日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉川美代子特集

吉川美代子さん

吉川美代子さん 「ご成婚特番」のため大学受験並みに勉強した


昨年5月に定年退職し、今はコメンテーターや講演会の講師として活躍中の吉川美代子さん(61)。長くTBSの報道番組のMCを務め、数々の事件、災害、祝典などの報道に携わった。その中で最も印象的な報道は皇太子のご成婚だった――。 1993年6月9日。この日放送した皇太子さまと雅子さまのご成婚をお祝いする特別番組は、私にとって生涯忘れられない中継になりました。 特番は宮内庁の使者が目黒区の雅子さまのご自…

“ザ・女子アナ”田中みな実/(C)日刊ゲンダイ

元TBSアナ吉川美代子氏 フジ番組で“古巣に苦言”の波紋


笑顔でこう断言したのは、今年5月にTBSを定年退職した吉川美代子氏(60)。発言の場は「“女子アナ”の本場」ともいえるフジテレビだったから物議を醸している。 28日放送の「新・週刊フジテレビ批評」に出演した吉川氏は、法大・稲増龍夫教授と「女子アナ」を巡って討論。間にMCで局アナの西山喜久恵(45)と渡辺和洋(38)を挟む構図で始まった。 女性アナウンサーが“女子アナ”と呼ばれることについて「80…

フリーアナウンサーの吉川美代子さん

吉川美代子アナ 多忙でも隙間見つけて“思いつき一人旅”に


翌日、日本映画批評家大賞の司会をするので台本チェック 25:00 入浴(1時間) 26:00 ストレッチ(10分間)など 27:00 就寝…

一刀両断!/(C)朝日新聞出版

TBSの大御所アナが今の“女子アナブーム”をメッタ斬り


女性アナウンサーの草分け的存在、吉川美代子氏(TBS)の新著が話題だ。「アナウンサーが教える 愛される話し方」(朝日新書)で、今月13日発売される。中身はアナウンサーの声の出し方、プレゼン、司会、スピーチのノウハウなのだが、その最終章が圧巻で、今の女子アナブームをケチョンケチョンにこきおろしているのである。 吉川氏は1977年にTBS入社後、37年間アナウンサー一筋で活躍してきた。来年5月に定年…

左から雨宮塔子、芳村真理、榊原郁恵

雨宮塔子から芳村真理まで…民放は熟女の“叩き売り”状態


同じOGなら、吉川美代子や小島慶子、あるいは久米宏の元で鍛えられた渡辺真理あたりが無難だとも思うが、技量よりも話題性を選んだのかもしれない。TBSはその昔、ニュースに小林麻耶を起用し、手痛い目に遭ったというのに、もう忘れてしまったのか。ニュースをなめてもらっちゃ困る。草葉の陰で筑紫哲也が激怒しているのではなかろうか。 それにしても、TBSったら、そこまでさかのぼらないといけないとは、よっぽど人…

フリーか引退か

フリー転身なら年収ダウン? フジ阿部知代アナの“商品価値”


いずれもCMや帯番組を持っていての数字で、さすがにピークは過ぎてトウがたっているのでここまで望むのは無理ですね」(女子アナウオッチャー) むしろ年代的にいえば、昨年TBSを定年退職した吉川美代子アナ(61)か、フジテレビの後輩・有賀さつき(49)あたりと比較するのが分かりやすいかも知れない。 「吉川アナはフリーになったばかりの頃、テレビで“年収は会社員時代の3分の1になった”と言ってました。ここ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事