日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中西健治特集

三原じゅん子(左)と真山勇一

【神奈川】三原じゅん子は当確 真山勇一は圏外から急上昇


自民党は、無所属の中西健治と、公明党の三浦信祐にも“推薦”を出している。中西はポスターに「自民党」と書き、三浦は安倍首相の写真を載せている。だからだろう、演説中、「自民党ただ一人の公認候補、三原じゅん子です」と公認候補であることを必死に訴えていた。 ■民進・真山には「ガンバレ!」の声援飛ぶ 公示後、急速に支持を伸ばしているのが、民進党の真山勇一だ。世論調査を行うたびに〈2.4ポイント〉〈5.4ポ…

麻生氏は中西健治氏を全力支援していた(左は菅官房長官)

菅長官と対立し“更迭”か 麻生財務相「辞める」発言の真相


その後、総理とは手打ちをしたと聞いていたのですが、今回の参院選で、また怒りがブリ返してしまったようなのです」(財務省関係者) 麻生派は神奈川選挙区で、自民推薦で立候補して当選後に党が追加公認した中西健治氏を全力で支援していた。 ところが、神奈川県選出の実力者である菅官房長官は公明党候補に肩入れし、自分の後援会組織もフル稼働。その甲斐あってか、改選4議席のうち、公明候補は2位で当選。中西氏は何とか…

三原じゅん子(左)は1人だけ大きくリード、真山勇一は厳しい戦いに

【神奈川】三原じゅん子は◎の当確


三原じゅん子が1人だけ20ポイントと大きくリードし、公明の三浦信祐、民進の金子洋一、共産の浅賀由香、無所属の中西健治の4人が10ポイントで並んでいます」(県政関係者) 三原は比例区からの転出だが、知名度バツグンのうえ、ほぼ毎日、広い選挙区のどこかで街頭に立ち、有権者に直接、顔を売っている。 「地元市議が後援会向けに主催するバスツアーにまで駆けつけています。朝早く、バスが出発する前、50人程度を相…

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏の獲得議席予想

参院選徹底予想 注目の「1人区」野党に勝機の“12選挙区”


■参院選当落予想 北海道(改選数3) ○長谷川岳 45 自現 △+柿木克弘 48 自新 ○徳永エリ 54 民現 △-鉢呂吉雄 68 民(新) 森英士 38 共新 青森(改選数1) △-山崎力 68 自現 △+田名部匡代 46 民(新) 岩手(改選数1) ▲田中真一 49 自新 吉田恭子 35 共新 △未定 無新 宮城(改選数1) △-熊谷大 41 自現 △+桜井充 59 民現 秋田(改選数1)…

早くも当確に大ブーイング

“鞍替え”三原じゅん子氏 早くも「当確」で党内からブーイング


神奈川選挙区は定数が1人増えて4人区になるが、自民党の小泉氏のほかに、元みんなの党で現無所属の中西健治氏、民主の金子洋一氏の現職3人、さらに公明も候補を擁立する予定だ。三原氏の“乱入”により、誰かが落選するということだ。 「最も危ないのが01年の“小泉旋風”でタナボタ当選を果たした小泉さんです。“小泉”を連呼して当選しましたが、あの小泉家とは縁もゆかりもありません。中西氏は維新が応援するという…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事