」

デルス・ウザーラ(1975年 黒沢明監督)

黒沢明は1970年に自宅を抵当に入れて「どですかでん」を撮り、商業的に失敗。翌年、自殺未遂騒動を起こした。その4年後、ソ連に渡って撮ったのがこの「デルス・ウザーラ」だ。本作は登場人物を黒沢本人に置き換えて観賞すると面白い。 舞台は1902年のロシア。コサック兵を率いて地誌学調査中のアルセーニエフ隊長(ユーリー・ソローミン)は、山中でゴリド人の老人デルス・ウザーラ(マ…

「羅生門」

羅生門(1950年、黒沢明監督)

(森田健司)…

「悪い奴ほどよく眠る【東宝DVD名作セレクション】」

悪い奴ほどよく眠る(1960年 黒沢明監督)

もしかして甘利センセイもぐっすり? (森田健司)…

「わが青春に悔なし 【東宝DVD名作セレクション】」

わが青春に悔なし(1946年 黒沢明監督)

(森田健司)…

None

椿三十郎(1962年 黒沢明監督)

(森田健司)…

故・根津甚八さん

大高宏雄の「日本映画界」最前線

荒ぶる魂と優しさ 俳優「根津甚八」の尽きぬ魅力とは?

映画では「その後の仁義なき戦い」(79年)から黒沢明監督の「影武者」(80年)、そして柳町光男監督の「さらば愛しき大地」(82年)に至る時期、根津さんは時代の最先端を走っていたといえる。筆者の“青春時代”と相まって、彼はわがヒーローとなった。 とくに「さらば愛しき大地」は、日本映画の金字塔にして、彼の代表作といって差し支えない。茨城の農村を舞台に、覚醒剤に溺れて肉…

タナダユキさん

映画監督タナダユキさん 撮影時は5時起きで帰宅は夜11時

映画は父親に連れられて劇場で見た黒沢明監督の「影武者」がはじまり。しかし20歳を過ぎるまで映画監督になりたいと思ったことはなかった。演劇をやりたいと思ったが、映像のほうが面白いかもと感じて、やっと少しずつ映画を見るように。そして成瀬巳喜男や増村保造、相米慎二らに魅せられた。2001年にぴあフィルムフェスティバルのグランプリを受賞しデビュー。蒼井優主演の「百万円と苦虫…

None

「黄門さま」東野英治郎は年上妻を捨て25歳年下と

黒沢明監督の作品にも数々出演し、役者としての人生が軌道に乗った頃、家を出た。 33歳の時に英乃さんと結婚した。学生時代に間借りをしていた新宿区大久保の下宿屋の女将で、売れない頃に、金を工面してきた糟糠の妻だった。結婚2年後に息子の英心が誕生。 だが「俳優として生きるぼくの生き方と家庭的な所帯を望む彼女とは開きがあった」と、価値観の相違による別れを選んだが、毎月20万…

イラスト・齋藤礼実

弟・義経を死に追いやった源頼朝の“暗い嫉妬心”

この安宅を映画にしたのが黒沢明監督の「虎の尾を踏む男達」(1945年作、52年公開)。弁慶を大河内伝次郎、義経を岩井半四郎が演じる。狂言回しはエノケンこと榎本健一だ。 弁慶は疑いを晴らすために白紙の巻物をひろげて勧進帳をそらんじる。その姿を見つめるエノケンの表情はコミカルだが、緊迫感を高める。 見どころは弁慶らが一戦交えようとするも、関守の富樫左衛門(藤田進)が「…

主演ドラマが苦戦中

来年には中学生 芦田愛菜に迫る「役者か学業か」決断の時

黒沢明監督は子役を起用する際、「演技力は二の次。役に適した子供らしい子」を選んだというが、芦田は子供らしさに群を抜く演技力も兼ね備えていた。それが今では「演技が大人顔負けに上手すぎて子供らしくない」という声も出るほど。 「子役」は原則、小学生までとされる。来年、中学生。そして高校進学もするだろう。中高の6年間は子役でも大人の役でもない。役者の世界ではもっとも中途半…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事